*

チェンジします!エチオピアモカの銘柄

公開日: : coffee ,

エチオピアモカは今年、向こう1年分は、アジャレという銘柄を確保しています。
エチオピア・イルガチャフ村のもので独特のフレイバーを持つ、個性的なコーヒー。

 

すでに商社さんには取り置き済みですが、去年おさえていたエチオピアモカがまだありますので、切り替わるのはまだ少し先になりそうです。

 

実は今年の春頃、その時にストックしているエチオピアモカの在庫がなくなるでは?と思い、急遽同じエチオピア・イルガチェフ村の銘柄を30キロバッグ2本を取り置きしてもらったのですね。

 

それがエチオピアモカ・ウォレカ。
この予約分を使用してから、新しいアジャレの豆へと移行します。

 

 

アジャレの前に使っていたのがこのウォレカ

 

アジャレというエチオピアモカの銘柄を初めて口にした時、これや!と僕のコーヒー魂に火が付き、すぐに取り置きしてもらったのですね。
それ以来はずっとアジャレというエチオピアモカの銘柄を使用してきましたが、前述ありますように、もしかしたら足らんなくなる!と思い、ウォレカという豆をキープしたのです。

 

前年の豆と新豆との端境の時に、ショートしてしまうことが時々あるので、島珈琲でも人気のあるエチオピアモカはショートさせまいと、一応以前に使っていたウォレカを取り置きしておいたのですね。

 

結論から言うと、予約せんでもよかったやんか!でして(笑)、取り置きしなくてもスムーズに移行できたのですが、でも「もしも」があったことを考えたらね。
これでいいのだ。(笑)
ということで、もうすぐしたら一旦エチオピアモカの銘柄はウォレカになります。

 

ウォレカの味わいは?

 

アジャレは味わいがはっきりとわかりやすく出てますが、それをもうちょっとお上品にしたのが、ウォレカです。
イルガチェフ村のコーヒー豆独特の共通した香りと味わいはこの2つの銘柄は持っているのですが、アジャレの方がそれは力強くあり、ウォレカの方は優しく上品にまとまっていると、2つを比べるとこうした表現になります。

 

どちらも素晴らしいコーヒーで、中焙煎と深焙煎で個性的な味わいの花を咲かせてくれます。
この後おそらく10月いっぱいくらいはウォレカで、そして11月にアジャレにまた変更になる、こんな流れになると思います。

 

言わなければわからない、それぐらいの些細な味わいの変化ですが、もう少ししたら変更することお伝えしておこうと思い、今回はこの内容にしました。

 

ウォレカの上品な味わいもまたお楽しみにしていてくださいね。
もう少しすれば変更になります!

 

それでは、残暑まだまだ続きそうですが、暑さにお気をつけてお過ごしくださいね。
どうぞ良い週末を。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎したその日が一番美味しいの?

昨日からスタートしたあの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修のコーヒー TANPANCOFFEE

記事を読む

コーヒーの美味しさって何?

今日は土曜日で、明日は日曜日で母の日。 発送やギフトでてんてこ舞いの島です、どーもです。 ありが

記事を読む

フレンチプレスで濃い味のコーヒーを淹れる方法

  ペーパードリップですと、粉の量、もしくは挽き方を変えて味の濃淡を調整でき

記事を読む

僕がハワイ島でコーヒー栽培の仕事をしてつらかったこと

プロローグ かれこれ15年前になりますが、今でもよく覚えています。   現在

記事を読む

甘いコーヒーは深焙煎か中焙煎か

昨日は定休日。 お昼はカミさんとランチデート。     カミさんが久し

記事を読む

初めてのコーヒーミル 何を買えばいい?

プロローグ 秋です。ホットコーヒーの美味しいシーズンがやってきました。 おうちで飲むコーヒー、一

記事を読む

ひとこと あるかないか で 人は変わる

ブログを移転して2回目 スマートフォンでは見やすくなったと思います スマートフォンとパソコンの画

記事を読む

コーヒーのもう一つの顔の話

 ホットの季節ですね美味しいコーヒー飲んでホッとされていますか?連休の初日 いいお天気に恵

記事を読む

ハンバーグ

  鮮度のいいコーヒーは 蒸らしの時 ハンバーグみたいにふくらみます 美味しいそー 島珈琲

記事を読む

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
気分よく帰ってもらえばいい

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て焙煎そして営業してお

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機

次のお休みには今年最後になるであろう、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です

さて今日は金曜日。 金曜日は僕が楽しみにしているYouTubeの配信が

何回もしつこいですが・・このコーヒーメーカーは非常にいい

通りを見ていると、男性も日傘を利用されている方が増えたように思います。

7月、8月の島珈琲は通常営業です!

昨日、今日は発送が沢山でした。 おかげ様です、感謝です。  

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑