*

ドリップとドロップ

公開日: : coffee

先日、このブログを読んでくださっているお客さんから、あのコーヒーマシン実は島さんが一番楽しんでますよね、とお言葉を頂きました。
み、見抜かれてしまった。

 

はい。
その通りです。笑

 

ほんとうにこのドリップコーヒーマシンは良くできているな、とトラブルやアクシデントがある時にそう思わせてくれています。
ドリップコーヒーマシンと僕が勝手に言っていますが、ドリップコーヒーではないとも言えまして、まぁ今回はですね、このマシンではどんな風に抽出されているかを簡単に説明していきます。
ドリップコーヒーマシンのハッチを開け、下の写真が内部の様子となります。

 

 

8つのボタンがある

 

8つのボタンがあり、それぞれに抽出プログラムを設定ができるようになっています。
まず3つある豆タンクのうち指定したその豆タンクから豆が落ち、真ん中上部の丸い部分がミルで豆を粉にし、その下の透明の容器の中でお湯と混ぜ合わせます。

 

豆のグラム数、それからミルの挽目の設定、お湯の量、そしてここで混ぜ合わす時の強度、そしてその時間設定など細かに設定できるんです。
しかもこのマシンには、ミルで粉にした時に出る微粉を吸う装置もあり、その装置のおかげで飲み終えたカップの底には、ほとんど粉が残っていないのです。

 

混ぜ合わさったコーヒーの液体は、下のぺーパーとその下に更にあるフィルターを通り、最後のカップに注ぐためのタンクへ移されます。
そしてセットしているカップに落とされる、という仕組みです。

 

それで、もしこの途中でセットミスなどあって抽出が不完全になる場合、抽出液がマシンを置いているテーブル一面に流れ出ることはなく、マシン内部にある受け缶のどこかで受け止めれるよう設計されており、それはすごく感心させられました。

 

ドリップとドロップ

 

ドリップとはしずくとか、したたりを意味する英語です。

 

このマシンの場合、ペーパーで濾す時もマシンの力で抽出液を吸引しているので、しずくとかしたたりとか、いわゆるドリップというところが当てはまらないのでは、とも思ったりしますが、言葉として広く認知されているドリップコーヒーとお伝えする方が、お客さんに親切だと思い、ドリップコーヒーマシンとメニューにはドリップコーヒーと書いています。

 

ドリップというよりドロップかな、と思ったり。
いや、しかしほんとうに良くできているマシンで、このマシンで作るコーヒーは沢山のお客さんに喜んでもらっています。
高槻にお越しの際はぜひ、島珈琲のコーヒー豆で淹れるドリップコーヒーマシンのコーヒーを味わってみてくださいね。

 

ということで、また僕が楽しんでる記事を書いちゃった。笑

 

それでは、このへんで。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ブレンドコーヒーとストレートコーヒー 何がどう違うの?

野球のピッチャーの球種で例えると、ブレンドコーヒーは変化球、ストレートコーヒーはまさしく直球ストレー

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

コーヒーのプロですが、家ではコーヒーメーカーで淹れて飲んでいます

朝型か夜型か、と問われると朝型人間です。 徹夜とかもうできません。   したがってコーヒー

記事を読む

1杯のコーヒーは3回の味わいを楽しむことができるのです

コーヒーの味わいが3回楽しめる? つまり、ブラックコーヒー、ミルクを入れて、最後に砂糖を入れるって

記事を読む

ドリップするコーヒーポットを選ぶとき、あったら便利なもの

家に帰ると「とうちゃん、おかえりー!」と4歳の娘がだっこをせがみます。   な

記事を読む

ブラジルの違い 香りの違い

昨日はお休みでしたが、コーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎を午前中に。 来週の月曜日のお休み、今度は高槻

記事を読む

まとめて買うのがよいか こまめに買うのがよいのか どっちだ?

プロローグ 「これからのビジネススタイルは好きなこと(もの)と好きなこと(もの)を足してあなただけ

記事を読む

コーヒー豆の脂ってナニ?というお話

長くブログを続けていると、ブログのタイトルを見つければその日のブログはもう書いたも同然、な感じになる

記事を読む

なんでそんなに種類があるの?コーヒー計量カップの種類

プロローグ コーヒーを1杯淹れるのに必要なコーヒー豆、粉は島珈琲では10グラムとお伝えしています。

記事を読む

大切なのはパートナーシップ

本日は定休日ですが、午前中は焙煎機のメンテナンスを。 この3ヶ月間随分沢山の焙煎をしたので、今日はし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑