*

世界チャンピオンが夢だった

公開日: : 感謝!!, 日記

プロローグ

12月に入る前から一気に助走を付け、繁忙期がやってきた島珈琲です。
今までなら、努力、根性でとにかく気合気合で一歩でも前へ進むんだ、と乗り越えて行こうとする僕でしたが、マーケティングの師匠の藤村正宏先生は、真理に沿って生きる事をよく言葉にされていて、しんどい時はしんどいんだから無理をしないこと、と言われます。

 

当たり前の言葉かもしれませんが、こんな親身な言葉ってなかなか言ってもらえませんよね。

 

ということで、今年の繁忙期はやることはやりますが、無理な状態にならないよう精神的には緩めに保ち、楽しんで笑顔で行きたいと思います。
今日の記事は僕の夢だったことの話です。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です

IMG_9190

 

 

ボクシングをやっていた

高校1年生の頃、ボクシングをしていたんです。学校のクラブではなく大阪帝拳というボクシングジム。
僕が在籍していた頃は、辰吉丈一郎選手が世界チャンピオンになる手前の時期でした。どうしてボクサーになりたいと思ったのか、当時を振り返るとあしたのジョーの再放送を見て強く憧れたのだと思います。

 

朝は高校に行く前にロードワーク。学校が終われば京橋まで電車で通っていました。土曜日、日曜日は学校に隠れてバイトして、月謝や交通費を稼ぎ、休みのない日々を過ごしていました。

 

スパーリングでボコボコにされたり、逆にカウンターが綺麗に決まりダウンを奪ったり、振り返るととても懐かしく、今でもテレビでボクシングの中継を見ると熱くなります。

 

でもそんな生活は1年と持ちませんでした。
自分を厳しく縛り付けた結果、ふっと糸が切れた時、何もかもから解放されたくなったんですね。
僕の悪いクセです、自分にストイックになりすぎるんです。

 

あともう一つ、今思えばなんですけど、辰吉丈一郎選手のスパーリングを間近で見たとき、パンチのスピードが凄かったんです。風を斬るような音が聞こえてくるくらいに。その時、世界が違うのかも、と肌でそう感じたのかも知れません。

 

挫折には教訓がある

僕は何をやっても続けて行けないんじゃないか、それは大人になってもそうでした。
高校を卒業して就職した会社は1年で辞めてしまうし、自分は続けることができない人間だと自分をよく責めていました。

 

でも、違うんだと気づいたんです。自分で自分をストイックに追い込みすぎるんです。こうあらねば、なになにしなければ、などなど自分をどんどん、どんどん縛り付けるんです。しまいにがんじがらめになって、自分の心が身動き採れなくなる、そして放棄したくなる。

 

いいんですよ、楽しても。怠けるというのとワケは違いますが、うまいこと気を抜きながら、ええ加減な時はええ加減でいい、そうして自分を許すときも必要なんです。

 

持続する事に必要なのは、上手にガス抜きをしながら、一気にゴールを目指さない。結果を求めすぎない。同じ道のりなら楽しんだ方がいい、これが挫折して学んだ、持続するための僕なりの方法でした。

 

エピローグ

世界チャンピオンにはほど遠く、夢はシャボンの泡のように消えてなくなりましたが、今こうして楽しくいろんな事を続けていけるのも、過去のおかげ。自分の過去に感謝。そして今に感謝。

 

あ、そうそう、先日 お客様がとても嬉しいブログを書いてくださったので、紹介しますね!
是非見て下さい!嬉しくてロケットになって飛んじゃいそうでした!

お客様のお声です!

大阪バイクショップ YSP 門真さま のブログです。
http://ysp819.blog107.fc2.com/blog-entry-455.html

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

商は笑なり

新年あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。   さて、島珈琲高

記事を読む

no image

のんでのんで飲まれてのんで

 夏休み 僕のまわりの友人とは付き合いが長く 小学校中学校からのそれがほとんどです そして

記事を読む

お店に小窓があって良かったなぁと思うこと

高槻店はこの11月で、8周年に。 9年目に突入します。   島珈琲高槻店は、島珈琲が開業し

記事を読む

キーワードは「幸せに」

プロローグ 今日も心の部分を触れて 記事を書いていこうと思います 昔から自分を見つめて 

記事を読む

書くことが思いつかないとき

久しぶりにブログを書く手が進まない。 実際には、パソコンのキーボードを打つ手になるんだけどね。 &n

記事を読む

no image

ポジティブなわけ

定説では夏場のコーヒー屋は売れなくて非常に厳しい時期になります昨日は暇すぎて お店をたたんでしまおう

記事を読む

まころ企画の牧田さん

  まころ企画 代表の牧田さん そうです ご存じの方もおられますが 島珈琲のホームページを

記事を読む

タイムスリップしてきたみたいだね

 と 高槻店にこられたお客様がよく口にされます高槻店は 「和」のデザインでお願いしました設

記事を読む

ボトルコーヒーのキャップを開けると、いつまでに飲み終えるとよいですか?

プロローグ タイトルのご質問をお客様から頂いたので、今回はそのことを記事にしたいと思います。 こ

記事を読む

トアロード

 手前味噌だけど・・・ 僕はほんとにいい人に囲まれていると思う もし神様がいるのなら感謝し

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑