*

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

公開日: : coffee , ,

プロローグ

コーヒーの味わいをつくる。
これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロをIHにするかガスにするか、お米の炊飯器を電気にするか、ガスにするか、そんな選択でもいろいろ変わっていくようにコーヒーの味わいも又しかりです。

 

焙煎機のチョイスから始まり、コーヒー豆の原料選び、こういったところで選択をし、どんな味わいを作りたいかを決めていきます。

 

それをもうちょっと身近なもので例えてみようと思いまして、今回は島珈琲の味わいをスポーツで例えてみようと試みてみました。

 

よろしければ、続きをお楽しみください。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

まずは陸上競技で

例えば陸上競技だとどんな種目を思い出されますか?

 

走る、イメージが強いですね。

 

短距離走と長距離走。
短距離は短い時間に凝縮された、ゼロコンマ何秒を競いますよね。

 

長距離、例えば42.195キロを駆け抜けるマラソン。
駆け引きや展開があり、長い時間にはいくつものドラマがあります。

 

僕が目指しているのは短距離のように、ドカン!って感じではなく、長距離走のようなイメージ。

 

ボクシングで例えてみると、前にガンガンでて打って打って打ちまくるファイターのようではなく、アウトボクシングでジャブジャブで牽制しながら的確にパンチを積み重ねて、しかるべきタイミングでグッと前に出て試合を決める、そんな感じです。

 

IMG_2758

 

どんな味つくりか

短時間決着型ではなく、長時間決着型なんですね、これは僕の造語ですが。

 

つまりですね、飽きさせないための味つくりのような感じです。

 

インパクトを強く与える方法か、徐々に自然と島珈琲のコーヒーが生活の一部の味わいになってもらえる方法か、というと後者になりますね。

 

お商売ですので、長く気に入ってもらえる味わいでないといけません。
腹八分目と言うべきでしょうか。

 

そんな感じで14年細々と続けさせてもらっています、ほんとうにおかげ様です、感謝。
うーん、まとめがちょっと弱くなっちゃたなぁ(笑)

 

エピローグ

僕のお商売の座右の銘である「商いはあきない味つくり」。
あきられないために何をするか。
忘れられないように何をするか。

 

そんなことを考えながら、味つくりに対していつも真正面を向いています。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

島珈琲カッター

コーヒーという飲み物は ほんとに繊細でいろんな条件で味の出方がずいぶんと変わってくるコーヒー豆の原料

記事を読む

なぜ?カフェや喫茶店のお冷や(お水)が出てくるのか

プロローグ 昨晩は娘の4歳の誕生日パーティでした。   娘のリクエストを奥様

記事を読む

もっとはやく気づいていれば・・・

プロローグ 僕がコーヒーのことをブログの記事として書くわけは、僕がコーヒーことが大好きなことと、ま

記事を読む

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

コーヒーにはどんな水がいいのか?コーヒーと水の関係

プロローグ セミナーを開催するといいことがあります。さて、なんでしょう? そうです!いろんな質問

記事を読む

焙煎すると目方が減る話から、アメリカンコーヒーの「なぜ?」を説いてみた

プロローグ 今日は焙煎をすると目方が減るという話から、アメリカンコーヒーがなぜ浅焙煎のコーヒーなの

記事を読む

コーヒーの産地でも味わいを作っている、というお話

昨晩は、娘が早く寝てしまったのでお風呂を上がった後、黒霧島のロックを飲みながら読書をしました。

記事を読む

ブレンドの作り方 考え方

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 高槻店での喫茶部門 夏のナ

記事を読む

天然のコーヒーの甘みって、なんだ!

プロローグ 大阪は梅雨明けし、夏本番に入りました。 今年は暑い夏になると聞いております、体調管理

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

大事なイベントでどう? こんな風呂敷ギフトできるんですYO!

先ほど「喫茶たんぽぽ」さんで働くA君が御来店。 A君は僕のことを師匠

ミルでも変わるコーヒーの味わい

使わなくなった1台のミルの手入れをしています。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑