*

娘に教えた、速くなる走り方のコツ

公開日: : 日記

実は僕、こう見えてってどう見えるのかは知りませんが(笑)、30歳を過ぎてからですが、70キロウルトラマラソンを完走したことあるのですね。

 

中学時代は陸上部で長距離、その当時は1500メートル走を4分38秒がベストだったはず。

 

走り屋だったんです。

 

この話、みんなにもうちょっと早くしておいたら、もっとお役立ち記事になったのに。
もうすでに運動会も終わった方、まだとしても今年のそれまでにもう間に合わないお話ですが、昨晩、娘に速く走る方法を教えてと聞かれたので、教えたことをここに書きますね。

 

ご自身やお子さんの指導に、もしこれが使えそうなら使って下さい。
短距離にも応用できますが、どちらかというと長距離走に適しています。

 

今回はコーヒーには全然関係ありません、たまにはね。(笑)
速く走りたい方は参考にしてください。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

身体をねじらない、東洋の考えです

 

皆さんは走るとき、右手が前の時、右足はどの位置にありますか?
だいたいは後ろになっていると思います。

 

右手が前になれば、左足が前にきていますね、つまり身体はねじれている状態にあります。

 

まっすぐ走る時、両足の中心に位置に一本の線の上をイメージ、右足、次に左足とその線に沿って走って行く感じですよね。

 

僕が娘に教えたのは、この走り方ではなく、右手が前の時に右足も前、左手が前の時は左足も前、1本線ではなく、右は右、左は左のそれぞれの線上に沿って走っていく、二軸走法というやりかたです。

 

相撲の「つっぱり」を見てください、右手で突っ張ると同時に右足を出しています。
このイメージです。

 

ボクシングなどは、右利きの場合、右ストレートを放つとき、左足が前に来て、身体がねじれていますが、相撲の「つっぱり」の場合は身体はねじれません。

 

ねじらせないのポイント

 

今のように自動車がなかった昔、手紙などは飛脚と呼ばれる走り屋が、文字通り飛ぶように走って、遠い遠い先様まで走ってそれを持っていったわけです。

 

二軸走法は別名「忍者走り」とも言われ、長い距離を走るには有効な走り方だったです。
それは、なぜか。

 

身体をねじらないので体力の消耗が少ない、僕が実際にこの走法を取り入れて思ったことはそれでした。

 

但し、走っている姿の見た目が、ちょっとダサイなぁというのはありますが・・・。(笑)

 

すぐに出来ないので、意識して右手右足、右手右足、と片方が揃うように(片方が揃えばもう片方は自動的に
揃うので)意識して走ってみてください。

 

右足は右足のある位置からまっすぐ伸ばしたライン、同じく左足も左足のある位置からまっすぐ伸ばしたライン
、そのラインに足を置いていくように走り、手も足と合わせて前にだし、身体をねじらず走るという感じです。

 

慣れてきたら、これを短距離でもやってみると良い感じになると思います。
加速が良くなり、速く走れました。

 

すぐにモノには出来ないので、毎日走るときにちょっと意識してください。

 

特に昨今はマラソンブームですので、マラソンをされている方は一度是非試してみてください。

 

娘にゆっくりと教えてあげようと思っている、速く走るコツのお話でした。

 

それでは。(現在はマラソン、いやジョギングすらしてない状態です、復活はいつ?笑)

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト島規之です。

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

悩みの負担を軽減する考え方

先日 お客様に褒められました というのも 僕がコーヒーの味の調整で迷って そして悩んでいること

記事を読む

楽しい気持ちは伝播して、良い結果を生み出す

プロローグ 僕はおかげ様でコーヒーのことという、好きなことを仕事にさせて頂き、趣味なのか仕事なのか

記事を読む

思い入れの1曲 影響を受けたアーティストは誰ですか?

今回はコーヒーのことや経営ことなどからは、たまには全く関係ないことを。   家

記事を読む

サービスって、実はさりげないもの

プロローグ 島珈琲は コーヒーを通じて人の幸せに貢献すること コーヒーを通じて暮らしの

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

お店のBGMを考える BGMの目的は?

昨日はお休みで、午後からは実家に遊びに行きました。 娘はおじいちゃん、おばあちゃんが大好き。

記事を読む

今日も笑顔で

僕の仕事の流れは 早いときは6時半くらいからお店に来て オープン前の準備しながら焙煎 焙煎が終わる

記事を読む

布団の中で「自分らしさ」を考えた

昨日は鈴鹿サーキットでセミナーを受けるはずでしたが でしたが なんとまさかの体調不良を起こし

記事を読む

自分らしく生きるって何?

プロローグ 昨晩、お風呂の中でまた考えてしまった。 「自分らしく生きるってなんだろ?」これは禅問

記事を読む

ミスドもケンタも僕が少年の頃は御馳走だった

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   風邪の具合も良好に向かい少しづつ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっ

なぜ島珈琲はコーヒー教室をしないのか

本日、5月20日はお休みですが、8時からカフェBeにあるエスプレッソマ

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒー

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一

コーヒーは水でも変わる

さて、今週から高槻店の喫茶コーナーは、6席から現在4席に変更になりまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑