*

四季折々で味わいの調整を

公開日: : coffee, 焙煎アーティスト

前号のブログでは、四季折々で味覚の感じ方に少し変化があることを書きました。
では、焙煎ではそれに応じて何かしていないのかというと、もちろんしております。

 

そんなことを今回は書いていきますね。
ちょっとマニアックになるかもしれませんが、たまにはねって、いつもか。笑

 

コーヒーは誤魔化しがきかなく、シンプルに焙煎した味わいが表現されてしまいます。
なので、よく迷っていました。

 

どうしてこうなるのか、どうしたらああなるのか。
1日中焙煎のことばかり、ノイローゼになりそうな時もありました。

 

でも好きだからできるんですよね。
好きだからこそ、それを解決して、今の技術のもっと上へといきたい、もっと喜んでもらいたいと。

 

先日、お客さんと焙煎のお話をしていて、そんなことを思い出しておりました。

 

 

特に高槻店の焙煎機はデリケートです

 

高槻店の焙煎機は、火力はノーマルの2.5倍くらいあり、かなり力のある焙煎機のなのですね。
ですので、その火力を上手にコントロールしながら、コーヒー豆のもつポテンシャルを出来る限り引き出しにかかります。

 

焦がさないように、生焼けにならないように、口に刺激が残るような味わいにせず、優しく、そして香りが出るように。

 

このブログの写真にあるのが、焙煎機のダンパーと呼ばれる風力を調整するところ、これのコントロールですんごく味わいが変わってくるのですね。

 

ちょっとでも動かすと、味わいがぼやけたり、逆にしっかり出すぎたり。

 

中焙煎=中煎りと深焙煎=深煎りでは、そのダンパーの使い方も微妙に変化をつけて、より「らしさ」を出るようにコントロールしております。

 

四季や素材で微妙な調整を

 

僕自身が毎日飲むコーヒーの中で、素材ではなく四季での味わいの違いを感じれば、そのダンパーに少し変化をつけて味わいを調整したり。

 

素材の場合は、自分の表現したい味わいにちょっと手を加えないといけない時には、同じくダンパーや火力を調整したりします。
でもできるだけ行程は、シンプルにするように心がけています。

 

行程をややこしくしてしまうと、失敗した時に原因がわからなくなるのですね。
ですから、焙煎の行程もシンプルに組み立てていくように心がけています。

 

コーヒー豆の焙煎と言うコーヒー豆の調理は、誤魔化しがきかないのでね、こんなこといろいろ考えて美味しいに余念がございません、という内容の今回のブログでした。

 

それでは。
この春もしっかり微調整をして、美味しいをお届け続けて行きます。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップ純情物語

プロローグ 明日、今年2回目のコーヒーシロップ無糖の252本分の仕込み焙煎をします。それがどうやっ

記事を読む

1位、2位逆転!花と風が入れ替わる?

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て営業しております。 ややこしい話なんですが、島珈琲の

記事を読む

正義の味方?悪の枢軸?カフェインは一体何者なのか

プロローグ まずひとつ、誤解されている方が多いのが、コーヒーは苦いほどカフェインが多く含まれている

記事を読む

コーヒーの味わいにおける「フルーティ」とは、なんぞや

昨晩は業務終了後、高槻センター街にあるフレンチレストラン、四季菜フレンチ・ソレイユさんへ用事がありお

記事を読む

自分が美味しいと感じる淹れ方が大事

昨日はお休み。 午前中は家族で僕の車とバイクを洗車。   娘はホースを持ってきゃっきゃっ言

記事を読む

ホットコーヒー用のコーヒー豆、アイスコーヒーに使うは邪道なの?

邪道とは、正しくないやり方、望ましくない方法、邪教、と調べると書いていました。  

記事を読む

生産国の地域による味わいの違い

こう暑いとビールが進んでしまう僕です。 実はお酒が大好きです。   晩酌はビール、そしてお

記事を読む

no image

シェーカー

 今日はアイスコーヒーをシェーカーで作って味見をしていました お湯でドリップした濃いめのコ

記事を読む

コーヒーと味わいと体調のはなし

プロローグ 昨晩、キムチを食べながらふと思いだしたこと、今回はつらつらと。 僕はどちらかというと

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
気分よく帰ってもらえばいい

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て焙煎そして営業してお

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機

次のお休みには今年最後になるであろう、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です

さて今日は金曜日。 金曜日は僕が楽しみにしているYouTubeの配信が

何回もしつこいですが・・このコーヒーメーカーは非常にいい

通りを見ていると、男性も日傘を利用されている方が増えたように思います。

7月、8月の島珈琲は通常営業です!

昨日、今日は発送が沢山でした。 おかげ様です、感謝です。  

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑