*

島珈琲のコーヒー豆 脂が少ないのはなぜ?

プロローグ

今回のご質問は、先日スコットブレンドを購入して頂いた僕のお友達で、お医者さんの佐々木みのり先生から頂きました。

 

みのり先生は全国から相談が来るほどの、すごい先生です。
その病院も明治45年創立と、歴史があります
更になんと、みのり先生は病院でコンサートをやってしまうほどの美声の持ち主です。
みのり先生の事が気になったら、ブログとホームページを是非ご覧下さいね!

 

そんな みのり先生プロフィールと温かいブログはこちら
http://ameblo.jp/drminori/

 

みのり先生の病院はこちらです。
http://www.osakakoumon.com/

 

今回はみのり先生からもらいました、どうして島珈琲のコーヒー豆は脂が少ないの?とお答えしようと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

IMG_0331

 

コーヒー豆の脂

どうしてコーヒー豆の表面に脂がでるのか、というとですね、コーヒー豆は焙煎して初めてあの芳香で豊かな味わいを持つ茶色いコーヒー豆に変身します。

 

炎(熱)で焙られて初めて変化します。
熱を浴びていると言う事は、ストレスを加えられている事ともいえます。

 

コーヒー豆は繊維質の固まりで、焙煎とは熱によってその繊維質をゆっくりと伸ばしていく作業です。
コーヒー豆に脂が浮いているのは、だいたいが深煎りもしくは、深焙煎と呼ばれる黒みがかった深い茶色したコーヒー豆です。

 

深焙煎というのは浅焙煎、中焙煎よりも長く熱で焙られています。
従って、ストレスも大きく繊維質は中焙煎のものと比べ、弱くもろくなっています。
なので、コーヒー豆は自ら脂をだして自身を守るためのものなのです。

 

もろくなった繊維質を脂で身をくるみ守っている、と解釈してください。

 

コーヒーの脂は身体に悪いのか?

そんな事はありません、脂がでているから悪いとかではないですからね。

さて、みのり先生に聞くのを忘れてしまったのですが、コーヒー豆に脂が浮いている事なのか、液体にした時に液体の表面に浮いている脂の事なのか、どっちかわからないいので、どっちも説明します。

 

コーヒー豆を粉の状態ではなく、豆のまま購入する方はコーヒー豆が脂がでている事はご存じかと思います。
その脂の量が少ない、というのは焙煎して比較的 日にちが経ってない事が挙げられます。

 

鮮度が良いと言うことですね。
脂がでたままずっと放置するとどうなるか?
脂ができってしまうと、日にちが経てば経つほど、コーヒー豆が逆にそれを吸収しているように思います。
ここは申し訳ありませんが、科学的な事はわかりません。

 

吸収してしまうと、例えばペーパーフィルターではなく、金属系フィルターのコーヒー器具を使って抽出するとコーヒーをカップに注ぎ、そして飲むときに液体の表面に脂がいつもより多く浮いていることがある様に感じています。

 

つまり鮮度の問題が脂の多い、少ないに関係しているんだと思います。

もうひとつ、これは手前味噌になってしまいますが、焙煎技術です。
何度も書いていますが、深焙煎にするとどうしてもコーヒー豆の表面に脂がでてきます。

 

ただし、先ほど書いた繊維を伸ばすという焙煎の作業の中で、繊維を極力優しく伸ばし、繊維へのストレスを少なくするイメージで焙煎し操作する、そうすればコーヒー豆の表面に出る脂の量は少なくなります。

 

これは焙煎する人のテクニック、技術です。
一応、えっへん、焙煎アーティストという冠を自分で付けちゃっているので、その辺り自信を持っています。

 

まとめると、コーヒー豆の脂の多い少ないは、鮮度の問題か焙煎の技術と言う事になります。

 

エピローグ

みのり先生、いかがだったでしょうか?
もし質問のされた焦点を僕が間違っていたら、こっそりメッセージしてください。
再度、疑問におこたえします!

 

皆さんも疑問に思うことがあれば、フェイスブックで「島規之」を検索して頂き、直接メッセージにてご質問ください。
ブログにて細かく説明致します!

 

それではまた。

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの粉 微粉のはなし

さて年末に向かって、お客さんの流れが変わってきた感じがするこの頃。   なんて

記事を読む

家庭用ミルの掃除の仕方~ナイスカットミル・みるっこ編~

プロローグ 家庭用ミルの中で、結構お持ちの方が多いのではないかと思われるカリタ「ナイスカットミル」

記事を読む

no image

ディスカバリー

 今日 前職でお世話になりました(株)マツモトコーヒーの社長に 注文の電話があったので 電

記事を読む

ハンドドリップでグルグル回しながら淹れるのはなぜか?

プロローグ ペーパードリップなど、ハンドドリップしてコーヒーを淹れる時「の」の字を書くようにお湯を

記事を読む

仕事を楽しむ、とは何ぞや

なぜ僕が「エクスマ=エクスペリエンスマーケティング」にこんなにも興味を持っているのか。 &nb

記事を読む

ドリップするとき、お湯をポタポタ点滴のように落とすとどうなるか?

プロローグ 前回の続きのような記事になりますね。 コーヒーをドリップするときにお湯を細めの線のよ

記事を読む

島珈琲のブレンドは音楽でいうと生演奏

プロローグ ヒントとというのは案外、誰かとしゃべっている時に発見するものなんだなぁとつくづく思う。

記事を読む

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきました。  

記事を読む

ペーパーを濡らすにはどんなふうにするのがベスト?

昨日はコーヒー教室的なのが2本立てでした! 普段は無口なほうで、というとみんなにびっくりされるので

記事を読む

コーヒーの適齢期はいつ?

プロローグ 日曜日は、営業日は日曜日だけの岡町本店でコーヒー豆の販売をしています。 岡町本店はコ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑