*

音を読め

昨晩、高槻店業務終了後、焙煎機のメンテンナスの第3部を。
今回はダクト、そして心臓部にあたる送風機を。

 

焙煎機をバラして、内部に付着する脂分をゴシゴシしました。
いやぁ、やっぱりね、綺麗になると気持ちいい!

 

バーナーから立ち上がる炎も綺麗にだし、音も軽快です。
4か月に1度のペースでやっておりますが、まぁやっぱりね、腰に負担がかかるので簡単な作業ではないのですが、終わるとめっちゃ気持ちいいし、よし、ゆこうって気持ちになりますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

マシンのメンテンナスをしていつも思い出すこと

 

僕はコーヒーの仕事をする前は、鉄工所で仕事をした時期がありました。
銅を溶かして、それを尺に入れ、鋳型に流す、いわゆる鋳造のお仕事です。

 

ここで、尊敬する人の出会いがありました。
O先輩とY先輩、このお二人がめっちゃ職人さんで、仕事とは何か、という基礎を僕はここで、このお二方から会得したと思っています。

 

その教えてもらった、いくつかの心得の中の一つ、音を聞くということ。
鋳造のお仕事は、砂で鋳型を作ります。
なぜ砂かというと、銅を溶かすのは1100℃くらいだったかな、注湯が1200℃くらいで、溶かした銅を流し込むのですね。

 

その温度に耐えれるのが砂で、出来上がった時にその砂を破壊して、中のものを取り出すのですね。
ですから、鋳物の肌には若干、砂のようなザラザラ感が残っているのですね。

 

そこでは、機械を沢山使って仕事していました。

 

音を読む

 

先輩から普段の機械の音をよく聞いておけ、そして覚えておけ、と言われました。
離れた場所でも音がいつも違うと気づけば、異変にもすぐ気づくと。

 

それから、耳をたて、必死にいろんな音を意識して聞くようにしました。
すると、やっぱりね、わかってくるんです。

 

あっ、今、機械で詰まっている音がしている、それから音で異変が気づけるようになりました。
以来、その経験から、どんな仕事でも普段の音を、注意深く聞いています。

 

焙煎機の音もそう、いつもとちょっとでも違う音がすれば、調べる。
そうすると、突発的な機械のアクシデントも減るのですね。

 

焙煎機が止まれば、お店もストップしざるを得ません。
お店の心臓です。

 

音を聞く、そして音を読む。
これを教えてくれたO先輩とY先輩には、今も感謝してます。
今でも年賀状のやり取りはありますが、会えてないなぁ、なんて思った次第です。
今年は顔を見に行くぞ、とこのブログを書きながら思う島であった。

 

あっ、お客さんの会話には、聞き耳立ててないですからね!笑

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

丁寧な接客を心がけて

高槻店の営業日はは火曜日から土曜日。 岡町本店の営業は日曜日だけ。   月曜日は僕自身のお

記事を読む

趣味を仕事に生かすには、を考えた (3093)

さて本日は、お休みです。 火曜日から土曜日までは高槻店。 高槻店は日曜、月曜が定休日。  

記事を読む

商売に必要なもの それは「カラ元気」ではないだろうか

こんにちは! 唐揚げ大好き 焙煎アーティスト 島規之です 子供みたいでしょ 笑  

記事を読む

島珈琲の野望Ⅱ

プロローグ 以前にもこんなタイトルの記事を書いたので、今回はⅡになります。笑 こんにちは 焙煎ア

記事を読む

僕が影響を受けたコーヒーの巨匠たち

    16日と17日で両親と家族で温泉旅行を行ってきます。

記事を読む

モノも人も大事な事は「聞く」こと

プロローグ 最近、ツイッターをめちゃめちゃ楽しんでいます。 文字数が140字と決まってい

記事を読む

本日は高槻店の焙煎機のメンテンナスでした

今まではだいたい4か月に1回のペースで、高槻店の焙煎機のメンテンナスをしておりましたが、3か月に1回

記事を読む

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

迷えば、その「迷い」はモノに移る

プロローグ 今まで結構迷って生きてきました。笑 特に焙煎のことは何度となく迷っては負のスパイラルに

記事を読む

個人店が少なくなれば街は面白くなくなるよね

昔と比べるのはよくないとは思うんだけど、昔と比べてコーヒー関係の機器が高くなったと感じてます。 感じ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
言い訳はすればその失敗はどんどんと目立ってしまう

本日、月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日。 今日はバイクの定期点検へい

次期グァテマラのサンプルが到着しました

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まして10時までに

何事も経験

今日もお店の方がバタバタで、急ピッチで本日のブログも作成いたします。

パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑