*

コーヒー豆の挽き方で一体何が変わるのか

公開日: : coffee ,

ブログを書くときに僕なりに大切にしていることは、誰に目掛けて書いているか、ということです。
コーヒーのことをメインに、たまに日記的なことや、他愛のないこと、それから島珈琲社会貢献部のこと、など日々つらつらと書いておりますが、誰に向かって書いているか、というとやっぱり島珈琲のお客さん、そしてファンの方へになりますね。

 

コーヒーのことを書く場合、内容は、おのずとお客さんの目線に合わせて書くようになります。
プロに目掛けて書く内容と、お客さんに目掛けて書く内容とは、結構違ってきます。

 

島珈琲のお客さんは、ご家庭でコーヒーを楽しむ方が大半で、だからコーヒーのプロではありません。
なので、ご家庭でコーヒーを楽しむ、お客さんに目掛けて書く場合は、専門知識を出来るだけ噛み砕いて、分かりやすいように、そうするように心がけています。(たまにマニアックなことも書きます 笑)

 

では今回の本題に移ります。
コーヒー豆の挽方で、一体何が変わるのか、を簡単に説明しますね。

 

 

細挽き・中挽き・粗挽き

 

大きくわけて、コーヒーはこの3つの挽き方になります。
中挽きと細挽きの間に、中細挽きと言われる挽き方がありますが、僕の中では中挽きのグループに属しています。

 

まず細挽き。
粉を細かく挽くことです。
極細挽きと呼ばれるものになると、ほぼパウダー状になっています。

 

細挽きは、粉を細かくより小さくするので、中挽きの粉に比べ、粉の表面積の和は増えます。
表面積が増えるということは、お湯にあたる面積も増え、コーヒーの成分もよく抽出されるようになりますので、中挽きなどと比べれば、味わいは濃いものとなります。

 

そして粒子が多くなるので、その分抵抗は大きくなり、ペーパードリップなどの場合、その抵抗のために下に落ちるお湯のスピードはゆっくりとなります。

 

エスプレッソにこの挽き方は多く、アイスコーヒーなどの抽出にも向いています。

 

次に粗挽き。
粗挽きは、細挽きの対極にあります。
粉が粗いということは、表面積の和は細挽きよりかは小さくなります。

 

なので、同じ10グラムで細挽きと粗挽きで、ドリップして飲み比べた時、粗挽きの方が薄い味わいになります。
抵抗も小さく、ペーパードリップした場合、お湯は下にはやく落ちます。

 

粗挽きの良いところは、まったりとした嫌味の少ない味わいを作ることができるのですね。
ただし、粉の量を多くしないと適当な濃度にならないので、家庭でする場合、経済的にはどうなのか?ということになりますが、粗挽きで粉を倍量使って、ドリップしてみるとまた違うコーヒーの世界観がありますので、ちょっと贅沢な気分になりたいときは、ぜひお試しください。

 

一般的には中挽き

 

細挽きと粗挽きの真ん中ということで、中挽き。
読んで字の如く、ですね。

 

コーヒーメーカーでも、ペーパードリップでも、僕はフレンチプレスも、中挽きにしています。

 

中挽きでも微妙に粗挽きよりになったり、細挽きよりになったりと、そこはお好みになりますが、だいたい一般的にはご家庭で楽しむコーヒーの抽出は、中挽きが主になっている感じです。

 

同じ条件で抽出するとして、細挽きに近づくほど味わいは濃く、粗挽きに近づくほど味わいは軽くなる、今回はこれを覚えてもらっておけば、何かに役立つと思います。

 

砕く話だけに、かなり砕いてわかりやすく書いたつもりですが、いかがだったでしょうか。
それでは、また次回に。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

南米!コロンビアコーヒーの魅力にせまる

コロンビアといえば何を思いだしますか?   コーヒーも有名ですが、僕は麻薬の存

記事を読む

コーヒーは1日何杯まで飲んでいいの?

さて、連日フェイスブックやツイッターなどでお送りしている、あの芸能人こと、短パン社長 奥ノ谷圭祐さん

記事を読む

アルヨ

  ギフトもアルヨ! まいど!おおきに

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

微調整

 僕の使う 高槻店の焙煎機はすごく繊細だちょっと動作で 微妙にコーヒーの味わいに変化が起こ

記事を読む

容量の分からないカップに、適量のコーヒーの粉を知る方法

昨日は高槻店終了後、10月1日に高槻芥川町にオープンする、セレクトショップ&カフェ テマヒマ

記事を読む

いつも同じ味わいを作り続ける、という努力

昨日はお休み。 2週間ぶりのやっとの休み。 カミさんと頑張った自分へのご褒美に、お昼は高槻店のご近所

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

no image

できてきたぞぉー!

新しいホームページがほぼ完成の段階に入った はやりプロに頼むといい仕事をしてくれはるもんだ! あと少

記事を読む

水だしコーヒーは何グラムで何ccの水で作るとよいのか?

プロローグ 前回のブログは記事というよりも、動画メインで投稿させてもらいました。これから動画っても

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

成功は失敗のもと

ブログのリニューアルを進めています。 このブログもSSL化いわゆるht

→もっと見る

PAGE TOP ↑