*

同じブラジルでもお店によって味わいが違うのはなぜでしょう

プロローグ

コーヒーの味わいってわかりにくいですよね。
どうしてわかりにくいのか。

 

僕なりにちょっと考えたんですけども、ピサの味ってわかりますよね、パンもハンバーグも。
食べ物はわかりやすいけども、飲み物はわかりにくい、なぜか。

 

これは「噛む」にあるのではないか、と思ったのです。
噛むことによって唾液が分泌されて、味覚をキャッチしやすくなるのでは、と思うのです。

 

なんでそんなことを言うのか、実は小学2年生の頃「牛乳は噛んで飲みなさい」と好井先生からよく言われてました。
実際、牛乳を噛んで飲んでみるとなかなか美味しいのです。
ですから、「噛む」というのが味覚をわかりやすくする、しない、の差なのかなと思ったわけです。

 

のっけから全く関係ない話を書きました。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

店によって味わいが違うのはなぜ

簡単にいうと、中華料理屋さんによってチャーハンが違うのと同じですね。
同じチャーハンでも、玉子を炒めてからご飯を絡めるか、それとも玉子かけご飯のように、ご飯に生玉子を絡めてから炒めるか、これだけも全然違いますよね。

 

コーヒーもこんな感じで、お店のマスターによっていろいろな考えを持っております。
同じブラジルを選ぶにしてもでも、ブラジルの産地や精製法、それから品種などが違うと味わいは変わります。

IMG_1045

 

 

そして道具

例えば中華料理。
北京料理の北京鍋は、鍋に持ち手の柄が付いてます。
簡単に表現したら、鍋にもつ棒がついている、ですね。

 

しかし同じ中華料理でも、広東料理の広東鍋には鍋を持つ柄は付いてません。
これでどう味が変化をするのかはちょっとわかりませんが(無責任だなぁ 笑)、とにかく道具が違うことは何かあるはずです。

 

僕たちコーヒー豆屋も焙煎機が違います。
国内メーカーであったり、外国メーカーであったり。
釜の作りが違ったり、熱源が違ったり、オートマだったり、半手動であったり。
いろんな事で味わいが違います。

 

要はお店が作りたい味わいがそこにある、という事なんですね。

 

エピローグ

コーヒーの違いは分かりにくいです。
噛んで飲みましょう、とは言いません。

一番わかりやすいのは、同時に右と左で違うお店のブラジルを飲み比べる、これがその差を知るに一番良い方法です。
あるいは味の記憶が残っているうちに、比べたい味わいを飲み(食べ)記憶の中で比べる、これが違いを知る方法です。

 

味覚というのは記憶で形成されているので、とにかく記憶していく事が味覚をレベルアップさせれコツですね。
今日は中華料理を例えにだしながら、バラバラな文を無理矢理くっつけた記事になりました。あはは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

のばそう!

背筋を伸ばしてピンと! 最近 とくに昼食後は眠た~いですね いかがお過ごしでしょうか?こんにちは さ

記事を読む

来年のコーヒーシロップは切らさないようにします!

毎年そうなんですが、やっちまったなーってなるんです。 年末にコーヒー豆が足りなくなるとどうしようもな

記事を読む

今までにない状況

まさかの6月に梅雨が明け、真夏が7月の初めから始まると言う、未だかつてない夏となっています。 焙煎を

記事を読む

うまいコーヒーを焙煎するには!

今朝6時頃 高槻店へ向かう朝の風は涼しく これからもこの涼しい朝が続いてくれればなぁ~と 思いながら

記事を読む

ドリップとドロップ

先日、このブログを読んでくださっているお客さんから、あのコーヒーマシン実は島さんが一番楽しんでますよ

記事を読む

ブレンドコーヒーはチーム力だ!

シングルオリジンというのは、単一農園産のコーヒーを指します。   もし僕がブラ

記事を読む

イエメン

 そうです 休日 主におうちで過ごすのが好きな男性を「イエメン」 というそうです それは嘘

記事を読む

豆のままか 粉のするか どっちが多い?

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、豊中岡町本店に来て焙煎そして店頭に立ち営業しております。 いつも

記事を読む

好みのコーヒー豆の探し方

プロローグ コーヒーには沢山の種類があって、どれが、どんな味わいをしているのか、を例えばお店で言葉

記事を読む

カリタ銅ポットをオススメする理由

来月、3月29日で島珈琲は開業18周年となります。 26歳に島珈琲を現在の岡町本店で開業。 &nbs

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーシロップ無糖2023 明日2月10日より販売です

次のお休みの月曜日の午前中に、カミさんと京都へ行き、お昼頃高槻に戻る予

当たり前が一番むずかしい

昨日は東京からコーヒー豆を仕入している商社の社長さんが、わざわざ高槻店

安心も買っている

昨日はお休みで、バイクで所用巡りでした。   用事の最後に、

素直さこそスピード論

月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 今日はバイクで所

この焙煎機たちと一生付き合っていきたい

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店にやってきまして、先ほ

→もっと見る

PAGE TOP ↑