*

深焙煎に向く豆、中焙煎に向く豆、それとも二刀流?

コーヒーの焙煎度合いは一般的に、ライト・シナモン・ミディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアンの8段階で表されます。
ライトからイタリアンに向かって焙煎度合いが進み、イタリアンローストは超深焙煎の度合いになります。

 

といっても、コーヒー焙煎に関わりないのない人にはパッとしませんよね。

 

島珈琲では、ミディアムローストもしくはハイロースト辺りを中焙煎と呼び、フルシティ辺りを深焙煎として、ラインナップで紹介しております。

 

お店によってその基準が曖昧なんですが、そこがコーヒーを難解にしている要因の一つかと思います。

 

フルシティローストは一般的には中深焙煎と呼ばれているところなんですが、島珈琲では深焙煎と称して販売しています。
曖昧でしょ。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

深焙煎に向く豆・中焙煎に向く豆

これもお店によって、焙煎する人によって言うことが違いますので、あくまでも僕の目線でお話します。

 

ブラジル・コロンビアのコーヒー豆は、どちらがいいじゃなくて、オールランドプレイヤーでどの焙煎度合いでも、ある程度力を出してくれる豆なんですね。

 

島珈琲のラインナップにはありませんが、カリブ海系のコーヒー豆、ジャマイカのブルーマウンテン、キューバ、ドミニカ、パナマなど、この周辺の国々のコーヒーは深焙煎よりも中焙煎で持っている力を発揮します。

 

気候風土なんでしょうね。
カリブ海系のコーヒー豆は深焙煎にしすると味わいの個性がでず、中焙煎で使う方が力を発揮できます。

 

逆に中焙煎では味わいの個性がまとまっていないけど、深焙煎で味わいの個性を発揮する豆もあります。

 

島珈琲の場合は、インドネシア・スマトラ島原産のマンデリンコーヒーがそれです。
中焙煎ですと味わいがきつすぎるのですね、深焙煎ではそれが穏やかになって、個性となって味わいに残る、そんな感じです。

 

このように、中焙煎・深焙煎のどっちも大丈夫の二刀流のコーヒー豆と、どちらかだけのコーヒー豆があるんですね。

 

 

 

但し、使い分けるときもあります

今回、いつも使っているコロンビアがショート(在庫切れ)し、代替品として2つのコロンビアを商社さんが用意してくれました。

 

一つは前と同じ地区、一つは別の地区のモノ。

 

僕の場合、コロンビアでは中焙煎のコロンビアコーヒーには果実感を求めています。
あまく柑橘系のような感じで。

 

コロンビアの深焙煎には甘みとコクを求めています。

で、前に使っていた地区の違うものを取り寄せて、中焙煎・深焙煎を試したところ、中焙煎ではむむむな感じだったのですが、深焙煎ではすごく個性を出してくれたのですね。

 

結果、深焙煎用のコロンビアと中焙煎用のコロンビアと珍しく、コロンビアを2種類の銘柄を仕入れて使いわけることになりました。

 

いつも1つの銘柄を、中焙煎・深焙煎に使っていたんですね。

 

こうして、焙煎度合いによってもコーヒー豆を使い分けることもあります。
焙煎度合いでいろいろな味わいを発揮するコーヒー。

 

知れば知るほど奥が深いでしょ。
だから、とりこになっちゃんですね、コーヒー焙煎に。

 

そんなこんな、焙煎度合いのお話でした。
それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーのプロですが、家ではコーヒーメーカーで淹れて飲んでいます

朝型か夜型か、と問われると朝型人間です。 徹夜とかもうできません。   したがってコーヒー

記事を読む

焙煎アーティストだって焙煎を失敗する時はある

プロローグ 島珈琲を開業したのが2002年ですので、14年が経ち15年目に入っています。 &

記事を読む

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみるものの当直の先生はおられず、と

記事を読む

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。 年中さんで、今日から幼稚園がスタート。  

記事を読む

目指すのは、甘いコーヒー

昨日は祝日ですが、月曜日なのできっちりとお休みを頂きまして、心身ともに回復してまいりました。 &nb

記事を読む

中煎りの魅力 深煎りの魅力

本日は僕自身の定休日。 朝、娘が学校へ行くのをお見送りし、その後パソコンに向かい、このブログを書いて

記事を読む

コーヒーにも位があるの?コーヒーの格付けのあれこれ

今日は日曜日。 日曜日は日曜日だけが営業の岡町本店へ。   週1日の営業なの

記事を読む

一歩そしてまた一歩

 少しずつ進化しております 完成までの旅は まだまだつづく

記事を読む

視点を変えればリーズナブル!コーヒー豆100gって何杯分?

プロローグ ご存じの方も、ご存じでない方もコーヒー豆100gって、さて何杯分でしょうか?

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
中煎り派、深煎り派 どっちが多い?

島珈琲では中煎りを中焙煎、深煎りを深焙煎と呼び、ラインナップに並べてい

人は失くさないと、それが当たり前ではないと気づかないもの

そうでしたか、あれからもう25年もの月日が。   阪神淡路大

変化

前号のブログ「コンビニコーヒーを飲み比べて感じること」が、沢山の方の目

コンビニコーヒーを飲み比べて感じること

先日のお休みに、コンビニコーヒーを買いに行ってきました。 ローソンが新

1杯分ドリップするより2杯分ドリップする方が味わいは安定する?

さて、今日はブログを書き始める時間が遅くなりました。 僕の1日の流れ、

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑