*

ミルでも変わるコーヒーの味わい

使わなくなった1台のミルの手入れをしています。

 

とても良いマシンなのですが、どうしても僕の好みの味わいにならず、ずっと置いているだけだったので、使ってもらえる人に譲ろうと決意しました。

 

それでそのミルをバラして、調子を整えています。
外国製なので、やや分解に難があり、時間を見ながら少しずつ進めております。

 

そうしてバラして手入れすると、なんだか愛着が湧いてきたりするのですが、使わないで置いておくのはマシンが可愛そうかなと。

 

活躍できる場所で頑張って欲しい、そんな想いを持ちながら、最後の別れを惜しむようにそのミルの刃を綺麗にしております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

ミルでも変わるコーヒーの味わい

 

コーヒーミルでもいろんな種類がありますよね、手挽きミルから電動ミル。
同じ電動ミルでも、メーカーの違い、刃の形状の違い、外見の違い、もうそれぞれです。

 

手挽きミルと電動ミルは、その源が人間か電気か、力の源に違いがあるので、チカラが均一にかかっているか、だとかそんなところでも、味わいに違いをもたらすものがあったりするのですね。

 

コーヒーって本当に奥が深いです。

 

今回はミルによって、味わいの違いがあることを書いておりますが、違いがいっぱいありすぎるので、電動ミルの刃の形状によって変わることを書きたいと思います。

 

知ってましたか、刃の形状によっても味わいが変わるんですよ。

 

電動のミルの場合の多くは(プロペラタイプは今回除外しますね)、二枚の刃によってコーヒー豆を粉にします。
一つの刃が回転して、もう一つの刃が固定されています。

 

その二枚の刃の隙間を調整することで、粉の挽き目、細挽きだとか粗挽きだとかが決まります。
その隙間が少ないと細挽きに、多くなれば粗挽きになる、というシステムです。

 

カット刃と臼歯

 

ミルの刃を刃と書くのか歯と書くのか、正確なところはわかりませんが、臼歯は確か歯と書いたと記憶しているのですね、混同しておりますが、そのまま続けていきます。

 

カット刃は写真のような刃になり、エスプレッソ用などの粉にするときに向いている、とメーカーさんが説明しております。

 

 

 

僕は個人的にこの刃で挽いた粉の味わいが好きなので、手元にあるミルの刃はすべてこのタイプです。
ドリップ用にも使っております。

 

全ての違いを書くと、ブログでは書ききれないので、なぜ僕はそのカット刃を使うのかというとですね、味わいが明るい感じになるのですね。
僕の焙煎で作るコーヒーの味わいに、一番相性が良い、そう想っております。
臼歯とは、写真がないので言葉で説明すると、台形のカタチをした歯がいくつも並んでいて、ドリップ用などの中挽きにその力を発揮するタイプなのですね。

 

他にはコニカル刃とか、いろいろあるのですが、僕はカット刃で粉にしたときの味わいが好きですので、結局ミルを選ぶのもどういう味わいにしたいか、というのが大事ということになります。

 

今回は書いているうちに話が湾曲しているようにも感じておりますが(笑)プロがどんな理由でどのミルを使っているのか、そんなお話になりました。

 

ミルが違うことで味わいも変わること、覚えてもらえたら嬉しいです。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

天然のコーヒーの甘みって、なんだ!

プロローグ 大阪は梅雨明けし、夏本番に入りました。 今年は暑い夏になると聞いております、体調管理

記事を読む

いぶし銀になるまで

新聞で取り沙汰になっている出来事を あんましあーだこーだ言わないのが 僕の日記なんだけども この事件

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

ブレンドコーヒーの味わいは、どこに目を向けるともっと楽しくなるか

ブレンドコーヒーと言えば、皆さん何を想像しますか? いろんなコーヒー豆を混ぜ合わせているコーヒーで

記事を読む

コーヒー豆はぱくぱく食べられるのか?

プロローグ 今日は岡町本店からこんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 岡町本店はコーヒー

記事を読む

ドリップポットは軽いタイプが良い

今晩から数日にかけて、高槻店の焙煎機内部の掃除をします。 メンテナンスですね。  

記事を読む

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきま

記事を読む

昔のコーヒーはほんと美味しかった、ってホント?

プロローグ 昔のコーヒーは美味しかったって、言われても昔のコーヒーを飲んだことがないと、それはわか

記事を読む

no image

手作りパン 手作り焼き菓子 or?

  まだ計画の段階ですが しまこーひーの手づくり製パン製菓部 少しずつゆっくりと歩を進め動

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

大事なイベントでどう? こんな風呂敷ギフトできるんですYO!

先ほど「喫茶たんぽぽ」さんで働くA君が御来店。 A君は僕のことを師匠

ミルでも変わるコーヒーの味わい

使わなくなった1台のミルの手入れをしています。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑