*

ブレンド花 ~味わいの構成~

公開日: : coffee

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。
朝、お店に来るとまず焙煎機のスイッチをオンに。

 

暖機は20分ほどかけますが、その間に店先の掃除や打ち水などをしてセットアップ。
そしてキッチンのセットをしていると、そろそろスタートに。

 

朝の焙煎は、夏冬に関わらず空調のスィッチは入れません。
夏はかなり暑くなります。

 

なんで入れないかというと、クーラーの馬力が強くて、焙煎でお店の中が暑くなるとグングンと冷やしにかかるのです。
そうすると、なんかね、勘が(感覚が?)狂ってくるんのです。

 

暑いんですけど、暑い中でやっている方が、温度上昇とか湿度とか体感でキャッチできるので、その辺の焙煎における微調節が狂わないのですね。
最近は熱中症にはかなり気を付けていますのでね、皆さんもどうぞ暑さにお気をつけてくださいね。

 

さて、今回はブレンド花の味わい構成について。

 

 

タンザニアの銘柄が変更になりました

 

以前はタンザニア、キリマンジャロコーヒーですね、の銘柄はムベアというものを使用していました。
これが商社さんの方での在庫がなくなり、新たな代わりとしてムベアの近くの地区のものシランガ農協をご用意してくれました。

 

キリマンジャロコーヒーというよりも、隣国のケニアの風味を心持強く併せ持った味わいのシランガ農園。
ちょっとオーバーな言い方ですが、赤ワインのようにそれに似たコクを感じたりします。

 

ムベアよりもコクはしっかりです。
ムベアはザ・タンザニアという感じの味わいでしたが、この新しい銘柄のシランガはムベアをもう少しスマートにしてコクをが付いた、そんな感じのテイストです。

 

タンザニアでの単品では、このシランガ農協にチェンジしてますので、気になる方はタンザニアの単品でご注文してくださいね。

 

このタンザニアシランガは、ブレンド花にも混合(ブレンド)されています。

 

毎日カップテイストして研究してました

 

島珈琲のNO1ブレンド、ブレンド花ですからね。
毎日、コーヒーメーカーで淹れてしっかりと味見してました。

 

ブレンド花の構成は、すべて中焙煎=中煎りの豆で、ブラジルが50%、コロンビアが25%、タンザニアが25%と言う構成になっており、タンザニアがムベアから新しくシランガになって、この配合に違和感がないか数日かけてチェックしてました。

 

ムベアを使っていた時とは、多少の味わいの違いは出ますが、大きくぶれることなく、言われなけらばわからないことはないけど、気づきにくい程度のもので、これはストライクゾーンに入っているOKのラインです。

 

以前の花よりも少し、後口にコクが残るそんな味わいとなっています。

 

飲み口にブラジルのマイルドな味わいが広がって、真ん中あたりでコロンビアの甘みが来て、フィニッシュにタンザニア・シランガのコクが口の中に押し広がってくる、という順番で味わいのウェーブを感じてます。

 

まぁまぁ難しく考えずに、美味しいをお楽しみ頂けたら僕はそれで嬉しいですが、ちょっとこうした事を知っているとまたコーヒーの楽しみ方が広がるかなぁと思い、今回はこうしたことを書きました。

 

それでは、良い週末を美味しいコーヒーと共にお過ごしください。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ブレンドコーヒーはチーム力だ!

シングルオリジンというのは、単一農園産のコーヒーを指します。   もし僕がブラ

記事を読む

ハワイ島のコーヒー農園で仕事をして学んだこと

プロローグ 昨夜、出版する本の原稿を書いていて、ハワイ島へコーヒー栽培ボランティアに行っていたとき

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

お店によって違うコーヒー豆(粉)の袋、違いは何?

昨日は阪急宝塚線 中山観音駅 中山寺入り口のすぐにあるカフェ カフェ・ド・コクリコのマスターとママさ

記事を読む

いぶし銀になるまで

新聞で取り沙汰になっている出来事を あんましあーだこーだ言わないのが 僕の日記なんだけども この事件

記事を読む

知ってますか?コーヒーの苦味には2種類あることを

プロローグ コーヒーの味わいって何?と聞かれれば、酸味と苦味が頭に浮かぶと思います。 そのコーヒ

記事を読む

ゴールデンウイーク期間中のコーヒー生豆ばっちり確保しました!

高槻店は日曜日・月曜日が定休日。 駅前(駅近?)にあるのに日曜日のお休みはもったいない、とは思ってま

記事を読む

コーヒーにナッツの香りってあるの?

昨日、島珈琲のホームページが刷新されました。 スマホ対応になりまして、見やすいようになりました。

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑