*

まず自分の好みの味わいを知るために

公開日: : coffee ,

先日、高槻店のご近所にあるカレー屋さん、ヴァスコ・ダ・ガマさんへ、カミさんと行ってきました。
本店は定休日だったので、北園町にある2号店へ。

 

いやぁ美味しかったです。
実は僕、辛いのが苦手でして、苦手というか次の日コーヒーの味わいが分からなくなるので、食べるのを避けていたら、気が付けばだんだん弱くなっていまして。

 

なので、自分から進んでは、辛い食べ物は口にはしないのですが(進められても、ですが 笑)、でもこちらのカレーは辛いのですが、僕にでも大丈夫な辛さで、時間をおいてまた食べたくなる、そんな味わいです。

 

カミさんとまた行こうと。
今度は、違うメニューに。
今回は、カツカレーに、トッピングで卵黄を乗せて。
ごちそうさまでした。

 

さて、今回は好みの味わいとは、について。

 

 

コーヒーの味わいの好みとは

 

お店に立っていると、コーヒーの味わいには大きな分類があることを、ご存知でない方もいらっしゃいます。
コーヒーの味わいはむずかしいですもんね、わかりにくいですよね。
そうした時は、まずこんなふうに説明しています。

 

島珈琲では、コーヒー豆の味わいにおいて、中焙煎と深焙煎と大きく2つにわかれます。
中焙煎はマイルドで飲みやすく、どちらかというと軽い味わい。
逆に深焙煎はビターで苦みとコクがあり、しっかりした味わい。

 

その説明をした上で、島珈琲のおすすめの2つ、中焙煎のマイルドタイプならブレンド花を。
深焙煎ならコクのあるブレンド風をおすすめし、まずどちらかを選んで飲んで頂いて、次にご来店頂いた時に、更に好みを聞き好みに近づける、というスタンスでいております。

 

料理は薄味派?濃い味派?

 

僕の経験則で言うと、お料理の味付けのその好みが、コーヒーのお好みの味わいにも、だいたい共通するなぁと感じています。

 

料理でいう濃い味派の方、お肉料理やお料理にソースをかけるのが好き、など、味わいがしっかりしているお料理が好きな方は、だいたい深焙煎のコーヒーがお好きです。

 

薄味派の方、お料理はどちらかというと素の味がお好きだったり、塩などパラパラとかけただけの味付けが好きな方は、中焙煎のコーヒーがお好きな傾向にあります。

 

今のサードウェーブコーヒーと呼ばれているのは、中焙煎(浅焙煎)のコーヒーですね。
ちなみに中とか深というのは焙煎の度合いを指す言葉で、浅・中・深、という順番に焙煎度合いが強まり、持ち味が焙煎度合いによって酸味から苦みと移行していきます。

 

ということで、ご自身の好きなコーヒーの味わいを探すのに、参考になれば嬉しいです。

 

カレーの後のコーヒーって美味しいですよね。
僕はその時は、深焙煎のコーヒーがいいかなぁ。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

エスプレッソのお湯割りって知ってる?

先日のお休みに、娘の自転車の練習をしました。 娘は今まで「こまあり」の自転車に乗っていて、それを取

記事を読む

焙煎

最近 自分のフェイスブックにブログがリンクしないぁ と思っていたら ジュゲムの更新ボタンを押すのを忘

記事を読む

初心者必読!ペーパードリップで1杯淹れるのと2杯淹れるのとどっちが安定するか?

プロローグ 次の月曜日にコーヒーセミナーをしてほしいとご依頼がありまして、高槻上牧にあるイタリアン

記事を読む

単品グァテマラで作るアイスコーヒーも美味しいの

最近ですね、夜ご飯の後、お風呂に入ってから僕一人のちびちびタイムでYouTubeのこのチャンネルを見

記事を読む

まとめ・ペーパードリップとフレンチプレスの違い

プロローグ 島珈琲のお客様を見ていると、ペーパードリップ(コーヒーメーカー・ハンドドリップ)かフレ

記事を読む

夏場のコーヒー豆屋の流れはこんなんだ!~夏場の島珈琲の流れ~

今日はブログのネタが思いつかず、いいえ、ネタあるのですが、技術的・お役立ち系なコーヒーに関するネタが

記事を読む

エスプレッソには砂糖をいれると美味しいわ

エピローグ 僕は正直なところ、エスプレッソにはそんなに詳しくはありません。エスプレッソもほんとに奥

記事を読む

コーヒー豆は軽減税率が適用になります!

店頭でお客さんとお話していると、コーヒー豆は食品に分類されるので、軽減税率が適用されることをご存知で

記事を読む

オーダーを頂いたブレンドはその都度混ぜ合わせる、これ島珈琲流

プロローグ 日曜日は、営業日が日曜日だけの岡町本店へ、朝6時前に起き、車に乗り込み高槻店で荷物を積

記事を読む

たくさん たくさん ありがとう!

 日記もブログも長いことお休みをしておりました 22日から通常通りになったカフェBeも お

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑