*

コスタリカというコーヒーの優秀な産地

公開日: : coffee

昨日は休日。
午前、娘は幼稚園、カミさんは幼稚園のイベント練習。

 

僕は一人の時間を満喫。
実はステレオが好きなんです。

 

以前は、真空管アンプを作るキットを半田ごてで作ったりしてました。
音質を追究したりしてました、今はちょっとだけって感じです。

 

実はステレオのスピーカーケーブルは、ホームセンターなどで切り売りしている、銅の単線のコードが良いのですよ。

 

1本のコードに2芯あるタイプ。
リーズナブルでしかも音質が良くなる、フフフ。

 

硬いので扱いにくいのが難点ですが、興味ある人はやってみてください。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コスタリカは中央アメリカにある軍隊を持たない国

 

コスタリカはカリブ海と太平洋に挟まれた国。
地図で言うと、アメリカの3つ下くらいに位置しています。

 

僕がコーヒー豆屋を始めた頃は、コスタリカという国自体を知らない人が多いように感じました。
近年はサッカーなどで、その名を知る人も多くなりましたね。

 

このコスタリカというコーヒーの産地。
実はコーヒーの産地では優秀な産地の一つで、そして生産者が非常に勉強に熱心な人が多いです。

 

コスタリカのコーヒーに感動したのは、遡って2003年だったはずです。
コスタリカ・ドータタラスという銘柄をオーダーし、焙煎して飲んだ時の感動は、今でも覚えてます。

 

一口、口にした時に、なんというか、紅茶のようなニュアンスも持っていたのですね。
甘くて優しくて、その味わいにびっくりでした。

 

以来、コスタリカのいろんな地域の銘柄を飲みましたが、タラス地区のものが僕には合っていまして、これを中焙煎にし、現在も販売しております。

 

実は一旦途切れていました

 

コスタリカが島珈琲のラインナップになったのは、7年前。
高槻店を出店したときに、正式にラインナップに並びました。

 

それまでは、ラインナップに入っていませんでした。
日曜日だけのお店、岡町本店とカフェBeの営業では、コーヒー豆の種類を絞っていましたので、高槻店の出店を機にラインナップに並びました。

 

念願のラインナップです。
グァテマラとコスタリカは特に僕自身が、思い入れの強いコーヒーですので、仕入に妥協を許したくない、と思っております。

 

もちろん、島珈琲ファンの皆さんの手に届きやすい価格というのは、考慮して選んで。

 

現在も、僕の大好きなタラス地区の銘柄を用意しています。
そんな僕の思い入れが入るコスタリカ。

 

中焙煎=中煎りで飲みやすくマイルドな味わいに仕上げています。
よろしければこちらから。

 

https://www.shima-coffee.com/mrs-0005/

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

そもそもコーヒー豆の焙煎とはなんなのか?

昨日は久しぶりの休日を頂きまして 気力体力ともに回復してきました   娘とも

記事を読む

ブレンドは輸入前にもされているの?

今年5月1日に島珈琲株式会社を設立。 いろいろある契約、個人から法人への変更手続きがほぼほぼ完了し

記事を読む

どう使う?ドリップした後のコーヒーの粉

プロローグ 日本ではドリップした後のコーヒーの粉の二次利用について、結構興味を持たれている方、知り

記事を読む

自分が美味しいと感じる淹れ方が大事

昨日はお休み。 午前中は家族で僕の車とバイクを洗車。   娘はホースを持ってきゃっきゃっ言

記事を読む

コーヒーの焙煎で、どんなふうに美味しさを作るのか

毎朝、焙煎を終えるとこんなツィートなどをしております。    

記事を読む

コーヒーにも位があるの?コーヒーの格付けのあれこれ

今日は日曜日。 日曜日は日曜日だけが営業の岡町本店へ。   週1日の営業なの

記事を読む

フルシティとダークローストの違い

昨日は奥さんと結婚記念日のお祝いを、阪急高槻市駅最寄り、高槻センター街にある四季菜フレンチ ソレイユ

記事を読む

焙煎機の排気力を10%アップさせる簡単な方法

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です たまにはプロらしく(いつもプロでないのかっ!

記事を読む

チェンジ!新豆 今年のマンデリンが素晴らしい!

僕の日課は、糸井重里さんの「今日のダーリン」を読むこと。 文の構成や書き方が勉強になるし、書いてある

記事を読む

コーヒーはどんなときに飲みますか?

プロローグ 島さんはいつブログを更新しているのですか? と、先日お客様に聞かれました。だいたい朝

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

コーヒーの需要と供給はどうなっていくか

最近、お客さんから以前テレビで見たんですけど、世界的なコーヒーの需要が

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑