*

良いコーヒーの条件とは何?

公開日: : coffee, エクスマ

昨日は東京、狛江にあるエクスマスタジオに行ってきました。
エクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾の塾生のみが参加できるエレメントEという、エクスマセミナーに参加してまいりました。

 

13時からセミナーがスタートし、19時半に懇親会が終了するタイムスケジュールだったので、日帰りで行ってきました。

 

ほんと楽しかったです、勉強っていいですね。
時々、エクスマセミナーに行くことによって、自分の考えを方向性を正す。
時間が空くと歪むじゃないですが、身体だってそうだし、考えもそうだと思うのですね。

 

ですからそれを矯正する感じですね。

 

もちろん、その中に新しい発見もあります。
そうしたことを、島珈琲ファンやお客さんの笑顔を増やすために応用していくのですね。

 

こんなことしたら、こういうふうに伝えたら、お客さんはもっと喜ぶんじゃないかって。

 

今回、自分の中で一番心にヒットした言葉は、藤村正宏先生の以前出版された本の表紙に書いてあった、「ルールを捨てろ 愛を書け」という言葉でした。

 

その言葉の本質と真意を理解していき、そうしたことが出来るように、やっていこうと思った次第です。
ルールを捨てろ、愛を書け なんかロックな言葉で素敵だなぁ。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

良いコーヒーの条件とは

 

そのエクスマスタジオで、師匠のオリジナルブレンド、スコットブレンドを飲まして頂いたのですね。
そうです、それは僕が愛情込めて焙煎し袋詰めした、ブレンドコーヒー。

 

スコットとはエクスマ(エクスペリエンス・マーケティング)の創始者である藤村正宏先生のニックネーム。
藤村正宏先生の好きなマンデリンとブラジルを使用した、甘く深い味わいのブレンド。

 

これを頂きながら、セミナーを受けるという、なんという贅沢。
美味しいなぁーーって、手前味噌になるのかな。(笑)

 

セミナーを聞き、スコットブレンドをゆっくり頂きながら思ったこと、良いコーヒーの条件とは、とふと頭に浮かびました。

 

良いコーヒーの条件、これはいくつもあり、そのいくつもが重なるから美味しく良いコーヒーになるのですが、その一つを今回は書いていきますね。

 

それは余韻。

コーヒーの余韻とは何か、なんだと思いますか?

 

口の中にいつまでも残る甘い味わい

 

良いコーヒーは、口の中で甘い味わいがわりとながく残るのですね。
甘さが口の中で長い時間広がっている、贅沢な余韻です。

 

逆に「むむむ」と思うコーヒーは、後口に嫌な苦味が残ったり、チクチクする刺激が残ったり、喉が渇いたりします。

 

良いコーヒーの条件のひとつに「余韻の素晴らしさ」、これを覚えておくとコーヒーの楽しさが飲んだ時だけでなく、その余韻まで楽しめるので、楽しさ2倍2倍です。

 

飴をなめ終わったような感じでしょうか。
そこに爽やかで甘く優しい味わいが残れば、それは良いコーヒーです。

 

そしてカップ。
飲み干した時に、そのカップに鼻をいっぱいいっぱいに近づけ、香りをかぐ。

 

カップに残る、残り香も良いコーヒーであれば甘く優しいもので、その香りかぐのも楽しいですよ。
これで楽しさ3倍になりましたね!
ということで、余韻をちょっと意識してみてくださいね。
 

貴方のコーヒーライフが、より楽しいものになりますように。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

道具は大事にするからこそ 最高のパフォーマンスを見せてくれる

プロローグ 昔から磨くことが好きで いや磨いて輝きをみるのが好きなのかなぁ 小学生の頃は自転車 青

記事を読む

知ってますぅ?歯周病対策にコーヒーが効果的なことを!

今朝は6時過ぎの家を出て 高槻店に車で向かい 岡町本店でも使う荷物を積みこんでいましたが 半袖

記事を読む

コ-ヒー豆を持ち帰るときの袋にあるバルブやアロマシールって何のため?

昨日はお休みでしたが、午前中は焙煎機のメンテナンスをしました。   今月か来月

記事を読む

カップに残る甘い香りの余韻も楽しんでください

昨晩、眠りの中でうっすらと腕が重いなぁ、と感じる。 夢の中の出来事か、それが現実か、よくわからない狭

記事を読む

甘いコーヒーは深焙煎か中焙煎か

昨日は定休日。 お昼はカミさんとランチデート。     カミさんが久し

記事を読む

高槻店と岡町本店は通常営業です

お電話やお店ででも、よく聞かれますので、改めてご連絡を。 高槻店と岡町本店は、通常営業しております。

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

安定の味わいを目指して

月曜日はお休みですが、カミさんと高槻店の屋上にある倉庫の荷物の移動をすることになっています。 &nb

記事を読む

こちら100万円のコーヒーミル。粉で買うか、豆で買うか、どっちが良いの?

プロローグ さて今回も質問コーナーです。 いやぁ助かります!笑 ブログネタに困りませんからね、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
数値通りではない

本日は月曜日で僕のお休みですが、早朝より岡町本店にてコーヒーシロップ無

口に長く残る甘い余韻

本日、日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て朝に焙煎を終え、

続・情報収集

コーヒー生豆は麻袋に入って、海を渡ってきます。 最近では、全てではない

コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の

為替の行方

お店の掃除を終え、レジ締めなど一通りの閉店作業が済んだら、バイクで帰路

→もっと見る

PAGE TOP ↑