*

僕のハンドドリップは特別な方法ではない

公開日: : ドリップコーヒー

昨晩は家族会議。
年1回、恒例の家族旅行のことでなんですが、夏休みのホテルの先行予約が4月にあるのですね。

 

ですので、今のうちに行きたいところを決めたいのですが、3月に小学校が休校になったので、夏休みの期間が短くなるのでは、と噂を聞いておりまして、そうだと旅行の日程まだ立てられないね、ということになりました。

 

小学校の夏休みの予定が分かれば、島珈琲高槻店の臨時休業をどこにするかを考えて、そして皆さまにもお知らせしたいと考えております。

 

今年は伊勢志摩か、毎年行っている南紀白浜か、2択まで絞りられました。
来年は家族で長崎九州旅行したいなぁ。

 

はい、ということで、お父ちゃんしっかり働きますね。笑
さて、今回はハンドドリップのお話を。

 

 

僕のハンドドリップは特別な方法ではない

 

ビコーズ、なぜなら、島珈琲はコーヒー豆屋だからです。
高槻店でのハンドドリップは特別な方法で淹れることはしていません。

 

家庭でも簡単に真似できて、そして美味しく飲んで頂くために、僕のやり方が見本になる必要があるからです。

 

だから出来る限り、基本に忠実に、そして難しいテクニックを用いることはしておりません。
一つ言うならば、たぶん人よりもドリップするスピードは速い、くらいです。
僕はトータルで(蒸らしを入れて)2分前後で終了してしまいます。

 

もしよろしければこちらのYouTubeに淹れ方の動画を作ってますので、参考にしてもらえばと思います。(この動画、だいぶ前に作成したので言っていることが今とちょっと違うこともあるかもしれません、あしからず)

 

 

ご家庭で楽しく飲んでもらうことが僕の仕事

 

僕自身は家では、ハンドドリップはしてません。
家ではコーヒーメーカーで淹れて(正確にはカミさんがいつも淹れてくれています感謝)飲んでいます。

家でコーヒーメーカーで飲む方は、どんな感じかなぁというのを同じように体験しようとそうしてます。

 

島珈琲は、ご家庭で飲まれるコーヒー豆を販売することがメインです。

ですので、ご家庭で楽しむために、を優先して考えております。

 

ドリップもできるだけ簡単にして、真似しやすいようにと、このスタイルでやっております。
ドリップの淹れ方には賛否両論いろいろありすぎますが、僕の考えはここに書いた通りです。

 

でもまず一番大事なことは、コーヒー豆を選ぶところ。
鮮度管理、味わいなどなどお店によって考え方は様々です。

 

ドリップはそれを引き出すためのもので、すべてのものを美味しくする魔法ではありません。
コーヒー豆の鮮度が悪ければ、悪い味わいが出ないようにする、ということはドリップのテクニックではカバーできません。

 

どんなテクニックがすごくても、豆の状態が良くなければ、テクニックが生きません。

 

まずは豆選び、その次にドリップのテクニックになります。

 

ということで、基本、僕は難しいことは言いませんしやってませんので、良ければ動画を参考にして、コーヒーライフをより楽しいものにしてくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

何が違う?円すいドリッパーの持ち味とは

ペーパードリップのドリッパーのカタチも様々ですよね。   ほんとうにいろんな種

記事を読む

ハンドドリップをするときに上手にできる立ち位置を考えた

あなたは右利きですか、左利きですか? 僕は右利きなんですが、たぶん左利きだと思うのです。 &

記事を読む

コーヒーは一杯、何cc なの?

プロローグ 僕は朝、早めにお店に来て焙煎をします。 早ければ6時くらいからスタートすることもあり

記事を読む

白色のコーヒーペーパーフィルターと色つきの違いは何?

プロローグ コーヒーペーパーフィルターの白色と色つきの違いは何か? 色つきはそのほとんどが茶色だ

記事を読む

ハンドドリップで3つの気をつけたいこと

プロローグ 今年は、来年の本の出版のために原稿つくりに取り組みました。 今、3章に入った所ですが

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

コーヒーのプロは1日何杯のコーヒーを飲んでいるのか

栄光に向かって走る あの列車に乗って行こう はだしのままで飛び出して あの列車に乗って行こう &nb

記事を読む

ドリップポットは軽いタイプが良い

今晩から数日にかけて、高槻店の焙煎機内部の掃除をします。 メンテナンスですね。  

記事を読む

ちょっとやってみて!ドリップコーヒーの為の小技集

プロローグ 私事ですが、今月自宅の引越をすることになりました。   奥様の夢

記事を読む

ドリップするお湯の温度は何℃が美味しいの?

プロローグ どうして、いつもいつもブログのネタがあるのか。 僕自身も時々不思議に思いますが(笑)

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑