*

出力を抑えて (4970)

公開日: : coffee

基本的に焙煎はコーヒー豆の持っているポテンシャルをどれだけ引き出すか、なのでもともと無いものを引き出すことはできないという考えでやっています。

 

コーヒーの香りも銘柄によって一様に違うわけで、強いものもあれば穏やかなものもあったり、いろいろ違いをもっています。

 

だから持っているモノを焙煎によってどう引き出すか、これが焙煎士の腕であり技術であり、どの焙煎機を選ぶか、そしてどういう焙煎方法をするか、も、焙煎士の培った目であったり技術であったりします。

 

逆に持っているモノをあまり引き出さない、というのも技術でありまして、今回はそれにトライしました。

 

というかいつもやっている方法で焙煎してみました。

 

話を小休止しまして、昨日は社会福祉法人つながりが運営するカフェ「サニースポット」さんへ、コーヒーシロップ無糖をお渡ししました。

 

サニースポットさんでは、コーヒーシロップ無糖にオリジナルで製作したはにたん(高槻のマスコットキャラクター)の可愛いボトルタグもついている商品です。

 

サニースポットさんの店内でも販売されています。

 

サニースポットさんのウェブはこちらです。

 

http://tsunagari.info/daytime/

 

 

引き出さない

 

引き出すのも技術ですが、持ってるものを引き出さないのもまた技術です。

 

というのも、連日からここでも書いている高品質ロブスタ種なんですが、もうちょっと味わいの出方をソフトにさせたいと思いまして、昨日お風呂の中で、あっそっか、あのやり方でやってみたら味わいがソフトになるかもなぁ、と思ったので今日の焙煎で早速試してみたのです。

 

このブログを書き上げた後、もう少しその焙煎豆を寝かしてから、味見をしようかと思うのでまだその結果はわからないのですが、なんとなく手ごたえはありました。

 

ブレンドに合わせた時に、高品質ロブスタの出力をもう少し柔らかなものにしたいので、持っている力を引き出さないそんな焙煎でやってみて、また味わいの方は後日ブログに書きたいと思いますので、お待ちくださいね。

 

焙煎はシンプルが故に面白い

 

コーヒーの焙煎は調味料を使って、味わいを整えたり加えたりする作業ではなく、熱であぶり化学変化を起させて美味しいコーヒー豆にする作業。

 

誤魔化しがきかないので、そこがむずかしいところでもありますが、楽しいところでもあります。

 

焙煎しながら味見をすることも出来ませんし、頭の中にあるこういう味わいにしたいおいうイメージにそって、セミオートのマシンを操作するだけ。

 

あの地点に投げたい、遠くで見えるキャッチボールする人のグローブに向かってボールを投げる、遠投のような感じだなコーヒーの焙煎って、といつも思ったりしております。

 

ということで、この後はその持ち味を引き出さない焙煎で、焙煎した高品質ロブスタの味見をしてみますね。

 

楽しみ。

 

それでは、どうぞ良い週末を。

 

こころに響くコーヒーを 焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

 

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と言って、中に進んでこられます。

記事を読む

今期もいいエチオピア・モカ キープしました

先日、委託のお仕事を頂いている障がい者支援施設とのコラボカフェ、cafeBeでの月イチのミーティング

記事を読む

コーヒーパワーアップ大作戦

 来る11月16日 神戸 マツモトコーヒーさんでおこなわれる エスプレッソセミナーに出席し

記事を読む

アメリカーノっていうコーヒーはどんなコーヒーなの?

アメリカーノという聞いて、皆さんは何を思い浮かべますか? もちろん知っている人には愚問ですが、アメ

記事を読む

自宅でもできる簡単なブレンドを作る

先日あった大阪北部地震で、島珈琲高槻店があるビルの2階の窓ガラスに、しかも強化ガラスですよ、それに大

記事を読む

カフェオレとカフェラテ、違いはそこだったのか

プロローグ 昨日の晩、僕がバイクで家に帰ると、その音で僕が帰ってきたのを気づいた4歳の娘が、ダダダ

記事を読む

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半から焙煎をスタートしましたが、

記事を読む

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきま

記事を読む

島珈琲の粉は基本、中細挽きです

月曜日は僕自身のお休みです。   高槻店の定休日は日曜日・月曜日。 岡町本店は営業は日曜日

記事を読む

冷めたコーヒーを温めなおす方法

娘が胃腸炎になりました。 聞けば土曜日、幼稚園の発表会があったのですが、何とか舞台には立ったけども、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
割れ豆、多し (4990)

カフェインゼロコーヒー、巷ではカフェインレスやデカフェと呼ばれているコ

七難八苦 (4989)

ブログの号数が4989だったので、あら四苦八苦やなぁと思ったんです。

急冷にはキレがある (4988)

アイスコーヒーの本格的なシーズンインに。   アイスコーヒー

水出しコーヒーでNGなこと (4987)

昨日の晩は、ホットプレートで餃子大会でした。   先日購入し

味見のテストはペーパードリップです (4986)

今日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑