*

1粒のコーヒー豆の重さは、中煎りの方が重い 何に意識しておくか

公開日: : coffee , ,

お店のレジのことで、迷っています。
お隣の新しくオープンしたイタリアワイン専門店のオーナーさんに、先日、カード決済とかどうしてますか?と尋ねてみたのですね。

 

だってワインは高価なものもあるでしょう、だから。
そうすると、エアペイとエアレジを使ってます、と。

 

今なら、軽減税率の助成金も出ているので、半額くらいでそろえることできますよ、と。
そうか、そうなのか、教えてくださってありがとうございます!

 

カード決済の導入や、10月からの軽減税率のややこしいことをどうしようか、と思っていたので、渡りに船ですね。
空いた時間はそれを調べ、カミさんと相談しながらどうしよか考えています。
いつまでも、おっちゃんわからへんし!って言ってたらあきませんもんね。

 

今度、見に行って来ようかと思ってます。
デジタルについていくでー。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

一粒のコーヒー豆、煎りが浅いほど重たい

 

コーヒー焙煎という作業は、熱でコーヒー生豆をあぶり、化学変化を起こしてそれであの芳香なコーヒー豆に変化するのですね。

 

焙煎することを僕たちプロは「焼く」と言います。
焙煎すると焼くとでは、本来の意味は違ってくるのですが、細かいことは気にせず、今日これ焼いたでーなんて使います。

 

熱にあぶられるということは、コーヒー生豆に含まれる水分も熱により飛ばされるわけです。

 

だいたい、深焙煎=深煎りでは20%くらい、中焙煎=中煎りで15%くらい、出来上がりの重さが減っています。
つまり10キロ焙煎したら、深焙煎は出来上がり8キロ、中焙煎なら8.5キロ、という感じです。

 

なぜか?熱にあぶられる時間の問題ですね。
深焙煎の方が深く焙煎される、つまり熱にあぶられる時間が長いから、水分が飛ぶのも多くなる、ということです。

 

ちょっと意識しておくこと

 

1杯あたり10グラム使うとすると、豆の量はわずかな差ですが深焙煎の方が多く必要になる、ということですね。
さらに深焙煎の豆は、長くあぶられることにより、豆の大きさも中焙煎の豆よりも、わずかに大きくなっています。

 

計量スプーンなどですくう時は、ほんのわずかですが、深焙煎の場合、気持ち多めにする方がよいかと思います。
差は少ないですが、ちょっと意識することを僕は心がけています。

 

まぁ取るに足らないことですが、ちょっと意識してもらうといいかなぁということを、今回は書きました。
デジタルで計るときはいいですが、アナログや目分量になるときはちょっと意識してくださいね。

 

デジタルを知り使いながらも、アナログのことも大事にする、こんな姿勢でいたいなぁ、と思ってます。(基本アナログ人間ですが 笑)

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

アイスコーヒーはなぜ深煎りのコーヒー豆なのか?

プロローグ 先日、こんなツィートをしました、僕の中では皆さんからとっても反応があったツィートです。

記事を読む

アイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ パート2

プロローグ 最近、4歳になる娘がいろいろと言葉を覚え、唐突に、そんな言葉いつ覚えた?と思わせる言葉

記事を読む

特に中煎りは体調によって感じる味わいが変化しやすいように思う

コーヒーの味わいは、体調によって変わることがある。 体調を知るバロメーターである、とはこのブログでも

記事を読む

焙煎度合いに対して挽き方を変えるべきか

昨日はお休み。 午後、学校から帰ってきた娘と公園で少し遊び、カミさんのお母さんがスシローで御馳走して

記事を読む

コーヒーを抽出したあとのカス、二次利用はどんなのがいい?

プロローグ 今までブログを書いていて分かったこと、コーヒーの事で知りたい事の上位入る記事は、ドリッ

記事を読む

粉にする時、中煎りの豆は深煎りより少し粗く挽いてます

しっかり睡眠もとり、食事もとり、そこそこの運動もしているはずなのに(お店まで自転車通勤)、身体がだる

記事を読む

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれない、と思うことしばしば。 コ

記事を読む

島珈琲の味わいをスポーツで例えるとこうなる

プロローグ コーヒーの味わいをつくる。 これは本当に伝えにくいのですが、家庭の料理ならガスコンロ

記事を読む

お肉を焼くのにアミかフライパンかで味が変わるように、実はコーヒー焙煎もかわる

6月16日火曜日・6月17日水曜日は高槻店臨時休業させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

記事を読む

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、なんて誰も知りたくはないでしょ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑