*

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのですね。

 

つまりマイナスなイメージで使うことってことなんですが、お客さんとお話しているとやはり伝わりやすい味の表現はこの「酸味と苦味」なんですね。

 

ですから、プロがどう使おうが知ったこっちゃないと思いますので、僕は酸味と苦味という味の表現を多用します。

 

この話をお客さんにするけっこう驚くので、今一度書いてみました。
あんまり関係ないですけどね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_4710

 

コーヒーはなぜ難しいのか

単純に味わいの表現が身近なものにないから、ではないでしょうか。

 

「わたしコーヒーの味、よくわからへんねん」と時々お聞きますが、でも美味しいか美味しくないかはわかるはず。
その時点で味は分かっているのでご安心下さい。

 

要するに味がわからないのではなく、コーヒーの味わいをどう表現したらよいかわからない、なのです。
お米の味わいもどう表現するかわからないけど、良い米か否かはわかりますよね。

 

味わいの表現がわからないから難しいのです。
だからと言って、コーヒーのプロが使うワインのソムリエのような言葉を使うともっと分かりにくくなります。

ナッツだとかベリーだとか、フルーティだとかね。

 

なので、酸味と苦味でわかりやすく分けてみます。

 

酸味は中焙煎 苦味は深焙煎

酸味も苦味もここでいうのは、爽やかで嫌味のないものです。
心地良い良質な酸味と苦味です。

 

舌を刺すようなそれではありません。

 

中焙煎のコーヒーが向いているシーン

 

朝の起きて爽やかなコーヒーが欲しい時、和菓子を食べるとき(個人的に)、ブラックで飲む事が多いとき、軽めの味わいのコーヒーが欲しい時、あっさりとした料理を食べたあと、何気ない一杯、1日にけっこうなコーヒーの杯数を飲む時、コーヒーをガブガブ飲むことの多い方、あっさり目のケーキやスィーツの食べるとき、などなどですね。

 

 

深焙煎の苦味のコーヒーが向いてるシーン

 

生クリーム系のケーキやスィーツと一緒に飲む時、ミルクや砂糖をいれて飲む方、気付けの一杯的なとき、目覚めの一杯、目覚ましの一杯、濃い目の料理や脂っこい料理のあと、数杯よりも一杯で満足したいコーヒーを飲みたいとき、口にどっしりとした重量感のある味わいが欲しいとき、どちらかというとお料理でも濃い味が好きな方、野外で寒い場所で飲むコーヒーのとき、などなど。

 

お好みもあるかと思うので、それぞれですがざっと思いつくまま書いてみました。

 

こんな感じでシーンでわけてみて、爽やかな酸味で飲みやすい中焙煎のコーヒー、もしくは苦味があってコクのある深焙煎のコーヒーかを選ぶのよいかなぁと思います。

 

参考にしてくださいね。

 

コーヒーの香りでちょっと幸せな気分を。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

1日に焙煎している量はどれくらいですか?

今週は月末、スケジュール的には余裕があるつもりで居たのですが、実はそうではなく、なんかバタバタしてい

記事を読む

コーヒー焙煎屋の僕がミルクを入れて飲む理由

昨日は奥さんはお休み。 その奥さんから営業時間中に電話があり、それを取ると娘へとすぐにバトンタッチ

記事を読む

オーダーを頂いたブレンドはその都度混ぜ合わせる、これ島珈琲流

プロローグ 日曜日は、営業日が日曜日だけの岡町本店へ、朝6時前に起き、車に乗り込み高槻店で荷物を積

記事を読む

そうだったのか!喫茶店ででてくるお冷やの役割とは

プロローグ カフェや喫茶店に行くとお冷や、お水ですね、出てきますよね。 その役割について今日は記

記事を読む

コーヒーの未来はどうなる!?これからのコーヒーのこと

プロローグ 最近、お客様とこれからのコーヒーついてのお話をすることが多い僕です。 こんにちは 焙

記事を読む

焙煎カーブをえがく

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   僕は「人生とはなんぞや」というの

記事を読む

焦げた苦味は本来持つ コーヒーの苦味ではないのだ

プロローグ 先日、お客様に「コクはあって欲しいけど、苦味はあまりいらないんです。そんなコーヒーあり

記事を読む

「香り」アップしました

コーヒーはなんといっても「香り」のものですよね。 実は僕、開業する前はタバコを吸う人でした。

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

今日の記事はあなたのためだけに

今日は僕にとって とてもうれしい日です それは なんでしょうか? こんにちは 今日の大阪のお天気は荒

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑