*

ハンドドリップの「蒸らし」は何のため?

家族旅行から帰ってから、待っていてくれたかのように通販のご注文が相次ぎ、てんやわんやの僕です。
ありがたいです、ほんとうに。

 

フェイスブックやツイッターやインスタグラム、時間があるときはお友達の投稿を楽しみに拝見しているのですが、この2日間はまったくその余裕がないくらいです。

 

以前は早く仕事を片づけないと、と焦燥感に駆られていましたが、今はとにかく出来ることを落ち着いてやろう、と年の功でしょうか、ぼちぼちできるようになりました。

 

落ち着いている方がお客さんにとっても、目に良く映りますからね。

 

ということで、いつも午前中に書き終えるブログも午後に、今16時をまわったところです。
焦ったら焦った文章になるのでね、ここでも落ち着いてブログを書いていきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

蒸らしって何?

ペーパードリップの際、ドリッパーにペーパーをセットして粉をセットしますね。
そしてお湯を注ぐわけですが、1湯目、粉を軽く湿らせ下に1滴か2滴あるいはそれが落ちないくらいに、粉全体を湿らすように、お湯を注ぎ30秒くらい待つ、これを蒸らしと呼んでいます。

 

写真のような感じですね。

 

 

 

この写真の様にハンバーグみたいに膨らむのは、テクニックだと思っている方が結構多いようですが、これはテクニックではなく、鮮度です。

 

コーヒー豆の鮮度によってこの膨らみがあるのですね。

 

鮮度が良くても粉にして置いておくと、この力は弱まります。
鮮度の良いコーヒー豆を挽いてすぐにドリップする、そうするとこのハンバーグ状になるのですね。

 

テクニックではありませんからね。

 

蒸らしは何のため?

蒸らし、蒸らし、と呼ばれていますが、正確には予備湿潤と言うそうです。

 

粒子組織が弛められてほどよく開きまた微粉も膨張して粒子間隙を満たし、均質な沪過床が形成される。

序説 珈琲学 農学博士 友田五郎著 光琳 P.72より抜粋

 

僕が参考している本から抜粋しました。

 

 

ちょっとコーヒーの本を紹介しておいて、本題に戻ります。

 

引用した文は難しい表現で書いておりますが、要は粉を少し湿らせて、コーヒー豆の繊維質を開き、良い成分、美味しいところを引き出すための、いわば準備体操そんな感じですね。

 

美味しい成分を十分に抽出するための、準備みたいなものですね。

 

一度この蒸らしをする、しない、の味の飲み比べなんかしてみると蒸らしの意味がわかるかもしれませんね。

今回はそんな「蒸らし」のお話でした。

 

 

 

よろしければ、2年前にハンドドリップの動画を作りましたので、参考にしてみてくださいね。
約8分くらいの動画です。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

水だしコーヒーパックで美味しい水だしコーヒーを作ってみた

プロローグ 今日はアイスコーヒー塾の開催日です。準備も万端。アイスコーヒーの飲み比べを中心に、アイ

記事を読む

「ブレンド花」が超美味しくなったというお知らせ

昨日はお休み。 午前中は買い物に行ったり、近所の散髪屋さんに行ったり、ユニクロで下着を買ったり、す

記事を読む

コーヒーとタバコはなぜあうのか?を考えた

実は僕が昔、タバコを吸っていた、ということを知っている人はそう多くないと思います。  

記事を読む

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

コーヒーシロップの美味しさはブレンドにもあり

昨日、高槻店の入るビルの3階から1階まで、倉庫に移動する荷物のいくつかを降ろしました。 結構な大物の

記事を読む

マグカップでコーヒーを楽しむ時 (4853)

本日は日曜日ですので、日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店に来まして10時より営業を開始し

記事を読む

蒸らしを終わらせるタイミング

今週ですね、9月13日木曜日、9月14日金曜日はマーケティングの勉強をするために、高槻店は臨時休業い

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

コーヒーの抽出器具の手入れ洗い方はこうすると良い

プロローグ 昨日、朝日新聞の朝刊の大阪地域版に島珈琲を紹介した記事が載りました。  

記事を読む

焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり得意ではないから、かなぁ。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
悩むマンデリン (4939)

昨日は高槻店の焙煎機のメンテナンスを完了させました。   思

特にカーブは汚れが溜まりやすい (4938)

今日は7時に起きて家族で朝食を取ってから、すぐに高槻店へ。  

選択のマンデリン (4937)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に朝は7時過ぎに到着し

グァテマラが新しい銘柄になります (4936)

昨晩は高槻店の業務終了後に、煙突掃除をしました。   ワイヤ

3Dセキュアを導入します! (4935)

昨日も沢山の発送がありました。   感謝感謝です。 &nbs

→もっと見る

PAGE TOP ↑