*

コーヒーシロップ無糖は11月か12月に製造予定です

公開日: : coffee, お知らせ

昨晩は懐かしい歌をYouTubeで、聞き入っていました。
ザ・ブルーハーツのトレイン・トレインとか。

 

懐かしいなぁと思いつつ、歌詞をよく聞いてみると当時では気づかなかった、歌詞に対する作者の想いなどを知ったり。
ただなんとなく歌として聞いていた当時、歌詞の意味を読み取るように聞く今、また違った味わいがあるなぁと感じていました。

 

世界中に建てられているどんな記念碑なんかより あなたが生きている今日はどんなに意味があるだろう
このフレーズにいろいろと考えさせられました。

 

聞く側の解釈により、いろんな意味へと変わるけど、僕には生きているということが素晴らしいことと心に入ってきました。
昔、よく聞いていた歌を改めて聞き直すのも、今の感性で当時とは違う解釈や想いを連想させるので、良いことだなぁなんて思い聞いておりました。

 

さて、今回はお知らせブログです。

 

 

コーヒーシロップ無糖を今年はもう1回作ろうと思っています!

 

今までは基本的にコーヒーシロップ無糖は、販売シーズンの終わる夏以降に売りきれた時点で終了としてました。

 

早い時で10月くらいに売切れて、翌年の2月に再販するというパターンでしたが、今年は12月あたりを軸にもう1回コーヒーシロップ無糖の製造をし、売り切れ状態をなくして通年販売する、それを今回試みようと考えてます。

 

春夏に比べ秋冬の販売ペースはグッと落ち込むのですが、昨年は12月に結構な方から、無糖はないのですか?というお言葉を頂きまして、8月に製造したコーヒーシロップ無糖が11月か12月あたりに底をつきそうなので、今回は売り切れ期間をつくらずに通年の販売にまず1回トライしてみようと、先ほどカミさんと話して決めました。

 

今年は冬のギフトにもOKです

 

例年冬はコーヒーシロップ加糖のみとなっていますが、コーヒーシロップ無糖も製造する予定なので、冬の贈り物にももちろんラインナップされます。

 

去年あたりから冬でもコーヒーシロップの動きが割とありますので、どんな動きになるか僕自身ちょっと楽しみにしております。
いろんなコーヒーの楽しみ方の選択肢が増えればいいかなぁ、なんて思っております。

 

11月か12月か、製造はどちらになるかわかりません。
今あるコーヒーシロップ無糖の在庫状況で、製造時期を決めようと思ってます。

 

またこちらのブログでも案内しますのでね。
今年はコーヒーシロップ無糖の売り切れはないので、どうぞお楽しみくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イ

記事を読む

コーヒーの巨匠に会いに行く 井の頭公園の「もか」

かれこれ20年以上前。 コーヒー焙煎に強く興味を持った、当時の僕はある日急に思い立ち、よし東京のコ

記事を読む

ホームセンターとかのコーヒー器具コーナー、なかなかいいよ!

昨日はコーヒーシロップ無糖が無事、入荷してまいりました。 本日より販売開始しております。(というか、

記事を読む

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か

プロローグ ペーパードリップの種類、そして器具やメーカー、その違いは何か?色々あってよく分かりませ

記事を読む

実はアイスコーヒーにも色々種類があるんです

プロローグ 今日はアイスコーヒーもいろいろな種類があって、それぞれに個がある味について書いていこう

記事を読む

焙煎教室は3月13日に

 決定します! 焙煎教室といえばおこがましいですね 焙煎見学会と言い換えましょうか? 普段

記事を読む

no image

昨日の続き ではないですが

 今日もお客様がカプチーノのオーダーをされたので 下手なりにカプチーノアートして サーブさ

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

島珈琲も売れないときがありました、そんな時こうしてました

家に帰りお風呂に入っていると突如、明日のブログのネタが浮かぶときがあるんです。  

記事を読む

コーヒーも進化している

僕がコーヒー豆屋、島珈琲を開業したのは2002年、26歳の時でした。 ブログらしきものは2003年く

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
必要のないものは必要ないと言える人

最近、僕の楽しみの一つはバイクです。 通勤の家からお店までの10分くら

今回のブラジルはブラジルらしい味わいです

実は時代劇が大好きなんです。 最近、ハマっているのがYouTubeの東

この先の流通に考えること

僕の仕事用の車は、軽自動車の貨物で三菱のミニキャブという車種です。 中

岡町本店では、豊中市プレミアム付商品券が使えます!

さて、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店へ来て先ほ

再販します!コーヒーシロップ無糖が入荷しました!

12月に製造したのは初めてです。 コーヒーシロップ無糖が先ほど、加工工

→もっと見る

PAGE TOP ↑