*

コーヒーも進化している

公開日: : coffee

僕がコーヒー豆屋、島珈琲を開業したのは2002年、26歳の時でした。
ブログらしきものは2003年くらいから始めており、いろんなことを書いてきました。

 

ふとね、自分の書いていることは本当に正しいのだろうか、って思ったんです。

 

というのも、コーヒーのことはいろいろ勉強していますが、わりと古い知識のままのところもあるのですね。

 

もちろん、実践してきているので、机上の空論をここでお話しているわけではないのですが、見渡せば新しい抽出方法などもいろいろと生まれてきているわけです。

 

変わってないものは変わってませんけどね。
ぺーパードリップなんかも、原理は変わってません。
お湯の温度など、疑問がでるところも昔とあまり変わってません。

 

そもそも「昔」ってどんな定義だろう。
今回はエッセイな感じで。

 

 

コーヒーミルもそんな言うほど変わっていない。
もちろんボディやデザインが変わったりしているけども、自動車のような15年前と現在を比べて、コンピュータが駆使されている、一般的なコーヒーミルとかは目にすることはありません。

 

僕がコーヒーマニア時代に使っていたコーヒーミル、ですから20年以上のコーヒーミルは現在でもじゅうぶんに力を発揮してくれています。

 

昔のままでも、じゅうぶんに美味しいコーヒーは作れるのですね。
でも、僕よりも若い経営者のコーヒー屋さんやバリスタさんが、いろいろと新しい方法でドリップしてたりして、そうか、そういう視点もあるんだなぁと感心させられるわけです。

 

ドリップコーヒーで淹れている途中に、竹ベラでコーヒーの粉を混ぜたりだとか。
コーヒーの新しい抽出器具もどんどん増えています。

 

そうコーヒーも進化しているわけです。
どれが正しい、というのはなく、最終的にはどれが好みか、が選択における一番大切なところで、正しいなんて人それぞれ。

 

ですが、知識を昔のままで止めていたらあかんなぁ、と改めて思ったわけです。
島珈琲もあと3年で、開業から20年。
吉本の漫才師で例えるなら、中堅くらいには来ているはずです。

 

若い時は知らんことでも、若いから許されると大きくでれましたが(笑)、やっぱり多少なりとは影響があるわけで、もうちょっと勉強しなくては、なんて思ったのであります。

 

歳を重ねようが、大きくでる、というのは大事ですが、過去の知識だけに頼らず、もちろん積み上げた実績からお話できることもありますが、コーヒーのこともどんなことも、どん欲に学ぶ姿勢は忘れたらあかんなぁ、と思った次第です。

 

経営のことの勉強も大事ですが、コーヒーのことももっともっと勉強しよう、とふと思った心の中のことを今日は書きました。

 

日々、心と技の向上を目指して。
よし、ゆこう。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの美味しい飲み方講座

さぁ今日はここで美味しいコーヒーの飲み方講座を 行いましょう! 美味しいコーヒーの飲み方のコツ それ

記事を読む

既成概念

どんなお商売でも ものごとでもそうだと思うのですが既成概念に邪魔されて 新しい発想がでないということ

記事を読む

知らなかった!これが新しいペーパードリップだ

プロローグ お客様から教えてもらったんですよ。 実はかくかくしかじかで、この方法で注意すべき事は

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

味と香りと男と女

プロローグ 1日2杯の酒を飲み 肴は特にこだわらず マイク来たなら微笑んで 十八番をひとつ歌うだけ

記事を読む

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。   ものがたくさんあること

記事を読む

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と言って、中に進んでこられます。

記事を読む

燃えろ

 燃えろよ燃えろよ 炎よ燃えろ! ということで  無添加コーヒーシロップ2010バージョン

記事を読む

今期 島珈琲使用分のグァテマラコーヒー豆、予約完了しました!

いよいよTANPAN COFFEE 2 の準備が始まります! 昨日はお休みでした。 お昼には島珈

記事を読む

味の変化

高槻店の焙煎機を使い始めて10ヶ月あまりが経ちました僕の焙煎機のシリンダーは従来の鉄製でなくステンレ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

成功は失敗のもと

ブログのリニューアルを進めています。 このブログもSSL化いわゆるht

→もっと見る

PAGE TOP ↑