*

チェンジします!エチオピアモカの銘柄

公開日: : coffee ,

エチオピアモカは今年、向こう1年分は、アジャレという銘柄を確保しています。
エチオピア・イルガチャフ村のもので独特のフレイバーを持つ、個性的なコーヒー。

 

すでに商社さんには取り置き済みですが、去年おさえていたエチオピアモカがまだありますので、切り替わるのはまだ少し先になりそうです。

 

実は今年の春頃、その時にストックしているエチオピアモカの在庫がなくなるでは?と思い、急遽同じエチオピア・イルガチェフ村の銘柄を30キロバッグ2本を取り置きしてもらったのですね。

 

それがエチオピアモカ・ウォレカ。
この予約分を使用してから、新しいアジャレの豆へと移行します。

 

 

アジャレの前に使っていたのがこのウォレカ

 

アジャレというエチオピアモカの銘柄を初めて口にした時、これや!と僕のコーヒー魂に火が付き、すぐに取り置きしてもらったのですね。
それ以来はずっとアジャレというエチオピアモカの銘柄を使用してきましたが、前述ありますように、もしかしたら足らんなくなる!と思い、ウォレカという豆をキープしたのです。

 

前年の豆と新豆との端境の時に、ショートしてしまうことが時々あるので、島珈琲でも人気のあるエチオピアモカはショートさせまいと、一応以前に使っていたウォレカを取り置きしておいたのですね。

 

結論から言うと、予約せんでもよかったやんか!でして(笑)、取り置きしなくてもスムーズに移行できたのですが、でも「もしも」があったことを考えたらね。
これでいいのだ。(笑)
ということで、もうすぐしたら一旦エチオピアモカの銘柄はウォレカになります。

 

ウォレカの味わいは?

 

アジャレは味わいがはっきりとわかりやすく出てますが、それをもうちょっとお上品にしたのが、ウォレカです。
イルガチェフ村のコーヒー豆独特の共通した香りと味わいはこの2つの銘柄は持っているのですが、アジャレの方がそれは力強くあり、ウォレカの方は優しく上品にまとまっていると、2つを比べるとこうした表現になります。

 

どちらも素晴らしいコーヒーで、中焙煎と深焙煎で個性的な味わいの花を咲かせてくれます。
この後おそらく10月いっぱいくらいはウォレカで、そして11月にアジャレにまた変更になる、こんな流れになると思います。

 

言わなければわからない、それぐらいの些細な味わいの変化ですが、もう少ししたら変更することお伝えしておこうと思い、今回はこの内容にしました。

 

ウォレカの上品な味わいもまたお楽しみにしていてくださいね。
もう少しすれば変更になります!

 

それでは、残暑まだまだ続きそうですが、暑さにお気をつけてお過ごしくださいね。
どうぞ良い週末を。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

焙煎機をメンテナンスをすると、コーヒーの味わいがどう変わるの?

昨日、一昨日と高槻店業務終了後、焙煎機のメンテナンスをしました。 1日は焙煎機をバラし、内側につい

記事を読む

接客力アップ!

 次年度(4月から来年の3月まで)の自分の課題に 「接客力アップ」を掲げることにしました

記事を読む

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業する前はタバコを吸う人でした。

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

島珈琲のブラジルはクラッシックタイプの味わい

本日は祝日ですがお休みです。   今日は家族でおばあちゃんの家に出向き、おばあちゃんと合流

記事を読む

アイスレモンコーヒーをつくったYO!

プロローグ 秋に出版するだろう僕のコーヒー本の、最終章の構成を練っていました。  

記事を読む

「いい加減」じゃなく 「良い加減」のいい加減

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 島珈琲の高槻店で近々「チー

記事を読む

no image

お手軽に♪

 http://shima-coffee.com/quick_coffee.html 皆様

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
美味しいテイクアウトコーヒー強化宣言!

前々から言っていたのですが、ついに実現できそうなところまで来ました。

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております

コーヒー教室は開催しません、が、

昨日、お客さんとお話していて、コーヒー教室とかは開催されないのですか?

ドリップの方法、人によって言うことが違うのはなぜ?

昨日はお休み。 実家に行き、母と家族で父のいる施設へ。  

星野伸之さんのスタイルの様に

野球選手の中で誰のようなスタイルで生きて行きたいか、という問いがもしあ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑