*

道具はステップアップするといいよ というお話

公開日: : ドリップコーヒー

先日から書こう、書こうと思っていることが書けません。
それは先月、お邪魔した「セレクトショップ&カフェ テマヒマ」さんの記事。

 

とっても美味しいランチ。
カミさんと「美味しい美味しい」と連呼して頂きました。

 

食後やカフェのコーヒーは、島珈琲が特別にブレンドしたテマヒマさんオリジナルコーヒー。
島珈琲のお客さんなので、はやくお店のお知らせをしたいと思いつつ、実はお店のご紹介のブログは、作成するのにめっちゃ時間がかかるのですね。

 

だって、いつもより更にもっと丁寧にお伝えしたいじゃないですか。
年末年始バタバタでという言い訳でのびのび。(すみません)
ダメじゃないですか。

 

細部をうまく思い出せないので、またもう一度行き、ランチを頂いてからレポートしたいと思います。
やっぱり鉄は熱いうちに打たなあかんね。

 

ランチがめっちゃ美味しい、テマヒマさんのホームページはこちらです。

 

https://www.temahimaselect.jp/

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

道具はステップアップすると良いかなと

 

先ほど、お客さんから相談がありました。
道具について。

 

これから、ドリップを本格的にしようと思っているので、道具をそろえようと思ってます、と。
それで僕のアドバイスは、最初から良いものを使うのもありだけど、ステップアップする方がいいんじゃないかなぁとお伝えしました。

 

ドリップポットでこのお話をしていたのですが、ホームセンターやニトリでも割とリーズナブルな価格で販売されています。

 

上写真、僕が使っているこの銅ポットですと1万円くらいだったはず。
最初からこのポットを使っても問題はないのですが、最初はリーズナブルな価格ものからスタートでもいいと思うのです。

 

なぜか。

 

僕の経験から

 

ステップアップした方が視野が広がると思うのです。

 

というのも、なぜいいのか、どう使いやすいのか、なぜ高いのか、という理由が、道具をランクアップさせたときによくわかるからなんです。

 

例え話で、先ほどそのお客さんにお伝えしたことなのですが、極端ですが10年落ちの軽自動車に乗ってから、クラウンに乗ると、なぜクラウンがクラウンなのかがよくわかると思うのです。

 

エンジン音が静かだとか、タイヤからの振動が少ないとか。

 

なるほど、だから良いのか、とわかった上で使う方が、嬉しさも倍増すると思うのですね。

 

視野が広がると、嬉しさも大きくなる、しあわせ感が違う。
必ずしもそうとはならないかもしれませんが、僕はそう思ってます。

 

ということで、出来ることなら、まず道具はリーズナブルな価格のものから始めて、それからランクアップしていくと良いですよーというお話でした。

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

ハンドドリップは昔と今で変化してきたのか

日曜日は、日曜日だけが営業日の岡町本店の店頭に立つ僕です。   と言っても、高

記事を読む

お客様にとんでもないドリップの秘密兵器を教えてもらいました!

ブログネタどうしようかなぁーと、悩んでいたタイミングにお客様が御来店。 コーヒー豆を渡した時に、お

記事を読む

使うペーパーフィルターで味わいは変化するの?

物事を考える時に、自分というフィルターを通すわけです。 何かしようとした時に、今まで経験したことや、

記事を読む

コーヒーの抽出器具の手入れ洗い方はこうすると良い

プロローグ 昨日、朝日新聞の朝刊の大阪地域版に島珈琲を紹介した記事が載りました。  

記事を読む

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。   スパーリングも

記事を読む

薫るアイスコーヒーを作ろう!

プロローグ アイスコーヒーが薫るというと、「ん?」ってなりますよね。 コーヒーの香りはどちらかと

記事を読む

ハンドドリップにおける「蒸らし」にはどんな役目があるのか

昨晩は、パワーポイントで資料を作成していました。 慣れない手つきで、本を見ながら、そうかそうしたら

記事を読む

1杯ドリップするより、複数杯一度にドリップする方が濃い味わいになるのはなぜ?

成長する娘 コーヒーの仕事にちょっと興味を持つ? 昨晩は娘が昆虫の本を一緒に読もう、というので、布

記事を読む

ハンドドリップはルーティン化すると上手くなる

明日は娘の小学校入学式。 保育園の時、幼稚園の時、あっというまだなぁ。   たった数年のこ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
限定ドリンク出来ました!今季はアイスオレンジティー

今回はカフェBeのことについて。 高槻店にこのメニューはありませんから

なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

→もっと見る

PAGE TOP ↑