*

大きくてもあかん 小さくてもあかん

公開日: : 日記

昨日、何気なく聖飢魔Ⅱが目に入った。
デーモン閣下である。

 

小学生の時に、その歌声とメタルさに引き込まれて、カセットテープを何度も巻き戻してよく聞いたなぁ、なんて思いつつ、YouTubeで「ろう人形の館」を懐かしく聞いていました。

 

皆さんは、よく聞いていたアーティストって誰ですか?
僕はですね、筋肉少女帯、それからスターダストレビュー、尾崎豊、レベッカ、吉川晃司、布袋寅泰、とか洋楽も好き。

 

今でもステレオの前で、音楽を聴いている時間はほんとうに好きで、本を読みながら音楽に触れる時間を大事にしています。

 

この影響はやっぱり父からかな。
当時はレンタルレコードだったかな、親父がカセットに録音して、それを聞いてた。
オフコースとか、井上陽水とか。

 

レンタルビデオもよく借りてくれて、当時はシルベスター・スタローンとアーノルド・シュワルツェネッガーの映画が多かったかな、ランボーとかロッキーとか、ターミネーターとかプレデターとか。

 

ロボコップもあったなぁ、当時見た印象に残っている映画は、ベトナム戦争を題材にしたプラトーン。
こうして振り返ると、そうした音楽や映画に触れる機会を沢山作ってくれた、両親に感謝です。

 

懐かしいですよね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

レコード進化論

 

聖飢魔Ⅱを聞いていて、なぜか家庭で聞く音楽の移り変わりをたどりだした。
レコードからCDへ。
あっというまだったような記憶があります。
そしてカセットテープも姿を消して。

 

曲をもう一度聞きたいときに、カセットテープを巻き戻すが、うまく曲の頭に巻き戻せない。
そうこうしているうちに、曲の頭に巻き戻せるラジカセができて。

 

そしてCDが現れ、レコードとカセットテープがCDにあっという間に追い越されていった。
そのあとMD、ミニディスクが現れた。

 

そのうちCDを凌駕するであろうと思われたが、そうはならなかった。
ここで思ったのが何でも小さくなればいい、というわけでもないんだ。
ということ。

 

そして、今、形のないダウンロードが主流になりつつあるように見えます。

 

大きいから小さいから、強いから素晴らしいから、残る、というわけでもない

 

ビデオテープもそう。
VHSとベータの覇権争い、がありましたね。

 

親父がいつもベータの方が何かつけて良い、とその性能の高さをよく教えてくれていましたが、結局一般になったのはVHSだった。

 

その時に性能がいいから、生き残れるというわけじゃないんだ、と思ったことを覚えています。

 

このデジタル機器などの変換の流れにおいて、時代に生き残っていくのは素晴らしいから、性能がいいからだけではない、と学んだわけです。

 

これを経営でも、ちゃんと理解しておかないとだめなぁなんて思っている次第です。
進化論でダーウィンはこう言っていました、強いものが生き残るのではなく、変化できるものが生き残ると。

そう、変化することに柔軟に。

 

聖飢魔Ⅱの「ろう人形の館」を聞いていて、なぜか進化論から生き残ることとは、を考えた、僕でした。

 

しかし、改めて振り返ると、ここ数十年の文明の進化はすごいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今日も笑顔で

僕の仕事の流れは 早いときは6時半くらいからお店に来て オープン前の準備しながら焙煎 焙煎が終わる

記事を読む

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。   お客様から質問の

記事を読む

笑顔にあえた!1年ぶりのカフェBe勤務でした

昨日、8月8日は久しぶりのカフェBe勤務でした。 それもなんと1年ぶり。  

記事を読む

自分を深めるための力

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   まめやね~とよく言われま

記事を読む

日々を味わう

こうして毎日のようにブログを更新していますが毎回、絶好調にキーボードを打つ手が進んで行く、そんな日ば

記事を読む

出版する本とか、ギフトの島珈琲カンとか、取材とか、島珈琲の近況報告

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。   さて、このブログを書いている今

記事を読む

味覚と思い出は直線上にある

  僕はどっちかというと、何がどっちかというとソースがウスターかとんかつか、なのですが、ソ

記事を読む

どら焼きとコーヒーとわたし

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 先日 あるお客様に「どら焼きの美味しいお店っ

記事を読む

乾杯から愛を語る

かたい絆に 思いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々 時には傷つき 時には喜び 肩をたたきあった

記事を読む

思い入れの1曲 影響を受けたアーティストは誰ですか?

今回はコーヒーのことや経営ことなどからは、たまには全く関係ないことを。   家

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっ

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマ

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒー

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一

コーヒーは水でも変わる

さて、今週から高槻店の喫茶コーナーは、6席から現在4席に変更になりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑