*

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

公開日: : 焙煎アーティスト

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がなかったので、そのまま家路につきました。

 

晩ご飯のあと、娘と遊び、一緒に寝ようと言うので布団へ。
娘が寝たら本を読もうと思っていましたが、うっかり一緒に撃沈してしまいました。

 

今、読んでいる本は「織田有楽斎」、一度読んだ本ですが手に取って読み始めたら止まらなくなりました。
戦国時代の時代小説が好きなんですね。

 

有楽斎は織田信長の弟で、織田長益ともいい、どちかというと茶人でした。

 

織田信長の気性とは全く正反対のようで、思い出しながら読んでいます。
ブログを上手に書くためには、沢山書くことも必要ですが、沢山の文を読む、ということも大事ですね。

 

時間のあるときは、好きな時代小説を読むようにしております。
さて今回は在来種のお話。

 

コーヒーの在来種とは、昔からあった品種のことです。
戦国時代でいうと、家系図があるわけで、コーヒーの品種にもこの家系みたいな種の系列があります。

 

今回はそこのところのお話です。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

コーヒーの在来種とは何か

 

簡単にお話していきますね。
まずコーヒーには三大種があり、アラビカ種・ロブスタ種・リベリカ種の3つがあります。

 

島珈琲が使うのは、そのほとんどがアラビカ種です。
アラビカ種の中でもいろんな種があり、今はほんとうに沢山あると思います。

 

全部把握できないくらい、かと。

 

なぜ増えているのかというと、交配させて、例えば生産性や耐病性を持たせたり、実が付くまで5年かかるのを1年2年で実が育つようにしたり、と様々な理由でアラビカ種の中でもいろんな種が増えた、という理由です。

 

そのなかでも、見かけることがある在来種の名前はブルボン種・ティピカ種です。

 

アラビカ種の中の在来種で純血の種、であるということですね、それがブルボンとティピカ。

 

では、なぜこの在来種が価値とされるのか、というとですね、耐病性に難があり、栽培するほうにすると難しいのですね、そしてコストがかかるためです。

 

美味しさはどうかというと、栽培される環境において味わいも変わるので、全てとは断言できませんが、コーヒーの本来の甘さや香りの強さなどは、ブルボンやティピカのものは今までの経験の中で、他のモノと比べ力強さを感じました。

 

世界的なコーヒーブームに乗って

 

更に在来種の価値は高くなったと思います。

ですので、価格も当然上がっており、手に入れることは簡単ではなくなったはずです。

 

日本だけではなく、世界的に見ても農家離れの話を聞くわけで、耐病性に劣る在来種を育てることは、農家さんもいろいろ大変なわけなのですね。

 

なのでどんどん希少性が高くなっている、ということなのです。

 

そのティピカだけでも価値があるのに、ハワイ島のコーヒー生豆が手に入るかもしれない、というのは真、価値があるのですね。

 

詳しくは前号のブログを見て下さいね。
https://blog1.shima-coffee.com/?p=18734

 

ということで、またちゃんと決まれば報告しますね。
どんな焙煎をすると良いかなぁ、と頭は焙煎のことでいっぱいです。笑

 

良い豆を焙煎できると思うとワクワクします。
お楽しみに。

 

それでは、このへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

アイスコーヒーを濃い味にしたい時の3つのポイント

プロローグ さて、関西は梅雨明けし本格的な夏、本格的なアイスコーヒーの季節を迎えました。 ボンジ

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

よい習慣は人生を豊かにする

お正月2日目です。 本日も10時開店 17時閉店 16時半オーダーストップで高槻店は営業しております

記事を読む

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそうではなく、なんかバタバタしてい

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

人は結局 迷いながら生きている

くどいですが今月の15日 1ヶ月ぶりに休日を とれるとあって 目の前にゴールが見えると 疲労感と

記事を読む

美味へのあくなき追求

先日、PayPayという、ヤフーとソフトバンクの合弁会社が運営する、スマホ決済、QRコード決済ができ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
開業相談 過去の失敗からお話できることをお伝えして

昨日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店での営業でした。 岡町本店は日

影で力を発揮しているヤツがいる

実は近畿の梅雨入りがまだなのです。 四国、中国、九州の北部、そして近畿

店頭でコーヒーミルを展示、販売してない理由

終わりました。 父の日ギフトの発送。   間違えないように、

工務店や蕎麦屋がコーヒーを販売?あずブレンド、そばっこブレンドめっちゃ売れてます!

    しかしすごいです、お二人とも。

コーヒー豆の裏作とか表作とかの話

まずはご連絡から。 6月の末に大阪の北港か南港かで、サミットが開催され

→もっと見る

PAGE TOP ↑