*

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、2001年。

 

期間は2回に渡り、合計約半年。
ハワイ島のコーヒー栽培は「コナ」が有名ですが、コナではなくそこから北へ行くと、コハラ山脈があり、その麓にある農園で、お世話になりました。

 

当時はインターネットにつなぎ放題ではなくて、1回1回ピーピロピロって電話回線から繋げていた時代。

 

ハワイ島にあるコーヒー農園でボランティアをしませんか、というコーヒー農園のHPであった募集を見て、一瞬で熱くなった島は行くことを決意したのです、英語も話せないくせに。

 

その農園主は日本の方で、とりあえず行ってしまえばなんとかなるだろう、と思い、連絡を取り、いざハワイ島へ。

 

ほんとうにトラブルも含めて、いろいろなことがあったハワイ島でのコーヒー栽培ボランティアでしたが、僕のコーヒー人生において今も宝の経験である、そのことは間違いないことです。

 

この経験があったからこそ、今この焙煎ができていると思っています。
このチャンスがあったことに、心から感謝しております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。(写真はハワイ島のコーヒー農園で作業していたときのものです)

 

 

 

ある留守番電話が

 

日曜日、岡町本店から高槻店に帰ってきた21時。
留守番電話がめずらしく点滅している。

 

誰からだろうと思い、点滅している赤いボタンを押し再生されるのを待つ。

 

なんと!まぁ。
声にして言っていましたね、それは、そうです、コーヒー栽培ボランティアでお世話になった農園主、そう農園のオーナーさんの声だったのです。

 

あれから17年、随分ご無沙汰しておりました。

 

お店を経営することに全てを向けていましたので、お会いしたい人にもなかなか会えず、愛想ないことをしている僕、久しぶりの再会があるとほんとうにいつも反省してばかりですが、こうして連絡を取ってくださることに、ほんとうに感謝です。

 

翌日、オーナーに電話をし、空白の時間を埋めるように、お話に花が咲きました。

 

島珈琲にとって伝説のあのコーヒーが帰ってくる、かも?

 

そうです、僕がハワイ島でコーヒー栽培ボランティアでお世話になった農園のコーヒー豆が、島珈琲に入荷するかも、なのです。

 

もちろんまだ未定ですので、販売します!とは言えませんが、電話でお話してコーヒー豆を送ってもらえる、とのことをオーナーさんは言ってくださいました。

 

今、農園は昔のようにコーヒー生豆を出荷していないそうなので、ちょっとどうなるかわかりませんが、もし手に入ることができたなら、皆さんに飲んでもらいたいと思ってます。

 

ハワイ・コナではないのですが、ハワイ・コナに近い、ハワイ・コハラ・アラビカ。

 

こちらの豆は昔ながらの在来種でティピカ種という、今では貴重な種となっていまして、香り味わいとも力強く、栽培に関しても人工的に栽培されているというよりも、ほとんど自然栽培に近いモノなんですね。

 

まさか、手に入るとは思っていませんでしたので、僕も期待大です。

 

まだどうなるかわかりませんし、手に入っても僅かです。

 

限定になると思いますが、僕の思い入れのある農園からのお届けもの、ちょっぴり期待しておいてくださいね。

 

人生は何が起こるかわからない、そんなことを思った島でした。
ご縁に感謝。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲 シンプルに経営を考えていく

島珈琲高槻店を開店する前から考えていたことなんですが、そろそろそれを実行に移そうとおもっております。

記事を読む

10/31(水)、11/1(木) 高槻店臨時休業のお知らせ

まずは臨時休業のお知らせです。   10/31(水)、11/1(木) 高槻店は

記事を読む

高槻店 改修工事の日程が決まりました!

キャッシュレス決済を導入して、ひとつこれが起きたらめっちゃ困るやん!ということを見つけました。 &n

記事を読む

9/8(土)はカフェBeでミュージックデイを開催します!!

昨晩、大阪北部で震度3の地震がありました。   高槻店の業務終了後、お気に入り

記事を読む

スコットブレンド ドリップバッグ 販売開始しまーす!

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のニックネームは「スコット」。   エクスペ

記事を読む

no image

愛しい花よ

 先週は花苗を朝市のラインナップにそろえました パンジー ビオラ ガーデンシクラメンなどが

記事を読む

ちょこっと

  今月発売のサヴィにちょっこっとだけ カフェBeが掲載されました 見てね 今日は 包材屋

記事を読む

いざ墨俣へ

 明日は岐阜墨俣へ 出張に行ってまいります どこで何をしてきたのか くわしくは後日の日記に

記事を読む

社会貢献プログラム

 と題して 施設利用者でカフェ実習生のk君と今日は 近くの公園の掃除をしました なんでカフ

記事を読む

年末年始のお知らせ

  明日は引っ越しです 事実上の独身生活にピリオドを打つときがきました うれしいような・・

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑