*

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

公開日: : 焙煎アーティスト

日曜日は岡町本店へ。
僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻店で道具や荷物を積み、それから途中カフェBeによって、事務仕事をしたあと、豊中市にある岡町本店へ到着。

 

荷物を下ろし、開店できる準備をして、一旦車を実家へ置きに。
実家がすぐ近くなので、両親と毎週必ず1回は顔をあわせております。

 

他愛のない会話するだけですが、元気な様子を確認しております。

 

日曜日だけが営業のお店、岡町本店。
現在、本店とは名ばかりになっておりますが、僕のスタートはここからでした。

 

2002年に開業。

 

資料をペラペラッとめくっていると懐かしいパンフレットが目に付いたので、今回はそのお話を。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

スタートは1キロの焙煎機だった

 

現在では岡町本店と高槻店とに、5キロの焙煎機を各店舗に設置しております。
5キロというのは1回の焙煎で最大5キロの量が焙煎できますよ、という数字です。

 

ですが、内容の8割くらいの量までが綺麗に焙煎出来る量と、僕自身は確認しておりますので、5キロですが4キロが1回に焙煎できる最大の量となります。

 

それよりも小さい焙煎機がありまして、岡町本店でのスタートは1キロの焙煎機でのスタートでした。

 

 

 

当初は全然コーヒー豆が売れなくて、売れなくて、でもいつか5キロの焙煎機をここに置くんだ、と希望を持って毎日を過ごしておりました。

 

今でも思い出すのが、オープン前日。
心に余裕のない僕でしたが、オープン準備もなんとかギリギリに間に合い、お店のセッティングも終え、コーヒー豆の焙煎をしていました。

 

でも疲れていたのか、それとも気がそれてしまったのか、焙煎度合いがすごい深煎りになってしまい、そのコーヒー豆に火が付き、燃えだしてしまったのです。

 

あわてて消化しましたが

 

コーヒー豆を焙煎すると浅煎り(浅焙煎)→中煎り(中焙煎)→深煎り(深焙煎)の順番で、焙煎が進行していくのですが、超深煎りを超えて焙煎を続けると、豆が燃えだしてしまうのですね。

 

はじめてでびっくりしました。
慌てて水で消化したのですが、実は空気の流れを遮断して釜の中で放っておけば、火の付いたコーヒー豆は鎮火するのですね。

 

それを知らず、僕は釜の中に水を入れてしまったのです。
幸い、鉄がゆがんだりすることはなかったですが、当時はオープン前日ということもあって、非常に落ち込んだのと、なんとなく絶望感に近い不安に一気に襲われたことを、今も鮮明に思い出すことができます。

 

そんなとんでもない失敗もした、1キロの焙煎機。
開業してから2年目で無理矢理ローンを組ませてもらい、2代目は5キロの焙煎機を設置し、その時お別れしました。

 

パンフレットを見て、そんな淡い思い出がふっと蘇り瞼裏にあらわれました。
なんだかありがとうって気持ちになったんですね。

 

ここまで来られたのは、いろんな感謝ごとがあったからこそ。
あれから16年、まだまだ失敗の連続の僕。

 

時々、自分の原点を思い出すものがあることにも感謝。
あの時の気持ちを思い出して、そしてそっとあの時の思いなどの原点を確認しておりました。

 

感謝です。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

成功するまではただの変人

明日は祝日ですが月曜日ですので、高槻店、岡町本店は日曜日だけの営業ですので、両店とも定休日となります

記事を読む

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。    

記事を読む

中煎りとか深煎りは つまり 焙煎時間の差

プロローグ 「人生はチャンスだ!」この言葉好きです 人生そのものがチャンスなんですよね 限られた時

記事を読む

技術がモノになるとき

島珈琲高槻店は、2012年11月21日にオープン。 高槻店にも新調した焙煎機を設置。  

記事を読む

ご存じですか?コーヒーには偽物の苦味があることを

昨晩は、障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクトの個人的なミーティングでした。 &nbs

記事を読む

コーヒー豆の焦げってなんだ

さて今回は、コーヒー豆の焦げについてのお話です。 コーヒー豆って焦げるのか!と思われたかと思います。

記事を読む

焙煎は頭の中で温度と時間のグラフを描きながら行っているのです

写真左にある数字は、焙煎機の釜内にある温度センサーの数字で、そのセンサーが豆に触れる位置にあるので、

記事を読む

焙煎度合いの違うコーヒー豆のブレンド なぜしない?

最近、眠れない。 と言っても、深刻な悩みを抱えているわけでもなく、いや、まぁ、その経営における悩みは

記事を読む

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた。   土曜日に牛乳

記事を読む

その生き方を人のせいにしゃちゃダメだ

エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースも無事に終わり、新幹線でこのブログを書

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
隠しブレンド鱗雲あらわる

昨日はお休みでしたが、高槻店で前から雨漏りがあった箇所あり、13時から

賢く振る舞おうとしない

本日はお休みですが、13時より高槻店の雨漏り修繕工事の打ち合わせがあり

帰ったらすぐ冷凍庫!袋の口を閉じているだけです

日曜日は日曜日だけが営業のお店、岡町本店へ来て、店頭に立ち焙煎、営業を

焙煎は頭の中で温度と時間のグラフを描きながら行っているのです

写真左にある数字は、焙煎機の釜内にある温度センサーの数字で、そのセンサ

お盆期間中のコーヒー豆のストックもバッチリです

今朝、お店に来ると、あれっおかしいなと思うことが。 物置においてある物

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑