*

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみません、謝っておきますね。

 

そんな高等テクニックの話でもなんでもないのです。

 

普段、コーヒーを淹れる時に僕が意識していること。
淹れるのを見ていて思うこと、日常にあるちょっと気をつけることを書こうと思ってます。

 

なので、島新陰流必殺コーヒードリップなどという極意のお話ではありません。(笑)

 

ということで続けますね、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

カンタンです!

はい、何かというと「丁寧」にすること。
これを意識するだけです。

 

そんなのいつも丁寧にやっているよー!とツッコミが返ってきそうですが、ほんとに丁寧にしておられますか?

 

日常の作業って、時々ルーチンになるじゃないですか。
自動思考で、無意識にしていること、ありませんか。

 

無意識になっていることは良いと僕は思っているのですが、無意識を通り過ぎてついつい雑になっていることありませんか。

 

一番初めの頃を思いだしてみてください。
わからないから、めっちゃ丁寧にしてたと思うのですね。
でも、そこまで丁寧でなくてもいいです。

 

ただ心にはあの頃の「丁寧さ」をいつまでも持っていてたいですよね。

 

丁寧に

お湯をジャーッと注いでいませんか?
ドリップポットを速く回しすぎてませんか?
お湯を粉の上にそっと置くような感じで、お湯を注いでいますか?
速く終わらせようと焦っていませんか?

 

焙煎もドリップも、しいてはものつくり全部に言えることですが、作り手の気持ちがそのままそのモノやコトに反映してしまうのですね、不思議と。

 

心を穏やかに、そして初心を忘れず、丁寧に。

 

現在、僕が行き着いたところのドリップの極意は、この「丁寧さ」です。

 

ですから、ものを作る時もそう、普段から心を穏やかにして、波打たないように心をコントロールする。

 

なかなか難しいですけどね。
僕もやっぱり自分の心をコントロール出来てないことと、多々あります。

 

でも穏やかな心でいよう、と心がけていると心がけていないでは、この先に随分差が出てしまいますよね。
出来なくても、丁寧を心がける、穏やかになるよう心がけてみる、心をコントロールできるように心がけてみる。

 

心がけることで、だんだん出来るようになってくるかもね。

 

ドリップも心の部分が大事ですね。

ドリップの極意とは、心にあり、です。

 

ということで、今日の朝のツィート。

 

 


僕もまだまだですが、心を穏やかにすること心がけて。
それでは良い週末を。

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

アイスコーヒーはまとめてドリップした方が旨いのか

昨日はお休みでした。 家族でプールに行く前に、コーヒー豆の配達へ。   高槻

記事を読む

障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手伝って欲しいとご依頼を受けたの

記事を読む

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

赤いコーヒーの実は、どんな道をたどって僕たちの手元にやってくるのか?

プロローグ 僕がハワイ島へコーヒー栽培のボランティアに行ったのは、かれこれ15年ほど前。 専門誌

記事を読む

コーヒーとミルクの相性学

関西ではコーヒーに入れるミルクをフレッシュと言いまして、フレッシュと言って通じなかった時に???とな

記事を読む

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ コーヒーにお砂糖を入れる。 ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね

記事を読む

最後のコバン  ~ルーツ~

島珈琲といえば グァテマラいつもグァテマラのラインナップにはこだわったコーヒーを選んでおりますコバン

記事を読む

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅前なので割と人通りも多く、日曜

記事を読む

コーヒーの真実

前から読みたかった本 先日 紀伊国屋書店で目にして 迷わず購入しました 読みたい読みたいと思いな

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑