*

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

公開日: : 焙煎アーティスト

日曜日は岡町本店へ。
僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻店で道具や荷物を積み、それから途中カフェBeによって、事務仕事をしたあと、豊中市にある岡町本店へ到着。

 

荷物を下ろし、開店できる準備をして、一旦車を実家へ置きに。
実家がすぐ近くなので、両親と毎週必ず1回は顔をあわせております。

 

他愛のない会話するだけですが、元気な様子を確認しております。

 

日曜日だけが営業のお店、岡町本店。
現在、本店とは名ばかりになっておりますが、僕のスタートはここからでした。

 

2002年に開業。

 

資料をペラペラッとめくっていると懐かしいパンフレットが目に付いたので、今回はそのお話を。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

スタートは1キロの焙煎機だった

 

現在では岡町本店と高槻店とに、5キロの焙煎機を各店舗に設置しております。
5キロというのは1回の焙煎で最大5キロの量が焙煎できますよ、という数字です。

 

ですが、内容の8割くらいの量までが綺麗に焙煎出来る量と、僕自身は確認しておりますので、5キロですが4キロが1回に焙煎できる最大の量となります。

 

それよりも小さい焙煎機がありまして、岡町本店でのスタートは1キロの焙煎機でのスタートでした。

 

 

 

当初は全然コーヒー豆が売れなくて、売れなくて、でもいつか5キロの焙煎機をここに置くんだ、と希望を持って毎日を過ごしておりました。

 

今でも思い出すのが、オープン前日。
心に余裕のない僕でしたが、オープン準備もなんとかギリギリに間に合い、お店のセッティングも終え、コーヒー豆の焙煎をしていました。

 

でも疲れていたのか、それとも気がそれてしまったのか、焙煎度合いがすごい深煎りになってしまい、そのコーヒー豆に火が付き、燃えだしてしまったのです。

 

あわてて消化しましたが

 

コーヒー豆を焙煎すると浅煎り(浅焙煎)→中煎り(中焙煎)→深煎り(深焙煎)の順番で、焙煎が進行していくのですが、超深煎りを超えて焙煎を続けると、豆が燃えだしてしまうのですね。

 

はじめてでびっくりしました。
慌てて水で消化したのですが、実は空気の流れを遮断して釜の中で放っておけば、火の付いたコーヒー豆は鎮火するのですね。

 

それを知らず、僕は釜の中に水を入れてしまったのです。
幸い、鉄がゆがんだりすることはなかったですが、当時はオープン前日ということもあって、非常に落ち込んだのと、なんとなく絶望感に近い不安に一気に襲われたことを、今も鮮明に思い出すことができます。

 

そんなとんでもない失敗もした、1キロの焙煎機。
開業してから2年目で無理矢理ローンを組ませてもらい、2代目は5キロの焙煎機を設置し、その時お別れしました。

 

パンフレットを見て、そんな淡い思い出がふっと蘇り瞼裏にあらわれました。
なんだかありがとうって気持ちになったんですね。

 

ここまで来られたのは、いろんな感謝ごとがあったからこそ。
あれから16年、まだまだ失敗の連続の僕。

 

時々、自分の原点を思い出すものがあることにも感謝。
あの時の気持ちを思い出して、そしてそっとあの時の思いなどの原点を確認しておりました。

 

感謝です。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をしていて面白いなと思うことは、自分

記事を読む

マグカップでコーヒーを楽しもう

プロローグ 日曜日はコーヒー豆の量り売り(すぐ粉にします!)のみのお店 そして日曜日だけ営業のお店

記事を読む

変化を望むときは、思い切りが大事

昨日、このような告知をさせて頂きました。   消費税負担のお願い(実施時期 2

記事を読む

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

道具はいつもピカピカに 道具は職人の魂ですからね

プロローグ お客さまや機械関係の方によく言われます。「島さん、いつもマシンをピカピカにしてはるね~

記事を読む

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

20年選手の僕だって焙煎に失敗することがある

昨日は東京からPansonicの荒川さんが御来店。    

記事を読む

たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見たい映画を姉とかわりばんこで観て

記事を読む

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がなかったので、そのまま家路につき

記事を読む

物事の効率を上げるには?

僕が高校卒業して就職したのは、中国料理店だったことはこのブログで何度となく書きました。 主にホール

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑