*

コストが高くなってかまわないから、という夢みたいなオーダー

公開日: : coffee

コショウの存在って面白いですよね。
単独で食べることはありませんが、料理には欠かせない存在。

 

コショウ好きの僕は、コショウに合う料理にはだいたいかけたくなります。
コショウがあるだけで、お料理の味わいの雰囲気も変わりますね。
それぐらい影響力のあるコショウという存在。

 

コーヒーのブレンドでもね、ある豆がコショウの様なそんな影響を与える時ってあるんです。
今回はそんなお話をおりまぜて。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

コスト高くなってかまわないから、という夢みたいなオーダー

 

今までね、一度だけそんなオーダーを頂いたことあります。
だいたいブレンドを作るときは、コストも当然考えます。

 

先様が望む仕入値を考えて構成を考え、そして味合わせをするという感じですが、高くなっていいから、と言われると逆にどうしよう、と嬉しく悩んじゃいますね。

 

それが、実は短パン社長こと奥ノ谷圭祐さんプロデュース、TNAPN COFFEEだったのです。
ベースはグァテマラとエチオピアモカ、どちらも奥ノ谷圭祐さんの好みのコーヒー。

 

ちなみに2年前と3年前と2回の販売機会があり、その販売量はとてつもない量でした。
足して300キロくらい、仮に1人で1日3杯飲んだとしても、消費するのに27年近くかかる量なのです。
それをたった数日で販売してしまうという、すごいですよね。

 

そのTANPAN COFFEEの復刻版が

 

5月28日に長野県、白馬五竜スキー場にて開催される野外フェスティバルでなんと復刻版として販売します。

 

材料は残念ながら、エチオピアモカだけ同じものが手に入らず、それに近いものを。
短パン社長奥ノ谷圭祐さんとコーヒーツアーをしまして、短パン社長のお好みは把握しております。

 

グァテマラは高品質でも更にその上のグレードのものをご用意。
エチオピアモカも奥ノ谷圭祐さんの好みにバッチリなものをご用意。
ブレンドの配合はたぶん同じで大丈夫。

 

それでね、奥ノ谷圭祐さんのこのオリジナルコーヒーを作っていて、販売が決定する前に何度も何度もサンプルを提出したのですが、なかなか思うようにできなかったのです。

 

ふと、何気なくたまたまあったコスタリカの高級コーヒーをちょっと加えてみたんです、そう感覚的にはコショウのような感じで、です。

 

しかも味わい的には、短パン社長奥ノ谷圭祐さんのお好みにはちょっと遠いものを。

 

結果は、というと、実はそれが採用となったのです。
アクセントになったのですね。

 

僕自身も、どうかなぁと採用されるかどうか、運を天に任してドキドキでしたが、びっくりでした。

 

コクと苦みが欲しいなぁって、意見をもらってふとやってみようと作ったブレンド。
TANPAN COFFEEには、超高級なコスタリカ・ブラックハニーが調合されています。
それがコショウの様なアクセントの立場になった、すごいですね。

 

この復刻版、僕も作るのが楽しみです。
さぁそのコスタリカ・ブラックハニーもオーダーして、ばっちりです。
腕がなるなぁ。

 

TANPAN COFFEEは短パンフェスのみの販売ですが、コスタリカは余ると思うので、そのコスタリカは単品で、通販でも販売しようかなぁって思ってます。
焙煎アーティスト島規之が焙煎するブラックハニー、もしかしたら、ふふふ。
ブログをお見逃しなく!

そんなすごいコーヒーがまた作れる機会があってしあわせだなぁという話と、コショウに例えにブレンドにアクセントを入れるのお話でした。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の上位コースへ。 &n

記事を読む

タンザニア・コーヒーの魅力

本日11月7日(火)から9日(木)の間は、高槻店 喫茶コーナーはお休みとなります。 コーヒー豆(粉

記事を読む

コーヒー豆を粉にして購入した時、開封しなくても冷凍庫に保存すること!

プロローグ 僕はツイッターをしておりまして、日に4回くらいツィートをしています。 決めないと出来

記事を読む

毎日飲める あきない味つくりを目指して

本日は11月4日月曜日は祝日ですが、高槻店、岡町本店、cafeBe店、ともに定休日です。 どうぞお間

記事を読む

業務用卸

 島珈琲は家庭用のコーヒー豆のはかり売り 挽き売りだけでなく ショップで使われるコーヒーも

記事を読む

はじめてのコーヒーミル 手挽きと機械 どっちがいいの?

ある本を読んでいて、そこにはこうかかれていました。   ものがたくさんあること

記事を読む

コーヒーを飲んで美味しいと思う時、1つ言えること

昨日、電話がありました。 最近、売り込みの電話が多くて困っているのですが、またセールスの電話かなぁと

記事を読む

お待たせしました!島珈琲のホームページがスマホ対応に!

お待たせいたしました! 本日、島珈琲のホームページがリニューアルしました。  

記事を読む

点滴ドリップとは何か?

プロローグ 朝は早いめに仕事を開始して、夜は出来るだけ早く家に帰り、4歳の娘と遊ぶ時間と家族で晩ご

記事を読む

絵心

 ないなぁ~ と 昔から思っていました 学生のころ 美術の時間が大嫌いだった 人生とは後悔

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎中にイメージしているのはこんなこと

僕の中ではコーヒーの焙煎って、皆さんに分かりやすく例えると野球のボール

コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

昨晩は友達と忘年会。 実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣

まずはウェブから!価格を内税表示にします

最近、娘が将棋にハマっています。 昨晩も一局指しました。  

教えるとは教えられること

昨日は高槻芥川町にある食のセレクトショップ&カフェ テマヒマさんで、ワ

やっぱり質問が多いのはコーヒー豆、粉の保存方法

店頭で販売する楽しさは、お客さんと会話すること。 だいたい天気や気候の

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑