*

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。
家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきました。

 

娘の成長ぶりに驚く、おじいちゃん おばあちゃん。
いろいろできるようになったり、上手になったり、今まで手の届かなかったところに手が届くようになったり。

 

僕も改めて娘の成長ぶりに驚いたり。
思っている以上に時間のはやさを感じる今日この頃です。

 

お盆が過ぎ、例年なら朝晩の暑さが少しずつやわらいでくる高槻ですが、今年はそうでもなさそう。
暑さ続いております、夏バテなどないように引き続きお身体にお気を付けてくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

焙煎とは、引き出す作業

持ってないものを作り出す作業ではありません。

持っているものを引き出す作業、それがコーヒー焙煎、と僕は思ってます。

 

香りの良い豆、コクのあるもの、酸味があるもの、甘みが強いもの。
もともと持っているそれらの特徴を、上手く引っ張り出すことが焙煎です。

 

先日こんなツィートをしました。

 

 

コーヒー生豆にも長所短所があって、浅焙煎・中焙煎では味わいの力を発揮するけども、深焙煎では力を発揮しないコーヒー豆があったり。

 

また逆に、浅焙煎・中焙煎では味わいがきつすぎるが、深焙煎ではとっても良い味わいを表現してくれるコーヒー豆があったり。

それぞれなんですね。

 

良いところをグングン引っ張る

もちろん初めて焙煎する豆は1度、焙煎してからドリップして味わいをみてからじゃないとわかりません。
味見をしてから、その豆の得意とするところ、力があるところを探します。

 

そしてそれをどうしたら、もう少し表現できるか、ここを考えるのが焙煎士の腕でもあります。

 

もともと持ってないモノや、少ないモノを無理に引き出しそうとしても、そのほとんどは徒労だったり。
無理しても結局全体のバランスが崩れたりするのですね。

 

ここまで読んでもらいたら、なんだ人と一緒やん、と思いますよね。
ほんと、人と一緒です。

 

得意としているところを伸ばしてあげる、コーヒー豆の焙煎もこれですね。

 

よい個性を持っていたら、その個性をできるだけ表現させれるように焙煎する、これが焙煎士の技術です。

 

良いところをグングン伸ばしてあげる、そうしたらコーヒー豆もそれに応えて、良い味わいを表現してくれる、というわけなんですね。

 

コーヒー豆にも沢山の個性があって、ほんと面白いです。
新しい豆と出会うとき、こいつはどんな個性を持っているのかな?毎回楽しみにで仕方ありません。

 

人にしても、コーヒー豆にしてもいろいろな出会いに感謝です。

さぁこんどはどんな個性に出会えるかな。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

アイスコーヒーを濃い味にしたい時の3つのポイント

プロローグ さて、関西は梅雨明けし本格的な夏、本格的なアイスコーヒーの季節を迎えました。 ボンジ

記事を読む

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

焙煎アーティストだって焙煎を失敗する時はある

プロローグ 島珈琲を開業したのが2002年ですので、14年が経ち15年目に入っています。 &

記事を読む

焙煎する機械、焙煎機による味わいの違いって何?

最近、コーヒー業界の新しい情報についていけてない僕です。 コーヒーに関わらず、情報はツイッターなど

記事を読む

香りの強いコーヒーとは?

本日、1月5日は日曜日だけのお店、豊中・岡町本店の今年の初営業日。 10時よりスタートし、通常営業し

記事を読む

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた。   土曜日に牛乳

記事を読む

カラダがあたたかくなるコーヒーをください

プロローグ 先日、喫茶をご利用のお客様にオーダーを取りに行った時に、こう言われました。 「身体が

記事を読む

出版する僕のコーヒー本 校正が上がってきました!

このところいろんな良いことがあって、運がいいなぁって思っている僕です。 これも皆さんのおかげです、

記事を読む

個人のお店は人間性が大事というお話

もう10年以上前になりますが、船井総研のコーヒー経営セミナーに行った時に聞かしてもらったことです。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
隠しブレンド鱗雲あらわる

昨日はお休みでしたが、高槻店で前から雨漏りがあった箇所あり、13時から

賢く振る舞おうとしない

本日はお休みですが、13時より高槻店の雨漏り修繕工事の打ち合わせがあり

帰ったらすぐ冷凍庫!袋の口を閉じているだけです

日曜日は日曜日だけが営業のお店、岡町本店へ来て、店頭に立ち焙煎、営業を

焙煎は頭の中で温度と時間のグラフを描きながら行っているのです

写真左にある数字は、焙煎機の釜内にある温度センサーの数字で、そのセンサ

お盆期間中のコーヒー豆のストックもバッチリです

今朝、お店に来ると、あれっおかしいなと思うことが。 物置においてある物

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑