*

目指すのは、甘いコーヒー

公開日: : coffee

昨日は祝日ですが、月曜日なのできっちりとお休みを頂きまして、心身ともに回復してまいりました。

 

年末年始、特に年末はギフトとコーヒー豆販売、年始は上宮天満宮に参拝にいらっしゃる方々が、喫茶をご利用になり、お店は賑やかになります。

 

ですので、きっちりとパワーを充填しました。

 

昨晩は実家で、クリスマスパーティを。
両親が娘やカミさんや僕のために、ケンタッキー・フライド・チキンを用意してくれました。

 

小さい時からケンタッキー・フライド・チキンはご馳走でした。
あのカーネルサンダーの絵を見るだけで、興奮したものです。笑

 

大人になり、自分で買えるようになっても、思い出はそのままで、やっぱりご馳走なのです。

 

娘はもりもり食べて、僕たちは皆、その様子を嬉しそうに見つめておりました。
ということで、今回は甘いコーヒーについて。

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コーヒーの天然の甘さを追究して

 

コーヒーについてお話していて、コーヒーの甘さのことを話だすと「?」という感じになられることがあります。

 

いやそうですよね、コーヒーは苦い、もしくは酸味がある飲み物。
甘いというと、砂糖を入れたコーヒーを想像しますよね。

 

その甘味とはまた違う、コーヒーが持つ天然の甘みについてのお話です。

 

コーヒーは元をたどると果実のタネです。
ですので、フルーツのように甘みを持っていても、不思議なことではないですよね。

 

僕が思うに「美味しい」と思うものの共通点の1つに「甘い」があると思うのですね。
野菜でもフルーツでも、天然の塩なんかでも。

 

天然の甘みをいかにコーヒーで表現できるか、僕が追及している1つです。

 

素材、そして焙煎

 

コーヒーには全て甘みがある、とは言い切れませんが、甘みが強いものそうでないものはあります。

 

甘みの強さはコーヒー豆の品種、それから育った環境に左右されます。
特に厳しい自然環境の中で育ったコーヒー豆は、甘みも強いです。

 

朝晩と日中の寒暖差があることも、より甘みを強くする条件だと言われています。

 

コーヒー豆は赤道を中心に、北回帰線と南回帰線の間で主に栽培されていますが、赤道と聞くと暑い所と思いますが、良質なコーヒー豆は標高の高いところで育てられ、朝晩と日中との寒暖差がある地域で育っているのですね。

 

そうした環境で育ち、甘みを持ったコーヒー豆を焙煎で引き出すのですね。

 

素材の良さをどう引き出していくか、焙煎のテクニックです。
そんなテクニックを日夜磨いている、ということで、今回もブレンド花が美味しく「甘み」を引き出せています。

 

年末年始、ほっと一息するときにこのブレンド花の甘さに癒されてくださいね。

 

ブレンド花はこちら。

ブレンド 花

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

820ブレンド カフェラテ

  820ブレンド カフェラテ 黄金比8:2 牛乳8に対してカフェラテ小町2で割ると とっ

記事を読む

夏はアイス用の豆が売れるじゃないですか!って本当なの?

プロローグ これから暑くなる季節、コーヒー豆屋は暑さとともに閑散期を迎えます、っていうと、えっアイ

記事を読む

ダイレクトドラム プロジェクト

 島珈琲 高槻店に設置された焙煎機は 量産される前 いわゆるプロトタイプで 1号機です 開

記事を読む

ギフト包装をキレイに魅せるコツ

昨晩、ギフトのオーダーがたくさんあったので、閉店後その事務的な仕事をし終えてから帰宅。  

記事を読む

コーヒーの使用後の粉も肥料になるけど、もっといいのがコレ

高槻店は今日まで喫茶コーナーをお休みしております。 実は午前中であの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭

記事を読む

家庭で使うコーヒーミルで注意すること

プロローグ 僕がコーヒー豆屋を開業したのは2002年の3月29日でした。 もうすぐ14年が経とう

記事を読む

上達するための考え方

最近、寝る前にもっぱら落語を聞いています。   話し方や、その「間」などをなん

記事を読む

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

プロローグ コーヒーの味わいをつくる。 これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロ

記事を読む

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみるものの当直の先生はおられず、と

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑