*

いつも同じ味わいを作り続ける、という努力

昨日はお休み。
2週間ぶりのやっとの休み。
カミさんと頑張った自分へのご褒美に、お昼は高槻店のご近所、お昼しか営業していないラーメン屋さん「八海山」さんへ行ってまいりました。

 

カミさんは大のラーメン好き。
僕も好きで、カミさんにいつもいろんなお店を聞きながら、どこに行くか決めています。

 

昨日行った八海山さんは、営業時間は11時30分から14時30分まで。
しかもスープが切れたら、閉店。
11時30分の開店時間の15分前に到着、僕たちの前には数人並んでいまして、開店前には僕たちを合わせて、すでに17人くらい並んでいました。
人気のお店なんです。

 

メニューは煮干しラーメンと玉子入りと大盛、そして白ごはんの中と小、という実にシンプル。
オープンカウンターで、作る様子も眺めることができて、めっちゃ楽しかったです。
そしてめっちゃ美味しかったです。
並ぶ理由がわかるわ、と思う一品。

 

わざわざ高槻店にお越しのお客さんには、ぜひとも行って頂きたいラーメン屋でございます。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

いつも同じ味わいを作り続ける、という努力

 

はやりこうして美味しいものを食べに行くと、勉強になることが2つ3ついやいや刺激も含めてそれ以上かな、得ることができます。

 

ただ美味しかっただけで、終わらせてはなりません。
こちらの八海山さんはスープの大元は煮干しを。
取り終わったスープの寸胴には、大量の煮干しが置かれていました。

 

煮干しのスープと醤油を使ったスープ、そして自家製麺。
お昼の営業時間以外は、仕込みに相当の時間を費やしているんだろうなぁと想像できます。

 

そして、いつもの味わいを丹念に作り上げる。
煮干しだって毎回おんなじ味わいではないし、使う調味料だってそう。
原料は自然のものである限り、必ず同じ、とは言えないものばかりです。

 

その中から、いつも同じ味わいを作ること、相当な努力があると思うのですね。
敬意を。

 

全く同じではなく、同じに近い味わい

 

実際には、同じではなく、同じに近い味わいになるのですね。
僕のコーヒーもそう。
同じ農園でも年度が違えば、味わいも違ってきます。

 

ブレンドなんかでも、作る味わいをどう再現するか、これはファンが多くなればなるほど、求めるところが高くなるように自分の経験からそう思っています。

 

一番怖いのは、同じと思っているところが、少しずつ少しずつずれていくこと。
ふと気づいた時、ストライクゾーンから大きく外れてしまっている、ということもありないことではないのですね。

 

同じ味わいを作ることは、素材の味わいをつかんでおくことも大事ですが、何よりその味わいを作る人が心身ともに健康であること、が一番の条件だと思います。

ここがブレていたら、全てブレていく、と思うのです。

 

ということをラーメン屋さんで考えておりました。

 

ファンの皆さんのためにも、健康体であることもっと意識しよう、と今回ラーメンを食べて学んだことでした。

 

皆さんも美味しいコーヒーを毎日飲むために、健康には気を付けてくださいね。

 

麺屋 八海山 の詳細はこちら
https://www.google.co.jp/amp/s/s.tabelog.com/osaka/A2706/A270604/27061072/top_amp/

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ハンドドリップをするときに上手にできる立ち位置を考えた

あなたは右利きですか、左利きですか? 僕は右利きなんですが、たぶん左利きだと思うのです。 &

記事を読む

ひとこと あるかないか で 人は変わる

ブログを移転して2回目 スマートフォンでは見やすくなったと思います スマートフォンとパソコンの画

記事を読む

コーヒーのブレンドとは、チームワークです

プロローグ コーヒーブレンドとストレート、違いは何か?ストレートとはブラックで飲む事もそう呼ばれま

記事を読む

僕 島規之がオススメのコーヒーミルはこちら

最近、ブログの出だしが娘のことをかなりの確率で書いているなぁと、改めて思っている僕です。 &n

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

コーヒー豆の保存方法と真空パックのお話

最近、ほんとうに多くの方が遠方から、岡町本店や高槻店へコーヒー豆を買いに来てくださります。 &

記事を読む

通販の発送で島珈琲が心がけていること

以前は通販の取り扱いは言うほどでもなかったのですが、エクスマ塾へ行き、マーケティングの師匠 藤村正宏

記事を読む

あの芸能人のお好みのコーヒーを作るときの注意点

あの芸能人こと、アパレルメーカー社長 奥ノ谷 圭祐さん、ニックネームは短パン社長。 短パン社長が一

記事を読む

知っておくと便利、水だしコーヒーのあれこれ

プロローグ コーヒーブームなのかな、最近よく店頭で水だしコーヒーについて聞かれることが多くなりまし

記事を読む

なぜシェフは食材にこだわるのに、コーヒーにはこだわらないのか

プロローグ さて昨夜、毎月発行しているニュースレターの印刷に行って来ました。 スマートフォンの充

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっ

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマ

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒー

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一

コーヒーは水でも変わる

さて、今週から高槻店の喫茶コーナーは、6席から現在4席に変更になりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑