*

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあったときは同じ文章でも躍動感があったり、心に何かが引っかかっている時は、なんかどんよりした文章になったりすることが過去にあったり。

 

毎日の様にしている作業って、自分の気持ちとも向き合わないといけませんよね。
今は書いているこの時、どちらかというと、ちょっと気持ちがダウンしております。

 

島珈琲の法人の手続きがややこしくてまいってます。
みんなこんな大変なことをしているんだぁと、感心もしておりますが、ややこし過ぎて心が折れてしまいそうです。(笑)

 

だけど一番大事なのは、こういう落ち込み気味の時でも、平常心を保って文章を書けるかどうかだと、自分は思っております。

 

過ぎてしまえばどうってことないことでも、その最中の心の振れ幅は大きいもの。
こんな時こそ平常心に。

 

無理矢理プラス思考にしなくてもいいと思っておりますが、平常心に持っていくことは大事だと思っております。
それはコーヒー焙煎の時もそう、平常心に。

 

それがプロ。
歳を重ねて、やっとその平常心が保てるようになってきました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コーヒー豆の大きさと美味しさの関係とは

 

コーヒー豆を販売しているお店で、陳列しているコーヒーを眺めていると、コーヒー豆の大きさの違いに気づくでしょうか。

 

そうなんですね、コーヒー豆にもサイズがありまして、サイズによっての等級も定められています。
国によっていろいろと呼び名の違いがあります。

 

例えばタンザニアとかケニアはAAとかABとか。
AAが一番大きいことを表しています。

 

コロンビアだとスプレモとエキセルソ。
スプレモのほうが大きいです。

 

ブラジルでの大きさは#で表記されており、それをスクリーンと呼びます。
スクリーン19が一番大きく、数字が小さくなるつれて小さくなり、知っている限りでは14くらいまでですが、スクリーン14は一般的にあまり流通してないかと。

 

まだいろいろありますが、こんな感じでですね、生産国ではコーヒー豆の大きさが分かるように表記されていて、そしてサイズ分けがされております。

 

この辺も知れば知るほどいろいろあるので、面白いところでもあります。

 

大きいから美味しい、とは限らない

 

大きさも取引の上ではひとつの価値とされておりますが、だからといって大きいから必ず美味しいとは限りません。

 

大きさは一つの目安であって、美味しさとはまた別になります。
そうすると、なぜ大きさが価値になるのかというと、ひとつは見た目ですね。

 

コーヒー豆が並んでいるところで、大きくぷりっとしていれば見た目も良い、というところがあります。
ですが、近年は価値の転換があり、コーヒー豆の大きさはそんなに気にされていない様に感じております。

かくいう、僕自身もあまり気にしておりません。

 

コーヒーの味わいを点数で評価するのがメジャーになり、大きさよりもその味わいの点数の方が大事とされている傾向が強く、大きさをそれほど重要としない、そんな傾向が見られると僕は感じております。

 

コーヒー豆は食べるわけではなく、盛りつけがあるわけでもないので、そういう意味では大きさよりも「中身」が大事、という傾向になっている、ということですね。

 

全体の収穫量からいうと大きいコーヒー豆の生産量は少ないので、それは価値にはなりますが、美味しさとはまた違う価値である、ということになります。

 

コーヒーはほんとうにいろいろありますよね。
でも見た目、大きくてぷりっとしていると美味しそうにみえますよね。

 

そんなコーヒー豆と大きさの美味しさの関係についてのお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

グァテマラいろいろ祭り ザ・ファイナル

11月の末頃から年末に向けて用意した、3種類のグァテマラが、最後の3銘柄目に入りました。 あっという

記事を読む

焼きました!

 無添加コーヒーシロップ用(カフェオレベース)38キロの焙煎豆です ただでさえ4坪と狭

記事を読む

コーヒーに流行りはあるの?

昨日はお休みでした。 日曜日は岡町本店で、他の日は高槻店に居てますーと言うと、あらお休みなくて大変

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

お店における、ブレンドの立場とはなんでしょうか?

エピローグ コーヒーのブレンドとはそもそも何なのか? 例えばブラジルだけでは甘みが足りない、その

記事を読む

教えて!おうちでコーヒーミルを使うときの注意点

先日、お客さんから相談がありました。   島珈琲でコーヒー豆を挽いてもらったも

記事を読む

ナイス!島珈琲

 今日は「ナイス!島珈琲」の一員のご紹介です 島珈琲は 「コーノ式円錐ドリッパー」でのペー

記事を読む

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ 今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになって

記事を読む

続 ナイス!島珈琲!

 ということで 続編です 続編の今日は ナイス!島珈琲!の一員である メリタ社コーヒーメー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑