*

コーヒーの粉、どうしてお店によって挽き目が違うの?

公開日: : coffee ,

島珈琲の法人なりの各種変更手続き、屋上倉庫を借りて屋上への荷物の運搬、日常の業務、障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクト、娘と遊ぶこと、などなど、あまりに一気いろんなことを詰め込み過ぎて、ちょっとオーバーヒートするのではないかと思った僕です。

 

ブログを書いている内容も、この数日間はあれやらなこれやらなと、頭パンパンになりながら、そんな時は何か躍動感が足りない文章になって、早く通常の僕の心に戻さなければ、と焦りつつも時間が解決することも知っており、時が過ぎつつ、今なんとか落ち着いてきたように思っております。

 

若くないなぁ、なんて思ったり。
のれんのような柳のような、なんというか老獪なテクニックをもっと使っていけるようにならないと、などとしみじみ思いながら。
って、こんな話はどうでもよかったですね。

 

さて本題へ。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

コーヒーの粉、どうしてお店によって挽き目が違うの?

 

お店で粉にして購入した場合、お店によってあれ挽き方ちょっと違うよね、って思った方おられませんか?
先日、お店に来られたお客さんがそんなことをお聞きになられたので、こんなふうに説明しました。

 

コーヒー豆屋によって焙煎で作るコーヒーの味わいも違えば、コーヒー豆を粉砕するコーヒーミルのマシンも違います。
そうした違いの中、各々の味わいを調整していくので、そのお店がこの焙煎にはこの挽き方がベスト、という式がお店によって違うわけなんです。

 

ペーパー用に粉にする場合でも、お店によってやや細かかったり、じゃっかん粗かったり、それぞれに違うから余計にコーヒーが難しいものと思われてしまうますが、味作りはお店によって異なるので、挽き方もそのお店のベストにあわせたものとなる、と理解してもらえばよいかと思います、と。

 

こんな感じに説明しました。

 

コーヒーミル(コーヒーグラインダー)による違いが大きい

 

焙煎する人の焙煎での味作りも挽き方への影響はありますが、どっちかいうとコーヒーミル=コーヒーグラインダーのメーカーや機種の違いもかなり影響が大きいです。

 

例えば高槻店はドイツ製のマールクニック社製のコーヒーグラインダーを使っております。
写真の位置、11番がペーパー用の中挽き、その位置が真ん中ではないのですね。

 

 

 

 

向かって真ん中よりもかなり右側、粗く挽く方に目盛りの位置にしているのですが、一番粗い13番で粉にしてもわりと細かい粉になるのですね。(向かって左端が1番で超細挽きになる位置です)

 

ドイツなど欧州は細挽きが中心みたいで、粗挽きに関してはあまり使ってない感じを受けております。
なので、粗挽きへの粉の調整があまりできないようになっている様です。

 

日本のコーヒーミルの場合は、その挽き方の幅はわりと大きくあるですが、でもどちらというとその逆で粗く挽く目盛りが欧州のモノと比べ幅がある、というようになっています。

 

欧州の一般的な好み、と日本人の一般的な好み、それらを考えて挽き方の目盛りの幅も考えられてコーヒーミルが作られている、と思っております。

 

そうしたことから、お店によってコーヒーの粉の挽き方がそれぞれに違うのは、国産や海外のものの違いも含めて「お店にあるコーヒーミルが違うから」ということが、挽き具合に若干の差を生んでいる、ということになります。

 

知っていてもそんなに得することじゃないですが、違いはそうしたところから生まれていることを知っていれば、お店による違いは個性の違いと理解できるかと思います。

 

なんだ個性か、なら違って当たり前、なのですね。

 

そんなコーヒーの粉、どうしてお店によって挽き目が違うの?のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ 前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコー

記事を読む

コーヒーの香りを引き出す技術とは!?

プロローグ 昨日 午前中は歯医者で痛い思いをし(笑)、その後 娘と公園で遊びました。公園には花がい

記事を読む

コーヒーをドリップするのに時間はどれくらいがよいのかな

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんのTANPAN COFFEEは昨日締め切られ3日間で沢山のオ

記事を読む

バラすぞー

 昨晩は高槻店の焙煎機  誠 号 をバラして掃除をしましたステンレスシリンダーのコーヒーの

記事を読む

今日の記事はあなたのためだけに

今日は僕にとって とてもうれしい日です それは なんでしょうか? こんにちは 今日の大阪のお天気は荒

記事を読む

島さんが一番好きな抽出器具はなんですか?

昨晩は家に早く帰れる日でしたので、高槻店が閉店時間にくるとささっと後片づけをして、富田にあるエビフラ

記事を読む

エスプレッソのお湯割りって知ってる?

先日のお休みに、娘の自転車の練習をしました。 娘は今まで「こまあり」の自転車に乗っていて、それを取

記事を読む

あの芸能人は深い「愛」を持った方だった

今日は急ぎの案件があって、昨日のあの芸能人と行く東京コーヒーツアーの詳細を書きたかったのですが、改め

記事を読む

おうちではコーヒーメーカーです

本日、1月4日から高槻店は通常営業に切り替わります。 10時オープン、喫茶コーナーは12時スタート、

記事を読む

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなく

BGMを川のせせらぎにして

昨日はお休みでしたが、半日を焙煎機のメンテナンスの時間にあて、焙煎機を

思いきることで成績が変わることがある

基本的に人は変化を嫌うものだと思うのです。 今まで使い慣れたものが、違

音を感じろ

なんだ唐突に! のタイトルですが、耳をたて音を聞く、音を読むってモノを

ドリップバッグはちょっと漬けると濃い味に

金曜日はカミさんのお休みの日です。 昨日は、休みを利用してカットに行か

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑