*

何歳まで焙煎していられるだろうか

公開日: : 焙煎アーティスト

どうしたん?なんかあったん?
いえいえ、特に何かあったわけではないんです。

 

今朝ね、ヤフーニュースを読んでいてコロナにおける営業自粛に対する記事を読んでいたんのです。
その記事に、そば屋経営者(73)と書かれていて、73歳でも店頭に立って仕事しているんだ、ってちょっと嬉しくなったんです。

 

そこから、自分だったら何歳までこうして大好きな焙煎をしていられるだろうか、と不意にそんな疑問が襲ってきたのです。
今年46歳ですわ。
あと45歳でいられるのもあと3ヶ月。

 

30年後の自分、ちょっと想像できないけども、ずっとコーヒー焙煎職人として限界までやっていたいなぁと。

 

 

そのために今をどう歩いていくか

 

今から5年後だってどうなっているかわからない、そんなご時世。

だって3年前にまさか今、こんな状況になるとは誰一人として予想できなかったはず。

 

なので、あまりに事細かく、3年後には、5年後にはなんて未来予想図を敷いていくわけにはいかないのですが、70歳までもしくは限界まで、コーヒー焙煎職人としているために今から何をしておくか、と考えることは大事だなぁと、それは今までも常々思ってきたことでした。

 

焙煎職人であるためには、お店を続けて行くこと、健康であること、などなど取り上げたらキリがありません。
ただ変化を恐れずに。
それから、若い文化にも目を向けること。

 

僕自身これから歳を重ねて、そして娘が大人になっていけば、娘の言う言葉や情報にもきちんと耳を傾けることできるようにすること。
かなぁ。

 

今のところ、次にどういう路線を敷いていくかはまだ決めておらず、現在高槻店のテイクアウトコーヒーの動きを見ながら、今後の策を練っていこうなんて思っている次第です。

 

一生現場

 

一生、現場で仕事していたいですね、身体がもう思うように動かんと引退を決意する時まで。
どんな形でも現場で、職人と言われる仕事をしていたいです。

 

45歳になって身体にもいろいろと、人生が染み出てきております。
老眼で小さい字が見えにくくなったとか、疲れが取れにくいだの、睡眠が思うようにとれないなどなど。

 

でも、周りを見渡せば70歳になっても現役バリバリで働いている自営業の社長さんも沢山おられ、目指すところはそこだなと思い、そうした方々とお話をすると僕もやるぞー!と奮い立たせられるわけなのです。

 

ということで、まずは僕も健康に気を配りますので、皆さんもどうぞ健康な毎日を過ごせるようにお身体に気を付けてください。

 

一生、コーヒー焙煎職人でいられるよう、頑張ります!
それでは、良い週末を。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

四季折々で味わいの調整を

前号のブログでは、四季折々で味覚の感じ方に少し変化があることを書きました。 では、焙煎ではそれに応じ

記事を読む

焙煎したコーヒー豆を手選別(ハンドピック)する理由

プロローグ ご存じですか、コーヒー豆を焙煎している間は、職人さんは何をしているのか? 他の方は知

記事を読む

1+1=2以上になる 経営とか結婚とかブレンドとか 相乗効果の話

プロローグ 島珈琲を立ち上げた当初は一人で経営をしていました 一人で長く経営していると一人の力は所

記事を読む

「間違いない」と思う飲食店の共通点

昨日はお休み。 家族で門戸厄神さんへ。   高校を卒業して、働いたのが中国料理店。 この門

記事を読む

よい習慣は人生を豊かにする

お正月2日目です。 本日も10時開店 17時閉店 16時半オーダーストップで高槻店は営業しております

記事を読む

微差の操作で変わる味わい

昨日は、久々の島珈琲社会貢献部の活動でした。 とまぁ、かっこよく言ったものの、餃子の王将で飲み食いし

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

香る!ドリップでアイスコーヒーを美味しくする「ちょっとしたコツ」

プロローグ 今日はバタバタしていまして、いつものようなしっかりとしたブログを書けそうにないのですが

記事を読む

週1回の営業で宣伝もせずお客さんが増える理由

島珈琲の開業は2002年3月29日。 スタートは岡町本店からでした。   開

記事を読む

焙煎アーティストレター

毎月 ニュースレターを発行していて来月11月VOL4がおかげさまで発行となりますだいたい月の真ん中あ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
島珈琲のコーヒー豆はなぜ香りがいいのか

この時期のマスクはつらいですよね。 1日が終わり、なんでこんなに疲れて

なんでコーヒー豆から脂が出るのか

最近は高槻店に通勤するのに、バイクと自転車と併用しています。 自転車の

コーヒーのプロの僕が買ったコーヒーメーカー

高槻店へは、だいたい朝6時半から7時過ぎくらいに来ています。 来てすぐ

まだ間に合う父の日ギフトの発送!

昨日はお休みでした。 午前中は高槻・原地区にある八阪神社と神峯山寺へ、

自信を持って胸をはる。それが安心に

本日、月曜日は僕自身のお休みです。 高槻店は日曜日・月曜日が定休日、岡

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑