*

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

公開日: : coffee , ,

プロローグ

コーヒーの味わいをつくる。
これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロをIHにするかガスにするか、お米の炊飯器を電気にするか、ガスにするか、そんな選択でもいろいろ変わっていくようにコーヒーの味わいも又しかりです。

 

焙煎機のチョイスから始まり、コーヒー豆の原料選び、こういったところで選択をし、どんな味わいを作りたいかを決めていきます。

 

それをもうちょっと身近なもので例えてみようと思いまして、今回は島珈琲の味わいをスポーツで例えてみようと試みてみました。

 

よろしければ、続きをお楽しみください。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

まずは陸上競技で

例えば陸上競技だとどんな種目を思い出されますか?

 

走る、イメージが強いですね。

 

短距離走と長距離走。
短距離は短い時間に凝縮された、ゼロコンマ何秒を競いますよね。

 

長距離、例えば42.195キロを駆け抜けるマラソン。
駆け引きや展開があり、長い時間にはいくつものドラマがあります。

 

僕が目指しているのは短距離のように、ドカン!って感じではなく、長距離走のようなイメージ。

 

ボクシングで例えてみると、前にガンガンでて打って打って打ちまくるファイターのようではなく、アウトボクシングでジャブジャブで牽制しながら的確にパンチを積み重ねて、しかるべきタイミングでグッと前に出て試合を決める、そんな感じです。

 

IMG_2758

 

どんな味つくりか

短時間決着型ではなく、長時間決着型なんですね、これは僕の造語ですが。

 

つまりですね、飽きさせないための味つくりのような感じです。

 

インパクトを強く与える方法か、徐々に自然と島珈琲のコーヒーが生活の一部の味わいになってもらえる方法か、というと後者になりますね。

 

お商売ですので、長く気に入ってもらえる味わいでないといけません。
腹八分目と言うべきでしょうか。

 

そんな感じで14年細々と続けさせてもらっています、ほんとうにおかげ様です、感謝。
うーん、まとめがちょっと弱くなっちゃたなぁ(笑)

 

エピローグ

僕のお商売の座右の銘である「商いはあきない味つくり」。
あきられないために何をするか。
忘れられないように何をするか。

 

そんなことを考えながら、味つくりに対していつも真正面を向いています。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

焙煎度合いの違うコーヒー豆のブレンド なぜしない?

最近、眠れない。 と言っても、深刻な悩みを抱えているわけでもなく、いや、まぁ、その経営における悩みは

記事を読む

決まる!サンプルから選出されたグァテマラコーヒー

8月は娘と僕の誕生日月、そのお祝いということで昨晩、カミさんが焼肉をご馳走してくれました。 18時過

記事を読む

コーヒー好きな人にコーヒーギフトを贈りたい時に考えること

コーヒーが好きな人は多いはずです。   いわば現在はお茶というのが、コーヒーの代名詞になる

記事を読む

冷めたコーヒーを美味しくする方法はあるのか

プロローグ まだ残暑厳しい高槻ですが、少しずつ秋の気配を見せてきたところもあります。 &nb

記事を読む

いつも同じ味わいを作り続ける、という努力

昨日はお休み。 2週間ぶりのやっとの休み。 カミさんと頑張った自分へのご褒美に、お昼は高槻店のご近所

記事を読む

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ 今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになって

記事を読む

どうなる?マンデリンの行方

コーヒーが栽培される所謂、コーヒー生産国は赤道を中心に北回帰線と南回帰線の間にあり、その一帯をコーヒ

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

お好みのコーヒーの味わいは?

昨日はお休みで、おじいちゃんおばあちゃんの家に行き過ごしました。 お昼、時間ができたので、僕一人で近

記事を読む

コーヒーをお湯や水で割るってどうなの?

プロローグ あなたはコーヒーをお湯やお水で割って、コーヒーを飲まれますか? 僕はあります。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑