*

知ってますか?コーヒーの苦味には2種類あることを

プロローグ

コーヒーの味わいって何?と聞かれれば、酸味と苦味が頭に浮かぶと思います。
そのコーヒーの代名詞でもある苦味について。

 

今回はこの苦味について、実は2種類あることを書いていきますね。

 

ど、どいうことだ!2種類あるだなんて!

 

まぁ聞いておくんなせぃ、って何で時代劇語になってんねん!
こんにちは、拙者 焙煎アーティスト 島規之でござる。

 

IMG_2960

 

苦味に種類があるってどいうことか

コーヒー豆を焙煎することとは、熱によって化学変化を起こすことです。
コーヒー豆が熱によって化学変化して、苦味や酸味そしてあの芳香なコーヒー香りが生まれます。

 

焙煎というの熱を使う作業です。
熱を使うとは、お魚を焼いたり、お肉を焼いたりすることと同じ事でもあります。

 

お魚を焼いているとき、ちょっと焦がしたりしませんか?
火の当たりが部分的に強かったりすると、お魚の表面が焦げたりしますよね。

 

その焦げを食べた時、どんな味がしますか?
苦いですよね。

 

そうです、焦げたら苦いですよね。
実は見た目ではほとんどわかりませんが、コーヒーも焦げるのです。
コーヒーの苦味には、焦げた苦味も存在します。

 

もう一つの苦味とは

コーヒー豆を焙煎するときに焦がさないようにします。
そうして出来上がったコーヒー豆は、苦味はありますが、それはソフトなモノで焙煎されたコーヒー豆の持つ純粋な苦味です。

 

この苦味は、後口に爽やかさを残します。
焦げた苦味は、後口にトゲのあるような味わいを残します。

 

後口にどちらも特徴がでます。
但し、訓練されていないとそれが焦げているのかどうかすら判断できないような難しいものでもあります。

 

僕でもたまに「これは焦げた苦味か否か」で迷うときがあります。
それくらい微妙なものでもありますが、焦げた苦味は後味に刺すようなピリピリ感を残します。

 

コーヒー豆の焦げた、焦げてない、の味わいについては正直プロでも知らない人もいるんじゃないかと思っています。

 

コーヒーのほんとうの良い苦味は、焦げによって作られるものではないと、僕は思っています。
ですので、島珈琲では余計な苦味が付かないように、丁寧に焙煎してコーヒー豆を焦がさないようにして焙煎しております。

 

エピローグ

特に女性は酸味・苦味においては男性よりも敏感です。
後口に不快感の残る苦味においては、焙煎に置いて焦がしてしまったか、もしくは鮮度に問題があるか、だと考えられます。

 

コーヒー豆を焦がさず焙煎するにはそれなりにテクニックが必要で、そして何をよりもそれをキャッチする鋭い味覚が必要です。

 

島珈琲はそれがちゃんと出来ています!焦がしていません!味覚もテクニックもきっと上等です!
という、今回の記事は自慢しているブログでした、わっはっはー。

 

不必要な苦味がいらない、純粋な苦味を楽しみたい方、島珈琲の通販はこちらからどうぞ。

http://www.shima-coffee.com/item/itemgenre/deep-roast/
薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの粉は冷凍保存でどれくらい持つのか?

プロローグ コーヒー豆を粉にしたものを購入しました。 保存はどうされていますか? &nbs

記事を読む

全国一律送料290円のコーヒーのセットを考えています!

プロローグ 先月9月1日より、島珈琲の通販にかかる送料の改定を行いました。 以前はまではコーヒー

記事を読む

焙煎

最近 自分のフェイスブックにブログがリンクしないぁ と思っていたら ジュゲムの更新ボタンを押すのを忘

記事を読む

ハンドドリップのちょっとしたコツ

2016年も最後のブログとなりました。 少しずつ読者さまも増えて、とても嬉しく思っています。

記事を読む

今年はコーヒー豆の当たり年?ブレンドの味わいの調整のお話

さて、金曜日は奥さんお休みで一人営業の日です、ワンオペ。   岡町本店でのお話

記事を読む

コーヒーの美味しさはこんなところでも決まるのですというお話

コーヒーの味わいはどこで決まると思いますか。 もちろん、どのパートも大事です。 &nbs

記事を読む

中煎りとか深煎り、煎りの違いって何の違い?

コーヒー豆の焙煎度合いを表す言葉が、浅煎り=浅焙煎 中煎り=中焙煎 深煎り=深焙煎 となります。

記事を読む

モカ、モカって何でいろんな種類があるの?

少し肌寒くなって来た、ここ高槻です。 いかがお過ごしでしょうか。   少し寒

記事を読む

ハワイ島で過ごしたコーヒー農園を思ふ

時に香りと一緒に記憶を呼び起こすことってありますよね。 あ、この香り あの時の香りだ、記憶の一部分

記事を読む

コーヒーの香りを引き出す技術とは!?

プロローグ 昨日 午前中は歯医者で痛い思いをし(笑)、その後 娘と公園で遊びました。公園には花がい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

コーヒーの需要と供給はどうなっていくか

最近、お客さんから以前テレビで見たんですけど、世界的なコーヒーの需要が

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑