*

排気温度200℃超

公開日: : coffee, 焙煎アーティスト

本日、5月15日月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日で、僕自身のお休みです。

 

今日は車屋さんに行って、そしてヤマハのバイクショップYSP門真さんへ行って帰ってきたら、そして娘が林間に行くのでそのおやつを家族でイオンで行って、晩はクルクルたこ焼きパーティという予定となっています。

 

1週間、僕の愛車YAMAHA NMAX125をYSP門真さんへ預けまして整備してもらいます。
その1週間は代車をお借りして過ごしますが、愛車との1週間の別れ、ちょっと寂しいですね。笑

 

違う車種で楽しみながら、通勤・配達しますね。

 

さて下写真は、岡町本店の焙煎機の一部、排気温度を計る温度計です。
本内容に関係なく、そして見にくいですが、ステンレス部分が焼けていてものすごくいい感じの色になっています。

 

岡町本店の焙煎機は使用して15年目となっており、修理は幾度かありましたが、丈夫で快調に稼働してくれています。

 

 

半熱風という方式

 

岡町本店の焙煎機は、半熱風と呼ばれるタイプで、シリンダーは2重の鉄板で作られており、鉄板と鉄板の間に中空となって二重シリンダーと呼ばれる釜を装着しております。

 

バーナーがシリンダーに与える熱と、シリンダーの後部から熱風が入るその熱風と2つの熱で、コーヒー豆を焙り焙煎を進めていく、という風になっています。

 

簡単に言うと炒めながら熱風をあてて、焙煎するというところでしょうか。
温度計が示すように、熱風は200℃超(排気温度)となっており、高温の熱風がシリンダー(釜)の中を通過しています。

 

コーヒー焙煎の理想は、熱風だけで焙煎ができれば理想の味わいが出来る、と教えてもらい、僕もそれを理解しました。
ただそうなるとお店に設置する小型のタイプでは、大きくなりすぎて不向きになるのと装置が高額になって、現実的ではないかなぁという感じです。

 

焙煎機のシリンダーには、攪拌する羽根が付いていて、コーヒー豆が焦げないようにその羽根で攪拌しながら焙煎するのですが、その羽根にあたる時に羽根からの伝導熱もあり、焙煎の師匠から聞いたのは、熱風の力で焙煎し、シリンダーとかにも触れず熱風だけの熱伝導と攪拌ができたら理想だと教えてもらいました。

 

熱風のハリケーンを作って、そこで焙煎をする感じですね。

 

焙煎は奥が深い

 

単純と言えば単純だけど、単純が故にシンプルが故に、奥が深いというか、誤魔化しがきかないからでしょうか。
ただコーヒー豆を煎る、だけだというのに、こうしたいろんなことがあって、味わいをどう引き出すか表現するかを考え出すと、ほんとに尽きないのですね。

 

だから面白い、だと思います。

 

一生かけて向き合い、その年、その年の原料とも向き合って、どんな味わいを作って喜んでもらうか、そこに情熱をつぎ込んでいきたい、と温度計の写真を見て考えていたこと書きました。

 

今回はちょっとマニアックな記事となりましたね。
それでは、本日のお休み楽しみますね。
皆さんもどうぞ良い1日を!

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。 年中さんで、今日から幼稚園がスタート。  

記事を読む

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ

ドリップコーヒーを美味しく入れたい ドリップコーヒーの味がいつも同じでない 安定しない ドリップコー

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

いつもの豆が切れた!プロはどんなふうに同じ味わいを作るのか

コーヒー豆はご存じの通り、植物のタネです。   豆と言っていますが、それは「コ

記事を読む

決まる!サンプルから選出されたグァテマラコーヒー

8月は娘と僕の誕生日月、そのお祝いということで昨晩、カミさんが焼肉をご馳走してくれました。 18時過

記事を読む

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせでした。  

記事を読む

エスプレッソマシンの豆はアイスコーヒー用です

詳しいところまでわかりません、というのが前提でお客さんに聞いたお話ですが、そのお客さんはアメリカから

記事を読む

無糖 無糖 無糖!!

さて 今季2度目のコーヒーシロップ無糖の新ロットが明日到着しますそうです 4倍の牛乳で割るととても美

記事を読む

焙煎機メンテナンスウィークに入ります!

高槻店の焙煎機はだいたい3ヶ月ごとと定期的に、メンテンナスをしています。 各部分もバラして、内部を掃

記事を読む

カフェというよりコーヒー「豆」屋です

毎月一回、店先に置いてある黒板を書き換えています。 僕が原稿を作り、そしてカミさんが書いてくれていま

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
勉強は贅沢だ (4932)

昨日はお休みで、偶然にも月曜日に娘の授業参観がありまして行ってきました

自分の中にある人生のテーマ (4931)

月曜日は僕のお休みです。   岡町本店は日曜日だけが営業日の

コロンビアコーヒーの奥行き (4930)

本日、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店に来まして

力が湧く理由は誰かのため (4929)

本日は発送が沢山あり、カミさんとバタバタしております。  

偉人の言葉に毎日触れて (4928)

次の月曜日のお休み、なんと午後から娘の授業参観があるんです。 &nbs

→もっと見る

PAGE TOP ↑