*

今まで一番臭かったものは何?

公開日: : 感謝!!

今までで、あなたの中で「一番臭い!」と思った経験はどんなものでしたか。
僕はですね、18歳の時に経験したこれです。

 

「大量のイカが腐った時のニオイ!」

 

ご存じですか、イカの腐ったニオイを。
これは強烈でした、この世のものか、と思うくらいでした。

 

その経験は1995年、阪神淡路大震災の直後のことでした。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

当時は中華料理店で働いていました

僕は高校を卒業して、中華料理店に就職しコックを目指しましたがすぐに挫折し、ホールの方へ移動、ウェィターとして再スタートしました。

 

お店は西宮・阪急門戸厄神駅のすぐにある、中国料理 愛蓮というお店。
地震は就職した1年目にやってきました。

 

当然、地震の日から営業停止に。

 

その門戸厄神のお店の周りは、倒壊・半壊、高架のコンクリートが落ちて、それが阪急電車の線路をふさいだり。
目に映ったのは、今でも忘れられない悲惨なものでした

 

お店のコックさんやパートさんは、被害の大きい近隣や神戸方面から来ている方ばかり。

 

僕は大阪から通っており、西宮北口までは電車が開通するのが早かったのでそこから徒歩でお店に通うことになりました。

 

被害が少なかったホールの主任と僕の二人で、お店の復興に向け、後片付けや掃除など、地震から確か1週間も経たない時から動き始めました。

 

徒歩で帰る道の横には、全壊した家。
自然や災害の前に、自分の無力さに気づかされたことを覚えています。

 

そんなお店の後片付けしている時に、冷凍していたイカはいつも前日の晩から翌日かけて解凍しているのですが、ステンレスボールに地震の日以来、出しっ放しになっていた腐った大量のイカを、厨房で発見したんです。

 

強烈なニオイの源はここからだったのか!と鼻をつまんで掃除しました。
今のところ人生で一番臭かった体験をしたのは、この時でした。

 

当たり前の大事さ

今回書きたかったのは、実はこっちのことで、地震の体験から、いかに当たり前が大事かってことなんですね。

 

水もでない、電気もない、ガスもない。
お店でのトイレは、外の道で破裂している汚水管からあふれる汚水をバケツでくんで、それで用を足した後、その汚水でトイレを流していました。

 

スープを沸かす鍋、大人が入るくらいの寸胴の鍋をですね、台車でからころ運び、運動場で自衛隊が配水してくれているので、そこで水をもらって掃除したりしてました。

 

水も電気もガスも、押したりひねったりしたら自然に付いたり、出てきたりするもんだと思い込んでいましたが、それは大きな間違いだと、18歳の当時の僕はそこで気づかされました。

 

当たり前が大事、といっても、だいたいは失ってからしか、その大事さはわからないものですよね。

 

だけどやっぱり、こういった経験から僕が伝えることができるのは、当たり前って大事なんですよーってことなんですね。

 

今ある当たり前をもう一度見つめて、当たり前だけど実は当たり前でないことに感謝してみる。

 

そうすると少し心も穏やかになるのでは、と。
当たり前の愛だってないし、当たり前の優しさだってない。

 

あなたや僕が誰かから受け取っている愛や優しさも、実は当たり前にあるもんじゃないですよね。

 

あって当たり前でないことをもう一度見つめると、優しくなれるんじゃないだろうか、そんなことを思っています。

 

自分の中でこの体験を忘れさせないように、自戒もこめて、この体験を時々書くようにしています。

 

いつもでなくていいから、時々でもいいから、今足りていることと当たり前のことに感謝したいものですね。
それができれば、きっといつも仕合わせな気持ちで過ごすことが出来るはず。

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

沈丁花の香りと14周年

月並みな言葉でしか今の気持ちを表現できませんが、ここまでお店をさせてくれてありがとうございます、そん

記事を読む

フィバーなコーヒー コーフィバー!

 皆様 あけましておめでとうございます本年もどうぞよろしくお願い致します昨日の深夜営業今日

記事を読む

がんこもん

 昨日 僕の中の師と仰ぐ内の一人 その方に久方ぶりにお会いしてきた その師匠に「島君は 芯

記事を読む

ほっと一息

 ありがとう祭りは 皆様のおかげでなんとか無事 終了致しました プレッシャーと緊張の毎日

記事を読む

no image

1杯のコーヒー

 今日 幼なじみの実家へ 朝市で売っているお米をもっていったら 幼なじみのお父さんお母さん

記事を読む

ピンチです!あの芸能人のTANPANCOFFEE 間に合うことができるのか!

アクシデントやトラブルはいきなり背後からやってきますよね。 そっと忍びより、ドンっと肩を叩く。

記事を読む

熊本は酪農日本一

 なのです そんな酪農王国熊本は阿蘇の酪農地域で 美味しいミルク 高鮮度ミルクを使える環境

記事を読む

今日で終わり・・・

 今日で新店舗の工事の99.99パーセントが終了しました いったいどれだけの人の手をお借り

記事を読む

僕が14年お商売をやってきて大切にしていること

    島珈琲のシールやパッケージに「2002」という数字を

記事を読む

花まんま

 昨晩 朱川湊人の「花まんま」を読んだ この本は 兄さん(年上の友達です)からもらった本

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑