*

焙煎度合いで豆の大きさが違う・ドリップ時の感触が変わる

公開日: : coffee ,

今日、早朝からコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎を岡町本店でするために、前日に岡町本店に荷物を運び、岡町本店の近くにある実家に泊まりました。

 

夜中3時前に台風が接近。
今までに聞いたことのない強い風切り音。
台風で家の揺れを感じたのは、初めてでした。

 

風は強かったですが、朝お店に歩いて向かうと特に何かあった様子はなく、強いて言えば葉っぱ散らばっていたくらいの豊中でした。

 

今年はほんとうに何があるかわかりませんね。
暑さもまだまだ続くというか、本来ならこのあたりから夏本番。

 

夏バテなどないように気を付けてくださいね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

焙煎度合いで豆の大きさが違う

 

同じブラジルコーヒーの豆があるとします。
一つは中焙煎=中煎り(写真右)、もう一つは深焙煎=深煎り(写真左)、わかりにくいですが並べてみるとどっちが大きいと思いますか

 

 

 

そうですね、微妙ですが深焙煎の方が大きいです。(一粒ちょっとサイズの違う豆があるかな・・・)
これは同じブラジルコーヒーで銘柄も同じ、違うのは焙煎度合いだけです。

 

ということは大きさが違う原因は、焙煎によってということになりますよね。

 

なぜ焙煎度合いによってコーヒー豆の大きさが違ってくるのか、といいますと深焙煎の方が、中焙煎よりも熱にあたっている時間が長いのですね。(注:同じ条件で焙煎したとして)

 

コーヒー豆は繊維の固まりみたいなものですが、焙煎とは熱によってコーヒー豆の繊維が伸ばされるわけで、時間が長いとその分伸びる、ということになり、結果深焙煎の方が中焙煎よりも熱で繊維が伸ばされて、豆が大きくなる、ということなんです。

 

但し大きいけども、中に含まれる水分は深焙煎の方が熱により飛ばされているので、中焙煎よりも1粒あたりの重さは軽くなっています。

 

1粒を取ってみると、中焙煎の方のコーヒー豆は小さくて重い、深焙煎は大きいけど軽い、ということです。

 

同じ200gのパックで比べてみれば、深焙煎の方がかさがあるので量が入っているように見えますが、実際は同じ量なんですね、機会があれば意識して見てくださいね。

 

ドリップ時の感触が変わる

 

上の文からの続きで、深焙煎のコーヒー豆は中焙煎より繊維が伸ばされているわけなんですね。

 

ドリップしたときの感触がどう違うかというと、深焙煎の方がフワッとしてサクッとした感じがあります。
それは繊維が膨らんでいる分、粉が水を吸う量が多く、それでそんなフワッとサクッとした感じになるのですね。

 

ドリップしているとき、フワッとしていませんか?

 

中焙煎はというと深焙煎とくらべて、重い感じがしますね。
深焙煎のようなとフワッとした感じではありません。

 

比べるとドシンとした感じです。

 

これは繊維が伸ばされてない分、水はけが良いというか吸わないというか、深焙煎よりも水が溜まるような感じになるかと思います。

 

この部分はテクニックでカバーできるものではなく、中焙煎だからこうなるのです。

 

ということで、焙煎によって大きさが違う、大きさが違う事でドリップにもそうした影響がある、ということを今回はまとめてみました。

 

意識して楽しんでくださいね。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

今更ですが、水だしコーヒーポットの美味しい作り方を調べます

昨日は休日でして、家族で市民プールに行ってきました。 9時半から12時半、奥さんが体調が芳しくなか

記事を読む

アイスコーヒーは淹れて直ぐ飲むべきか、寝かすべきか

食品学でいうと、コーヒーも淹れてからできるだけ早く飲む方が良いとされています。  

記事を読む

職人として あるべき心を考えた

お盆が過ぎてから 朝がとても過ごしやすくなっている と感じているのは僕だけでしょうか? 高槻店にくる

記事を読む

焙煎度合いの異なる同銘柄のコーヒーを飲み比べると、違いがわかる

昨晩テレビを見ていました。 それはアメリカの不動産の女王が、女王まで登りつめ、そして転落していくス

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

ブラックコーヒーを飲むきっかけは何か

僕がコーヒーに興味を持ったのは、高校生の時。 チェーン店であった珈琲館でアルバイトを始めてから。

記事を読む

クリスマスケーキにあうコーヒーは何?

プロローグ 月曜日は島珈琲のお休みになりますので、一足お先にクリスマスパーティを家族でしました。

記事を読む

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。   おかげ様で、久しぶ

記事を読む

大手コーヒーメーカーと島珈琲はいったい何が違うのか

今、この問題と向き合っています。   問題というと、質問に対する答えという問題

記事を読む

コーヒーの未来はどうなる!?これからのコーヒーのこと

プロローグ 最近、お客様とこれからのコーヒーついてのお話をすることが多い僕です。 こんにちは 焙

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑