*

お店における、ブレンドの立場とはなんでしょうか?

エピローグ

コーヒーのブレンドとはそもそも何なのか?
例えばブラジルだけでは甘みが足りない、その甘みをコロンビアを混ぜて足そう、そうするとコクが欲しいなぁ、じゃあタンザニアを加え混ぜてみよう、そして整えられたのがブレンドです。

 

ブレンドは今までない味をブレンドによって新しく創造する。つまり新しい味 新世界なのです!って大げさか 笑。

IMG_4329

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ブレンド立場とは?

ずばり「お店の顔」じゃないでしょうか?
ブレンドを作る人をブレンダーといいますが、ブレンダーが何かをイメージし、そして新しい味を頭の中でまたイメージし、試行錯誤を繰り返して配合を決める。

 

ただし、お店でしている以上いろんな条件をクリアーしないといけません。コーヒーは生き物なので当然、同じ農園のものでも年度によって微妙に味が違います。原価があり利益を考え値付けをしないといけないので、良いもの高いモノだけを選んでしまえば高級コーヒーになってしまいます。

 

島珈琲をご利用するお客様が好む、値の付け方をしないといけませんので、原材料費を頭においてブレンドを考えます。

 

味、値段、原材料費、定価、香り、味のバランス、そしてネーミング。ブレンドをつくるのにこんなにも物語があるんですね。

 

ほんとのところは

原料費を考えず、コーヒーのブレンドができたらいいのになぁ と思うのが職人である僕の本音です。
でも、お客様に買ってもらえる価格でないとお店を続けてけません。お店が続けていけなければ元も子もありません。そこでやっぱり生かされるのが焙煎の技術であったり、ブレンドの技術であったりします。

 

高級コーヒーだけをブレンドしてもバランスが伴わないことがあります。ですので高品質高級コーヒーと高品質だけど高級とまではいかないコーヒーを上手くブレンドして、美味しいブレンドコーヒーを僕は作っています。

 

なぜこんなことを書いているのかというと、コーヒーの値の高騰がこのまま緩く継続して行く気配があると感じているからです。
原材料の高騰は僕らじゃコントロールできません。従うしかないのが現状です。

 

今からそれに対して、伏線をはっていかないと厳しい現実が待ち受けているのではないだろうか?
という危機管理からです。

 

島珈琲を愛してくださるお客様に、いつまでも笑顔でいてもらいためにそんなことを考えています

 

エピローグ

なにはともあれ、ブレンドはお店の顔であります。
その顔でお客様の笑顔をたくさんみたいので、ブレンドを更に究めるために日々精進する、焙煎アーティストであった。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒーを作るとき、今まで聞いたことな

記事を読む

マンデリンがニュークロップに変わりました!

先日から、どうも僕のスマホの状態が芳しくない。 着信していても音がならなかったり、お知らせしてくれな

記事を読む

「有り難う」の言葉を見て思ふに

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は漫画カメラで僕を撮った図 いろん

記事を読む

カフェラテってカフェオレと似たようなものですか?

今週は特に大仕事もなく、スローな一週間になりそうです。 月末の仕事も終わらせ、今週は少し身体を休ませ

記事を読む

香る!ドリップでアイスコーヒーを美味しくする「ちょっとしたコツ」

プロローグ 今日はバタバタしていまして、いつものようなしっかりとしたブログを書けそうにないのですが

記事を読む

2年後のその後 売店をしたいなという戯言

つまらないことでイラッとした。 つまらないことでイラッとした自分に、更にイラッとした。 &n

記事を読む

おうちではリーズナブルパック「桜ふぶき」を飲んでいます

通信販売の発送はゆうパックと佐川急便を使い、お客さんのもとへお届けしております。 先日、佐川急便さん

記事を読む

株式会社にして改めて想ふこと

親しくさせてもらっている銀行さんがあります。 出店時の資金や、その後の運転資金の借り入れなどで、お

記事を読む

コーヒー焙煎を、ものつくりを成功させるために、僕がやっていること

ほぼ毎日、こうしてブログを書くことが好きで、仕事の一環としてやっているけども、実は趣味性が高かったり

記事を読む

記憶に残る味

お客様がわざわざ「どうしても飲みたくなって・・・」 と車で1時間ちょいの時間をかけて 高槻店に来てく

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑