*

島珈琲のコーヒー豆 脂が少ないのはなぜ?

プロローグ

今回のご質問は、先日スコットブレンドを購入して頂いた僕のお友達で、お医者さんの佐々木みのり先生から頂きました。

 

みのり先生は全国から相談が来るほどの、すごい先生です。
その病院も明治45年創立と、歴史があります
更になんと、みのり先生は病院でコンサートをやってしまうほどの美声の持ち主です。
みのり先生の事が気になったら、ブログとホームページを是非ご覧下さいね!

 

そんな みのり先生プロフィールと温かいブログはこちら
http://ameblo.jp/drminori/

 

みのり先生の病院はこちらです。
http://www.osakakoumon.com/

 

今回はみのり先生からもらいました、どうして島珈琲のコーヒー豆は脂が少ないの?とお答えしようと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_0331

 

コーヒー豆の脂

どうしてコーヒー豆の表面に脂がでるのか、というとですね、コーヒー豆は焙煎して初めてあの芳香で豊かな味わいを持つ茶色いコーヒー豆に変身します。

 

炎(熱)で焙られて初めて変化します。
熱を浴びていると言う事は、ストレスを加えられている事ともいえます。

 

コーヒー豆は繊維質の固まりで、焙煎とは熱によってその繊維質をゆっくりと伸ばしていく作業です。
コーヒー豆に脂が浮いているのは、だいたいが深煎りもしくは、深焙煎と呼ばれる黒みがかった深い茶色したコーヒー豆です。

 

深焙煎というのは浅焙煎、中焙煎よりも長く熱で焙られています。
従って、ストレスも大きく繊維質は中焙煎のものと比べ、弱くもろくなっています。
なので、コーヒー豆は自ら脂をだして自身を守るためのものなのです。

 

もろくなった繊維質を脂で身をくるみ守っている、と解釈してください。

 

コーヒーの脂は身体に悪いのか?

そんな事はありません、脂がでているから悪いとかではないですからね。

さて、みのり先生に聞くのを忘れてしまったのですが、コーヒー豆に脂が浮いている事なのか、液体にした時に液体の表面に浮いている脂の事なのか、どっちかわからないいので、どっちも説明します。

 

コーヒー豆を粉の状態ではなく、豆のまま購入する方はコーヒー豆が脂がでている事はご存じかと思います。
その脂の量が少ない、というのは焙煎して比較的 日にちが経ってない事が挙げられます。

 

鮮度が良いと言うことですね。
脂がでたままずっと放置するとどうなるか?
脂ができってしまうと、日にちが経てば経つほど、コーヒー豆が逆にそれを吸収しているように思います。
ここは申し訳ありませんが、科学的な事はわかりません。

 

吸収してしまうと、例えばペーパーフィルターではなく、金属系フィルターのコーヒー器具を使って抽出するとコーヒーをカップに注ぎ、そして飲むときに液体の表面に脂がいつもより多く浮いていることがある様に感じています。

 

つまり鮮度の問題が脂の多い、少ないに関係しているんだと思います。

もうひとつ、これは手前味噌になってしまいますが、焙煎技術です。
何度も書いていますが、深焙煎にするとどうしてもコーヒー豆の表面に脂がでてきます。

 

ただし、先ほど書いた繊維を伸ばすという焙煎の作業の中で、繊維を極力優しく伸ばし、繊維へのストレスを少なくするイメージで焙煎し操作する、そうすればコーヒー豆の表面に出る脂の量は少なくなります。

 

これは焙煎する人のテクニック、技術です。
一応、えっへん、焙煎アーティストという冠を自分で付けちゃっているので、その辺り自信を持っています。

 

まとめると、コーヒー豆の脂の多い少ないは、鮮度の問題か焙煎の技術と言う事になります。

 

エピローグ

みのり先生、いかがだったでしょうか?
もし質問のされた焦点を僕が間違っていたら、こっそりメッセージしてください。
再度、疑問におこたえします!

 

皆さんも疑問に思うことがあれば、フェイスブックで「島規之」を検索して頂き、直接メッセージにてご質問ください。
ブログにて細かく説明致します!

 

それではまた。

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

いぶし銀になるまで

新聞で取り沙汰になっている出来事を あんましあーだこーだ言わないのが 僕の日記なんだけども この事件

記事を読む

グレードアップ!コーヒーシロップを使ったカンタンにできるアイスクリーム

プロローグ 毎年、夏が近づくとコーヒーシロップ無糖を使ってアイスクリームを作ったら美味しいよーとい

記事を読む

一歩譲る心を持てば そこに平和が訪れる

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です! 実は今 コーヒーの相場がかなり上がっている

記事を読む

自家焙煎

 僕がコーヒー屋を開店したときは 「自家焙煎」という言葉が じぶんとこで焙煎してます!って

記事を読む

ながいネーミングってどうなの?

ついんスターさんと出会ったのは熊本に出張に行ったときでした ついんスターさんは熊本菊池で美味しいアイ

記事を読む

二重シリンダー

お正月休みも今日が最終日のかたも多いと思いますが 皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年一発目の仕込

記事を読む

ないよね 信用はお金で買えるのか?

今日はめまぐるしく、通販の発送、ご近所さんの配達、それから業務用卸のコーヒーとてんやわんやで、有難い

記事を読む

コーヒーの適齢期はいつ?

プロローグ 日曜日は、営業日は日曜日だけの岡町本店でコーヒー豆の販売をしています。 岡町本店はコ

記事を読む

進化するネルドリップ

聞き耳を立てていたわけではないのですが、大学生もしくは社会人になってあまり時間の経ってない、男女のグ

記事を読む

なぜいつも同じ味のコーヒーにならないのか。

ブログは序破急で構成しております。 3部構成ですね。   徐々に始まり、本題に入って、急速

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
香りの良いコーヒーはどれですか?

カフェBeの玄関には沈丁花があるのです。 今、これが非常に良い香り。

ありえへん 蕎麦屋でコーヒー豆が売れるなんて

日本料理屋さんが好きです。 回らないお寿司屋さんも好きです。(もちろん

結果をすぐに求めすぎない

なんとなくですが、やっと近辺が落ち着いたというか、いろんなことがそれな

カフェBeにおかわりメニューを増やそう大作戦

まずカフェBeとは。 2009年、社会福祉法人 北摂杉の子会が運営する

コーヒーは新豆の時期が一番美味しいの?

急に春のような気候になった高槻です。 昨日までお店には暖房を入れていた

→もっと見る

PAGE TOP ↑