*

岡町本店にある2台のコーヒーミル

公開日: : coffee ,

昨晩は家に帰るのが少し遅くなったのですが、皆の晩御飯はまだだったので、家族全員で食卓を囲みました。

 

カミさんと話をしていたら、娘がみんなで話しようと言い出し、カミさんのお母さんも一緒に4人で、となると共通の話ってなんだろ?と思いつつ、そうか、じゃあ、しりとりをしよう、ということで、ご飯を食べながら皆でしりとりをしてました。

 

小学1年の娘はしりとりで自分の順番が来ると、いろいろ考えながら、繋いでいき、ほほーっと唸らせるような場面もあったり、笑いがあったり。

 

なかなかに盛り上がりました。

そんなこんなで島家の楽しい夕食の時間でした。

 

日曜日のやる気パワーを娘にもらいまして、日曜日だけのお店、岡町本店で営業している途中にこのブログを書いています。

 

 

岡町本店にある2台のコーヒーミル

 

1台は日本製、もう1台はドイツ製です。
日本製のものは、僕がコーヒーマニア時代に購入したものですから、たぶん20年くらい使ってます。

 

島珈琲の中で1番のベテランの道具です。
このミルの刃は特注のものに替えていまして、僕が美味しいと思う味わいを再現してくれます。

 

もう1台は高槻店を出店する直前に買ったもの。
マールクニック社製のコーヒーミル(コーヒーグラインダー)。

 

もともとは高槻店にあったのですが、高槻店にはこれの兄貴分のコーヒーミルがあり、両店の味わいをできる限り同じにしたいので、高槻店から岡町本店へ移動となりました。(ミルの違いで味わいもけっこう変わるんです。)

 

両機ともにとてもいい仕事をしてくれています。

 

日本製の開店当初からあるコーヒーミルは、開店当初からご来店くださるお客さんから、このコーヒーミルで粉にして欲しいと指名があるので、今も活躍中です。

 

メインはマールクニック社製のコーヒーミルを使って、粉にしてお渡ししています。

 

2台あると安心

 

高槻店で使うコーヒーミルに何かしらのアクシデントがあった時に、岡町本店のミル、ミルだけでなく、計りやシーラーなども、代わりになるので、この日曜日のお店というのは、僕にとってそういうところでもありがたい存在となっています。

 

こちらの岡町本店では喫茶の営業はしておりませんので、アイドルタイムと呼ばれる時間帯はなく、わりと穏やかな時間が流れていってます。

 

焙煎機と2台ミル、そしてコーヒーの香りに包まれながら、仕事ができることをしあわせに思ってます。

 

今日も2台のコーヒーミルから、香りを沢山放出しております。
ということで、午後からも頑張ります!

よくわかんないけども、今日はのほほんなブログとなりました。笑

 

それでは、また明日。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

岡町本店の近くに、島珈琲のコーヒーが飲める古絵本屋さんが来年オープンします!

また娘自慢になってしまいますが、娘はよく笑う子で、一緒に遊んでいてもとにかくよく笑っています。 その

記事を読む

エクスマで繋がる 塩コーヒーだなんて、そんなバカな!

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生とエクスマの講師、ハッピー薬品の橋本亨さん、佐藤ゆか

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

どれがいい?手挽きコーヒーミルの選び方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 昨日 お客様から手挽きミル どれがいいのか分からない

記事を読む

自家焙煎コーヒーとは、なんぞや

プロローグ 自家焙煎とは何か。 僕のお店も屋号には、自家焙煎がついており 自家焙煎 島珈琲 とな

記事を読む

美味しさをどう探す?コーヒーミルの粉の挽き方の探しかた

僕がコーヒーの味わいをつくるなかで、一番難易度が高いなぁと思うところ、どこだと思いますか? &

記事を読む

濃いアイスコーヒーを作るにはどうしたらよいの?

今朝は月イチにお詣りしている、高槻天神さん上宮天満宮へ行ってきました。 島珈琲高槻店は上宮天満宮の

記事を読む

同じ条件でやっても、同じ味わいにならない理由

昨日のブログをツィッターでリンクし、ツィートをしたところ、沢山のリツィートやいいねを頂けました。

記事を読む

「美味しい」と感じるメカニズムを考える

「美味しい」を作る側の人間ですので、「美味しい」を感じる力を鍛え続けることが大事です。 &nb

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
あのコーヒーが帰ってくる TAPANCOFFEEが

本日、高品質高級コーヒー豆が届きました。 あのコーヒーが帰ってくるので

2/25,26 高槻天神祭りは中止になりました

昨日、天神祭り実行委員会の方が残念そうなお顔をして、写真にある用紙を持

コーヒーへの思い

あるお願い事を頂きまして、この「コーヒーへの思い」を考えています。 考

煎りが同じだからと言って、同じ色にはならない

今朝はドリップバッグの焙煎をしました。 ドリップバッグとは、器具がなく

BGMを川のせせらぎにして

昨日はお休みでしたが、半日を焙煎機のメンテナンスの時間にあて、焙煎機を

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑