*

焙煎度合いで豆の大きさが違う・ドリップ時の感触が変わる

公開日: : coffee ,

今日、早朝からコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎を岡町本店でするために、前日に岡町本店に荷物を運び、岡町本店の近くにある実家に泊まりました。

 

夜中3時前に台風が接近。
今までに聞いたことのない強い風切り音。
台風で家の揺れを感じたのは、初めてでした。

 

風は強かったですが、朝お店に歩いて向かうと特に何かあった様子はなく、強いて言えば葉っぱ散らばっていたくらいの豊中でした。

 

今年はほんとうに何があるかわかりませんね。
暑さもまだまだ続くというか、本来ならこのあたりから夏本番。

 

夏バテなどないように気を付けてくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

焙煎度合いで豆の大きさが違う

 

同じブラジルコーヒーの豆があるとします。
一つは中焙煎=中煎り(写真右)、もう一つは深焙煎=深煎り(写真左)、わかりにくいですが並べてみるとどっちが大きいと思いますか

 

 

 

そうですね、微妙ですが深焙煎の方が大きいです。(一粒ちょっとサイズの違う豆があるかな・・・)
これは同じブラジルコーヒーで銘柄も同じ、違うのは焙煎度合いだけです。

 

ということは大きさが違う原因は、焙煎によってということになりますよね。

 

なぜ焙煎度合いによってコーヒー豆の大きさが違ってくるのか、といいますと深焙煎の方が、中焙煎よりも熱にあたっている時間が長いのですね。(注:同じ条件で焙煎したとして)

 

コーヒー豆は繊維の固まりみたいなものですが、焙煎とは熱によってコーヒー豆の繊維が伸ばされるわけで、時間が長いとその分伸びる、ということになり、結果深焙煎の方が中焙煎よりも熱で繊維が伸ばされて、豆が大きくなる、ということなんです。

 

但し大きいけども、中に含まれる水分は深焙煎の方が熱により飛ばされているので、中焙煎よりも1粒あたりの重さは軽くなっています。

 

1粒を取ってみると、中焙煎の方のコーヒー豆は小さくて重い、深焙煎は大きいけど軽い、ということです。

 

同じ200gのパックで比べてみれば、深焙煎の方がかさがあるので量が入っているように見えますが、実際は同じ量なんですね、機会があれば意識して見てくださいね。

 

ドリップ時の感触が変わる

 

上の文からの続きで、深焙煎のコーヒー豆は中焙煎より繊維が伸ばされているわけなんですね。

 

ドリップしたときの感触がどう違うかというと、深焙煎の方がフワッとしてサクッとした感じがあります。
それは繊維が膨らんでいる分、粉が水を吸う量が多く、それでそんなフワッとサクッとした感じになるのですね。

 

ドリップしているとき、フワッとしていませんか?

 

中焙煎はというと深焙煎とくらべて、重い感じがしますね。
深焙煎のようなとフワッとした感じではありません。

 

比べるとドシンとした感じです。

 

これは繊維が伸ばされてない分、水はけが良いというか吸わないというか、深焙煎よりも水が溜まるような感じになるかと思います。

 

この部分はテクニックでカバーできるものではなく、中焙煎だからこうなるのです。

 

ということで、焙煎によって大きさが違う、大きさが違う事でドリップにもそうした影響がある、ということを今回はまとめてみました。

 

意識して楽しんでくださいね。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ダイレクトドラム プロジェクト

 島珈琲 高槻店に設置された焙煎機は 量産される前 いわゆるプロトタイプで 1号機です 開

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

コーヒーのプロは缶コーヒーを飲まないのか?

プロローグ コンビニコーヒーが世間にあっという間に広がった。 こんな早く定着するなんて僕は予想し

記事を読む

イチバーン簡単なコーヒー器具、淹れ方はこれ

さて、あの芸能人 短パン社長 奥ノ谷圭祐さん監修 TANPANCOFFEEがいよいよ発送されました。

記事を読む

コーヒーのプロは1日何杯のコーヒーを飲んでいるのか

栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう &nb

記事を読む

コーヒーのプロの僕がコーヒーを淹れる器具で、一番だと思うもの

一時の事を思うと、随分とコーヒーの抽出器具も多くなったと感じております。 お客さんに教えてもらうこと

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

新豆さん!いらっしゃーい!

  いったい何人の人が 三枝ふうのイントネーションで読んでくれただろうか・・・? 先程 朝

記事を読む

ほんの少し幸せに ほんの少し豊かに

自営業をはじめ 独立したのが2002年 紆余曲折だらけですが13年目に入り 13周年も年が明ければも

記事を読む

味と香りと男と女

プロローグ 1日2杯の酒を飲み 肴は特にこだわらず マイク来たなら微笑んで 十八番をひとつ歌うだけ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
心を軽くするための思考

思えばコーヒーも心を軽くする飲み物、ですね。 行き詰った時、ちょっと気

ありがとうございます、岡町本店はこの年の3月29日で19周年です!

本日は日曜日。 日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店で営業しつつ

開封しなくても冷凍保存!~粉で購入編~

僕は掃除するのが好きな方で、お店の掃除はほとんど僕がしています。 朝、

コーヒー器具は銅製が良いの?

次の休みはもう3月になるんだなぁなんて思ったり。 次の休みはこの週末が

あの「そばかりんとう」入荷しました。再販してます!

本来なら、2月25日と26日は毎年、高槻天神祭りが開催され、高槻店の前

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑