*

11月の季節のブレンドは、冬の華 なのです

公開日: : coffee, 営業企画部

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店にやってきて店頭に立っています。

岡町本店は4坪、畳で言う8畳分の広さ。

 

お店と言うよりも、倉庫のような感じの物件でしたが、大家さんが煙突を上げるのに壁に穴をあけていいという許可を頂けたのと、阪急岡町駅から歩いて行ける距離だったので、この物件に決めたのがもう18年前。

 

2002年3月に開業して最初の3年間は月曜日を定休日にして週6日の営業、そして日曜日だけの営業になったのは2005年からですので、日曜日だけの営業になって15年、通算で18年も経っています。

 

次の3月には19周年に。
まだまだ続けて行けるよう、日々努力して、お客さんの「笑顔」や「喜び」のために出来ること考えて進んで行きたいと思ってます。

 

さて、島珈琲には、月替わりの季節のブレンドがあります。

 

 

11月の季節のブレンドは「冬の華」

 

月替わりのブレンドは、毎月違う味わいをご用意しています。
10月が深焙煎=深煎りなら、次の11月は中焙煎=中煎りとだいたい交代交代で、作るようにしています。

 

基本的にその月に入る新しいコーヒー豆や、新豆など、何らかの変化があった銘柄を使うことが多いですが、特に何もない時はその時に、これイキが良いなぁと感じたものをチョイス。

 

今回は新しく入ったコスタリカとコロンビア、中焙煎中南米タッグのブレンドをご用意しています。
味わいの似たこの2つの銘柄、僕の中でこの2つだけのブレンドを今まで作ることはなかったのですが、今回はやってみようと思いましてチャレンジしました。

 

中煎りですっきり爽やか甘みと酸味系の美味しさ

 

コロンビアはどちらかというとシュッとしているタイプ、コスタリカは意識すれば紅茶のよう味わいが隠れていて、そしてコクのあるコーヒー。

 

島珈琲の場合、中焙煎のコロンビアを上品に味わいをまとめると、コスタリカになる、感じで、味わいとしては似ていますが、似て非なるものでして、この2つが合わさるとなんともまぁ口の中に優しい甘みと酸味を残し、口の中が長くポカポカしている、そんな余韻を残すブレンドとなっています。

 

来月、12月は深焙煎でもワンランク上の深焙煎のブレンドで行こうと思っております。
なので、今月は軽快な口当たりのブレンドをご用意してます。

 

毎月変わる月替わりのブレンド。
その時々の美味しさを季節の変化とともに、お楽しみ頂けたらと思ってます。

 

ということで、今回は11月の季節のブレンドのご紹介でした。
ウェブサイトはこちら!
https://www.shima-coffee.com/ble-0007/

 

引き続き、岡町本店で頑張ります!

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの香りや美味しさはどこで決まるの?

昨日はバレンタインデーでした。 なんと娘が保育園でクッキーを僕に作ってくれたみたいで、「父ちゃ

記事を読む

コーヒーのアテを考える

昨晩、娘と遊んでいて肩車をして欲しいと言われました。 僕の肩を指さし、ここに乗せてーと。  

記事を読む

島さんが一番好きな抽出器具はなんですか?

昨晩は家に早く帰れる日でしたので、高槻店が閉店時間にくるとささっと後片づけをして、富田にあるエビフラ

記事を読む

安定の味わいを目指して

月曜日はお休みですが、カミさんと高槻店の屋上にある倉庫の荷物の移動をすることになっています。 &nb

記事を読む

忘れられないために何をするのか

さて月曜日。 月曜日は定休日、僕のお休みです。   朝起きて、家族で朝ご飯を食べて、そして

記事を読む

差は?カリタ・メリタ・円すい、ペーパードリップのメーカーの違いは何か

プロローグ ペーパードリップの種類、そして器具やメーカー、その違いは何か?色々あってよく分かりませ

記事を読む

1杯のコーヒーで、3度味わいを楽しむ方法

岡町本店は日曜日だけが営業日。 実質の本店の機能は高槻店にあるのですが、島珈琲の出発点がこの岡町本

記事を読む

コーヒーシロップ加糖が出来るまでの道のり

明日、日曜日はコーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎を行います。 コーヒーシロップとは、コーヒーの濃縮液で

記事を読む

1回の焙煎時間ってどれくらい? (4746)

焙煎のお話をしていると、かなりの高い確率で聞かれることは、焙煎の時間についてですね。 店頭でも何かの

記事を読む

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさせてもらいました。  

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続きます コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎 (4975)

次の月曜日の定休日には、お休みを返上しましてコーヒーシロップ無糖の仕込

ということでミル掃除とバーナーメンテナンスできました (4974)

昨日の高槻は午後からひどい雨でした。   そのひどくなる前に

大雨の日はメンテナンスを (4973)

本日、高槻では朝から大雨警報が。   今日は家からお店までは

刷り込み (4972)

来週の月曜日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です。  

年齢、感じてます (4971)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に朝は7時くらいに到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑