*

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今、僕は真田太平記を読んでいます。
12巻あるうちの6巻を終了し、7巻に入ったところ。

 

マーケティングの師匠、藤村正宏先生に勧めてもらったのがきっかけです。
時は戦国時代、武田勝頼が長篠の戦いで織田信長・徳川家康連合軍に敗れたところあたりから、話は始まっていきます。

 

僕は戦国時代の小説が大好き。
12巻あるということで、読むのも長丁場になりますが、この時期のちょっとお商売の流れがゆるむので、これを機会ととらえて一気に読んでいます。

 

面白いですね。

 

本を読むと、ブログなどの文を書くスキルも同時にアップしていくので、一石二鳥かな(笑)
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今回はちょっとした技術的なコツのお話を。
と、言っても難しいことではありませんので、大丈夫ですよ。

 

前回のブログで書こうと思っていたことなんですが、うっかり忘れていました。
なので、今回独立して説明していきますね。

 

アイスコーヒーは冷やして飲むものです。
ドリップはお湯を使って抽出するわけですから、出来上がりが熱いですよね。

 

これを冷ますとき、皆さんはどうされていますか。
僕がおすすめするのは、だらだらと冷やすのではなく、一気に急冷してしまう方法。

 

出来あがった温かいコーヒーを冷ますときに、氷をぎっしり詰めたグラスなどにその温かいコーヒーを、一気に注ぎます。

 

そして冷却すると、シャキッとした味わいで香りも生きている感じがします。
出来上がったコーヒーの入ったサーバーを、ボールに入れたお水にじゃぽんと浸けておき冷ましておくのもよいですが、引き締まった味わいがするのは、急冷の方です。

 

お好みもありますが、一度やってみて比べてみてください。

 

氷を入れて急冷するなら、濃いコーヒーの方が良い

氷を入れて冷ますと、氷が溶けてコーヒーの中で水となり、コーヒーはどうですか?
そうですね、薄まりますよね。

 

それを計算した上で、濃い目のコーヒーをドリップしたいのですが、皆さんはどうされていますか。
僕はホットコーヒーの時と違って、ドリップする時間をより多くとります。

 

すなわち、ゆっくりドリップするということですね。

 

ゆっくりゆっくりすれば、普段と比べると濃いコーヒーが出来上がります。
ゆっくりして落ちたコーヒーが冷めたとしても、アイスコーヒーにするんだからそんな問題はありませんよね。

 

あんまりゆっくりすぎるのも余計な成分がでてあれですが、まぁイライラしない程度でゆっくりとドリップをしてみてください。

 

スキッターという、コーヒーポットの口に装着するハリがねのようなモノを付けると、点滴のようなお湯がドリップできて、なかなかに面白いです。

 

 

 

興味のあるかたは是非、200円くらいだと思います。

 

そんな感じで、前号と今回の内容を照らし合わせてもらえると、アイスコーヒーがより楽しくなると思います。

 

前号はこちら
https://blog1.shima-coffee.com/?p=16044

 

それでは、コーヒーライフお楽しみくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

改めて店舗紹介 なぜならあまり知られてないから 笑

プロローグ 昨日はお休みを頂き 梅田までセミナーを受講してきました マーケティングのセミナーでし

記事を読む

ドリップとドロップ

先日、このブログを読んでくださっているお客さんから、あのコーヒーマシン実は島さんが一番楽しんでますよ

記事を読む

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。 目を通

記事を読む

水出しコーヒーは深煎りしかダメなの?

法人を立ち上げる決心がつきました。 近いうちに島珈琲は、個人店から株式会社になります。 &n

記事を読む

深煎りのコーヒー豆の粒は、中煎りのそれより大きいのはなぜ

焙煎度合いによって、コーヒー豆の粒の大きさは変わります。 同じ条件で、同じ銘柄を中煎り=中焙煎と深煎

記事を読む

豆のままか 粉のするか どっちが多い?

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、豊中岡町本店に来て焙煎そして店頭に立ち営業しております。 いつも

記事を読む

ペーパーフィルターのお役目

僕は昔からバイクが好きで、乗ってない期間もありましたが、やっぱりないと寂しいので現在は125ccのヤ

記事を読む

エスプレッソは深煎りで

昨晩は焙煎機のメンテンナスを。 帰るのが遅くなり、一人でご飯を食べていると娘がテーブルにやってくる。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑