*

アイスコーヒーを作るのは、急冷か、時間をかけて冷やすのか、どっちがどっち?

現在、お店のいろんな契約が個人名義になっているので、法人の名義に変更するため、悪戦苦闘している、いや悪戦苦悶かもしれないな、している僕です。

 

なかなかにややこしい。
そして電話が繋がらなかったり。

 

基本、お店から離れられないので、思うように進まないのです。
わっーーーとなりそうなのですが、まぁそういうときはですね、コーヒーを飲んで一休みです、コーヒーってこんな時落ち着かせてくれますよね。

 

マンガの一休さんで言ってましたね「あわてない、あわてない。一休み一休み」と、あぁだから一休さんなのか、などと、つまらないことを考えて。

 

さて暑い日ざしが顔を出し始め、暑さを感じるようになりました。

 

あんまり暑いとアイスコーヒーすら作る気をなくさせますが、気候的には今から真夏になるまでが、アイスコーヒーを作る気になる、絶好の期間だと思っております。

 

あんまり暑いと作る気がなくなると、16年間のお店の動向を見まして、そんな風に考えております。
今回はアイスコーヒー用のコーヒーを抽出して、それを冷やすときに参考になるお話。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

急冷か、常温でゆっくり冷ますか

 

アイスコーヒー用のコーヒー豆などで、アイスコーヒーになるコーヒーを抽出しました。
さぁこれから冷やします、皆さんはどうやって冷やしておられますか?

 

水をはったステンレスボールなどに、容器ごと浸けておき、常温と水の温度で冷やしていく、楽ちんな方法。

 

抽出したコーヒーに熱があるうちに、氷りの入った容器にそれを入れてて、一気にささっと冷やしてしまう、急冷方式。

 

さてどっちが良いでしょうか?どっちが美味しく出来上がるでしょうか?

 

どっちにも良さがあるのですが、メリットデメリットをあげていきますね。

 

まず急冷のメリットデメリット。
香りが良い、味わいがシャープでキレがある、よりすっきり感がある こんな感じでしょうか。
デメリットは氷を沢山用意する、氷で薄まる分を計算してドリップする、手間がかかる こんな感じです。

 

ゆっくり冷ますメリットデメリット。
急冷に比べて手間がかからない、冷ます間に他のことができる、抽出後はわりとほったらかしにできるところではないでしょうか。
デメリットはこれは僕の個人的な味わいに関する意見ですが、急冷に比べて少しほわーんとなった感じですね、急冷と比べてシャープさがなく、丸みがある感じです。(好みの違いによってはデメリットにならないです)

 

まとめ

 

アイスコーヒー用のコーヒーを抽出して熱がある間に、氷で一気に冷やす急冷方式。
こちらの方が、香りと味わいシャープで個人的にはこちらの味わいの方が僕は好きです。

 

ですので、高槻店ではそうしてご提供しております。

 

時間をかけて冷ます方法は手間があまりかからない、というところでお忙しい方には、こちらのやり方が良いかも知れません。

 

味わいを追求すれば急冷だと僕は思っておりますが、コーヒー豆がよければ、ゆっくり冷まして出来たアイスコーヒーも美味しく出来上がり、その時点では、氷で薄まっていることもないので、しっかりした味わいになります。

 

どちらも一度やってみて、トータルでご自身に合う方法はどちらか、を考えるのが良いのではないか、というのが僕の意見です。

 

どちらにも良さがあるので、2つのやり方や味わいを理解した上でどちらかを選ぶと、より良さがわかるかと思います。

 

お時間ある方は両方で、比べてみてくださいね。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

心の中のドリームマシンを錆び付かせるな

今日の大阪は雨 高槻界隈では年に1度の高槻祭りが 開催されています せめてこの時間だけでもやんでくれ

記事を読む

ギフト ギフト ギフト

 今年はありがたいことにギフトのご注文をたくさん頂いております 小学生のころ 折り紙は大嫌

記事を読む

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

接客力アップ!

 次年度(4月から来年の3月まで)の自分の課題に 「接客力アップ」を掲げることにしました

記事を読む

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

島さんにとってコーヒーとは何ですか?

さて1月17日火曜日は高槻店、臨時休業を頂きます。   16日月曜日と17日の

記事を読む

今期も良いグァテマラ1年分、確保しましたよ!

島珈琲といえばグァテマラ。 と言われるくらい、かどうかは知りませんが、島珈琲の主力はグァテマラです

記事を読む

ハンドドリップするドリップポットの選び方

高槻店は元旦から営業しておりまして、3ヶ日は天神さんへの初詣で目の前通りは、人でいっぱいになります。

記事を読む

コーヒーの種類、どれを選べばいいの?世界旅行を楽しむ気分で選ぶのはどうでしょうか

プロローグ コーヒーの生産国、いろんな産地のコーヒーがありますが、あなたはどの国のコーヒーがお好き

記事を読む

全国一律送料290円のコーヒーのセットを考えています!

プロローグ 先月9月1日より、島珈琲の通販にかかる送料の改定を行いました。 以前はまではコーヒー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑