*

美味しさはメンテナンスによって保持される

公開日: : 焙煎アーティスト

島珈琲高槻店の焙煎機は、高スペックなのです。
まずはですね、バーナー、炎、熱ですね、この力がすごいのです。

 

例えば、中華料理屋さんの料理。
火がちゃんと通っていて、素材がシャキッとしていますよね。
特に野菜炒めなんかでは。

 

それは調理する火力が、家庭用のものとは段違いに強いから。
コーヒー焙煎にもこれが言えて、火力が強いと、香りや味わいの個性をグッと引き出すことがきます。

 

ただし、できますが、焦がしやすく余計な苦みをだす恐れもあるので、非常に繊細なコントロールが必要となるわけです。

 

それをうまくコントロールして、コーヒーの味わい、そして香りを際立させているのが、僕です、なんか自慢だね。笑
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

その能力が生かされるのも定期的なメンテンナスがあるからこそ

 

僕の中で、焙煎技術の中で一番重要な位置にあるのは、焙煎機を定期的にメンテナンスすること、です。

 

これが抜け落ちていたら、持続した「美味しい」はないと思ってます。
ですので、年に3回は焙煎機を分解しバラし、内部を綺麗にします。

 

コーヒー豆を焙煎するときに煙がでるのですが、その煙に脂分が含まれていて、それが煙突に抜ける焙煎機内部の通り道にこびりつき、だんだんと煙の抜けが悪くなります。

 

悪くなると、味わいや香りに影響を与えるのですね。
特に高槻店にある焙煎機は、パワーが強いこともあって、そうした影響が繊細に表れるわけなのです。

 

来月には、また分解して内部の細部まで掃除をします。
こうしたことも、コーヒーの味わいを左右する大事なことなのですね。

 

人間も一緒

 

いつも全力で走れる、わけではありませんよね。
だけど、無理している人もあるかと思います。

 

僕もどちらかというと、そういうタイプですが、現在は休む時はわりと力を抜いて休んでいます。

 

身体も定期的に休ませて、メンテンナスすることも必要。
そのメンテナンスが、人によっては読書だったり、昼寝だったり、いろいろですが、時々ね、自分の身体をいたわることも大切なこと。

 

とまぁ、自分にも言い聞かせて。

 

メリハリをつけて、ですね。
今週は特別仕事が積もってはおりませんので、肩の力を抜いてボチボチとやっております。

 

疲れたらコーヒーブレイクしてくださいね。
それもメンテンナスですからね。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

暑い時に欲しくなる、あまーいコーヒーのレシピ教えちゃう

プロローグ 実は僕、昔バーテンダーになりたいと夢見た時期がありました。シェーカーを振りグラスに注ぐ

記事を読む

もっとはやく気づいていれば・・・

プロローグ 僕がコーヒーのことをブログの記事として書くわけは、僕がコーヒーことが大好きなことと、ま

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

まとめて買うのがよいか こまめに買うのがよいのか どっちだ?

プロローグ 「これからのビジネススタイルは好きなこと(もの)と好きなこと(もの)を足してあなただけ

記事を読む

TANPANCOFFEEを美味しく飲むためのコツ

あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPANCOFFEEが全国の皆さんの手に続

記事を読む

あの高級コーヒーTANPANCOFFEEが再び あなたの手に

  原価上がってもかまわないから! あの高級コーヒーを作るとき、今まで聞いたことな

記事を読む

なぜ僕がカフェじゃなくて、コーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 岡町本店は2002年3月29日にオープンしました。 カフェを開業しようと思えば、設備

記事を読む

ビジネスに愛は必要か

ブログを始めようと思ったきっかけは、コラムを読むことが好きだったから。   コ

記事を読む

ドリップコーヒーをティファールで美味しくいれること考えた vol.1

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今回はティファールでドリップコー

記事を読む

大切なのはパートナーシップ

本日は定休日ですが、午前中は焙煎機のメンテナンスを。 この3ヶ月間随分沢山の焙煎をしたので、今日はし

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ブログとビオフェルミン

お客さんとビオフェルミンの話で盛り上がったのです。 昨日、日曜日は日曜

どうして島珈琲という屋号にしたか

ここ2,3日、娘が僕の布団を奪います。 実際には、奪われそうになる、で

やっぱり「おもい」が大切

ふと焙煎をしながら「思い」って大事だよなぁって頭に浮かび、そして考えた

過ぎたるは猶及ばざるが如し なのであります

今年の夏はまだ終わってませんが、暑かったですよねーと、お店でお客さんと

9月は閑散期 なので考える

お商売では昔から「にっぱち」と呼ばれる言葉がありまして、2月と8月は閑

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑