*

進化するカップコーヒー

公開日: : coffee

昨日は久しぶりの休日。
朝はゆっくりめに起きて、それから娘と公園へ。

 

幼稚園のお友達も来ていて、一緒に「こおりおに」や「おしり探偵ごっこ」などをしました。
そのあとは、娘が行きたがっていたマクドナルドへ。

 

ハッピーセットのおもちゃが欲しいらしく、それを注文。
僕はエビフィレオを食べました。

 

もちろんドリンクはコーヒーを。
晩は家族でスシローに行きまして、そこでもカップコーヒーをオーダー。

 

どのお店もコーヒーに力が入ってているなぁ、と思ったり。
今回はそのカップコーヒーについて、思ったことをつらつらと。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

進化するカップコーヒー

 

マクドナルドのコーヒーは、ずいぶん変わったと思いました。
10数年前に一新してから、美味しくなり、今回久しぶり飲んで、また進化しているなぁと感じました。

 

僕が20代のころ、ですから20数年前はというと、そうしたカップコーヒーにはロブスタ種というコーヒー豆が、ブレンドされていることが多かった、というかほとんどだったと記憶しています。

 

美味しいコーヒーだなぁと思うとき、それはだいたいアラビカ種がほとんどです。
ロブスタ種とは、アラビカ種より安価で、栽培に必要な条件のハードルも低く、大量生産に向いているコーヒーの種類なのですね。

 

お味の方はというとアラビカ種よりは劣り、独特の味わいがあって、それが入っているとプロなら一発でわかります。
それがたとえ10パーセントでも。

 

どんな役割かというと、コーヒーの原料費を下げるためにも一役を買っていた、というわけです。
しかし現在では、コンビニコーヒーなども含めて、沢山のお店のカップコーヒーを飲み、ロブスタ種のコーヒー豆はほとんどブレンドされていないと感じています。

 

豆の差か機械の差か

 

マクドナルドのカップコーヒーはSサイズで100円、Mサイズで150円。
スシローはMサイズくらいの大きさで、150円。

 

双方とも美味しくいただきました。

 

感想を書くと、マクドナルドはわりとあっさりめのコーヒーでした。
スシローはしっかり目のコーヒーでした。

 

同じくらいの価格なので、原価にかけられるのはだいたい同じ程度のもの。
ですので、味わいのレベルの差はほぼなく、味の濃淡、それとマシーンの差だと感じました。

 

障がいのある方の働く場所を増やそうプロジェクトで、僕もカップコーヒーの導入を考えております。
ですので、研究のために、いろんなお店のカップコーヒーを手にすることがおおくなりました。

 

掴んでいることは、マシンの差は大きいな、ということです。
どんな味わいを目指すのか、というところで非常に今回のカップコーヒーの飲み比べは勉強になりました。

 

今年、導入できるかな。

 

とまぁ、僕の感じたカップコーヒーのことを今回は書きました。
研究は続きます。

 

それでは今回はこのへんで。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

何か意味があるの?コーヒー豆に付けられている名前とは

プロローグ モカ、キリマンジャロ。 どちらも大抵の方は知っていると思います。  

記事を読む

ペーパーを濡らしてドリップするときに気をつけたいこと

プロローグ ペーパードリップの際、ペーパーを濡らす理由は以前に書きました。 そのブログはこちらで

記事を読む

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

コーヒーの粉に入っている「皮」の正体

皆さんは「正体」という字を見て、とっさに思い出すものは何ですか?   今、僕は

記事を読む

経時変化

僕は毎晩 ご飯のあとに家族でコーヒーメーカーでたてたコーヒーを飲んでいるのですが先日 あれっと思うこ

記事を読む

夏男

  で 暑さに強いと男と自称しておりましたが 最近 疲れがぬけずに 少しグロッキー気味な島

記事を読む

コクのあるコーヒーを選ぶにはどうしたらよいですか?

昨晩は友達と忘年会でした。 楽しい時間を過ごし、楽しいとうっかり飲み過ぎてしまう僕、ついつい遅い時

記事を読む

コーヒー豆を売っているが、売っているのはコーヒー豆じゃない

プロローグ なんか禅問答みたいなブログタイトルになってしまいました。   昨

記事を読む

焙煎じゃないよ冷却だよ!

   冷却機でぐるぐるしているところを よく焙煎していると思われている方が多

記事を読む

うまいコーヒーを焙煎するには!

今朝6時頃 高槻店へ向かう朝の風は涼しく これからもこの涼しい朝が続いてくれればなぁ~と 思いながら

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑