*

日本の古材で仕切りを作る

昨日は定休日、午前中は障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで月イチのミーティングでした。

 

家族でカフェBeに行き、ミーティングの間は奥さんと娘はカフェでくつろいでもらいました。
今年からキッズコーナーを作ったのですね。

 

娘はそこで、おままごとをしながら待っていてくれていました。

 

9月にカフェBeでコンサートを行うことや、キッズコーナーを作ったのでキッズランチなどについてがミーティングの議題となりました。

 

地震、大雨、猛暑、台風と続いてちょっと元気のない高槻ですが、とにかく根拠のない自信を持って、よしやるぞー!と燃えている僕です。

 

暑いから夏の間はあんまり熱くならないよう、ほどほどにしておきますね。(笑)

 

そのあとは家族で西宮の船坂にある古材問屋さんへ行ってまいりました。
古材問屋さんの社長 明木さんは高槻店をデザイン、そして施工してくださった方で、お付き合いも長く、会えばいつも何か教えてもらており、僕が尊敬している人の中の一人です。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

お店に仕切りが欲しくて見に行ってきました

 

古材問屋さんは西宮船坂にあります。
こちらがホームページです。

http://www.kozaidonya.com/

 

船坂は有馬の近所になり、標高400メートルあります。
クーラーを付けなくても適度に涼しくて、風が気持ちいい場所、まさに避暑地です。

 

明木さんと西宮北IC の近くにある、「いわしや」といううどん屋さんで、まぁここが美味しいこと。
お値段もとってもリーズナブル。

 

西宮北IC のモスバーガーの向かいにあるお店です、気になった方は是非ぜひ。

 

さてそのおうどんを皆で食べてから、明木さんの会社である古材問屋さんへ。
古民家の解体や再生なども手がけていて、地域の街づくりや文化を守ることに貢献されている明木さんの古材問屋には、古材や古道具が好きな方には、もうお宝のようなものがいっぱい。

 

そのなかから今回仕切りを作るために、建具を選びましたが、どれも味わいがあって良かったのですが、これに決めました。

 

 

 

足を作ってもらい、9月頃にはお店に置くことになりそうです。
古材ファンの方はどうそお楽しみに!僕も楽しみです。

 

伝統は20年で受け継いでいく

 

娘は見るモノ全てが新鮮で、奥さんも古材問屋さんに来たのは初めてだったので、二人でいろいろと楽しみながら過ごさせてもらいました。(遊び道具があるわけではないですからね!)

 

その間少し明木さんとお話する時間があったので、いろいろと濃いお話をお聞きしていました。

 

何処の世界でもそうですが、古材を使って作り上げる大工さんも後継者が少なくなっているというお話からはじまり、伝統というのは20年で引き継いでいかないといけない話を聞きました。

 

20年を一括りにして、それ以上の時間が経つと世代間の差ができてしまうと。

 

世代の差があきすぎると、伝わりにくくなるということでした。
なるほどと。

 

だから島さんも今持っている技術など、誰かに教えて伝えていかないと、それはやがて国力が下がることに繋がると言われて、わお明木さんスケールがでかい!と思いましたが、頭の中でかみ砕いて飲み込むと、そのお話にもなるほどと思うワケです。

 

いろいろな話を聞いて、感がさせてくれる人はほんとうに有り難いですよね。
また自分の課題をもらった気がしております。

 

誰かに会うこと、しかも尊敬する人にはやっぱり時々会って話をするべきだ、と改めて思ったことでした。
出会いに感謝、そしてそんな時間に感謝。

 

今回はそんな日記のみたいな内容になりましたね。

 

人に会うことは大事だということ、書き残したくて。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

ハムの日

 今日は8月6日 ハムの日です(?) 僕が生まれ 広島原爆記念日は34回目です ということ

記事を読む

ありがとうございました

島珈琲のコーヒーが楽しめるお店の続きを今日書こうと思っていましたが 書く暇がありませんでした! よっ

記事を読む

朝日新聞 週刊まちぶら

 ということで 本日 朝日新聞朝刊 週刊まちぶらに プロ焙煎士 島規之の これでもか! と

記事を読む

no image

うふふのふ

 シェフに褒められると とてもとてもうれしいです どれくらいかって?東京ドーム20杯分くら

記事を読む

あれから

 開店祝いに両親からもらった竿ばかり 実は昔 僕はパン屋で働いてことがあり パン屋ではこの

記事を読む

no image

ほんとに感謝です

 昨日 勝手ながら人生の先輩と思っている方から 僕のブログを見て「働きすぎているのでは」と

記事を読む

ミスドもケンタも僕が少年の頃は御馳走だった

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   風邪の具合も良好に向かい少しづつ

記事を読む

関係づくりとは

お商売をさせて頂いてかれこれ13年目に入っています 親父は公務員でした  よく「2代目?」と聞かれま

記事を読む

1日だけ!島珈琲が飲める図書館カフェ!

プロローグ 島珈琲は日曜日だけの営業の豊中にある「岡町本店」 火曜日から土曜日まで営業の高槻にあ

記事を読む

no image

1年の時間

 高槻店 おかげさまで もうすぐ1周年ですほんとうにありがとうございます高槻という土地性を

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ハンドドリップの1杯どりと、2杯どり どちらが安定するの?

昨晩は焙煎機の煙突掃除をしました。 煙突の内部にあった径のブラシを突っ

コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

→もっと見る

PAGE TOP ↑