*

何歳まで焙煎していられるだろうか

公開日: : 焙煎アーティスト

どうしたん?なんかあったん?
いえいえ、特に何かあったわけではないんです。

 

今朝ね、ヤフーニュースを読んでいてコロナにおける営業自粛に対する記事を読んでいたんのです。
その記事に、そば屋経営者(73)と書かれていて、73歳でも店頭に立って仕事しているんだ、ってちょっと嬉しくなったんです。

 

そこから、自分だったら何歳までこうして大好きな焙煎をしていられるだろうか、と不意にそんな疑問が襲ってきたのです。
今年46歳ですわ。
あと45歳でいられるのもあと3ヶ月。

 

30年後の自分、ちょっと想像できないけども、ずっとコーヒー焙煎職人として限界までやっていたいなぁと。

 

 

そのために今をどう歩いていくか

 

今から5年後だってどうなっているかわからない、そんなご時世。

だって3年前にまさか今、こんな状況になるとは誰一人として予想できなかったはず。

 

なので、あまりに事細かく、3年後には、5年後にはなんて未来予想図を敷いていくわけにはいかないのですが、70歳までもしくは限界まで、コーヒー焙煎職人としているために今から何をしておくか、と考えることは大事だなぁと、それは今までも常々思ってきたことでした。

 

焙煎職人であるためには、お店を続けて行くこと、健康であること、などなど取り上げたらキリがありません。
ただ変化を恐れずに。
それから、若い文化にも目を向けること。

 

僕自身これから歳を重ねて、そして娘が大人になっていけば、娘の言う言葉や情報にもきちんと耳を傾けることできるようにすること。
かなぁ。

 

今のところ、次にどういう路線を敷いていくかはまだ決めておらず、現在高槻店のテイクアウトコーヒーの動きを見ながら、今後の策を練っていこうなんて思っている次第です。

 

一生現場

 

一生、現場で仕事していたいですね、身体がもう思うように動かんと引退を決意する時まで。
どんな形でも現場で、職人と言われる仕事をしていたいです。

 

45歳になって身体にもいろいろと、人生が染み出てきております。
老眼で小さい字が見えにくくなったとか、疲れが取れにくいだの、睡眠が思うようにとれないなどなど。

 

でも、周りを見渡せば70歳になっても現役バリバリで働いている自営業の社長さんも沢山おられ、目指すところはそこだなと思い、そうした方々とお話をすると僕もやるぞー!と奮い立たせられるわけなのです。

 

ということで、まずは僕も健康に気を配りますので、皆さんもどうぞ健康な毎日を過ごせるようにお身体に気を付けてください。

 

一生、コーヒー焙煎職人でいられるよう、頑張ります!
それでは、良い週末を。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

自分の美学を追究する それが人生

昨晩、家族でドラえもんの歌の話になり、昔のドラえもんの歌ってこんなんやってんでー、と娘にYouTub

記事を読む

なぜ僕が「ありがとうございました」と言わないのか

今日は2歳の娘の保育園デビューの日です 笑 周りに子供が少ないので 子供同士の交わりが 少なく 

記事を読む

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました 「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしてい

記事を読む

島珈琲のすっきしりした味わいができるのは焙煎機が違うから

僕がコーヒー屋さんをしようと思ったのは、やっぱりですね、焙煎という作業が面白いから、そして好きだから

記事を読む

ペーパーフィルターの良し悪しの見分け方

プロローグ 2月は日数が少ないので カレンダーを見るとなんだか焦ってしまうのは僕だけでしょうか?

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

オリジナルブレンドのカスタムオーダーもお受けしてます!

プロローグ 昨日、お客様から相談というか、雑談というのかわかりませんが、こういうお話をしていました

記事を読む

マグカップでコーヒーを楽しもう

プロローグ 日曜日はコーヒー豆の量り売り(すぐ粉にします!)のみのお店 そして日曜日だけ営業のお店

記事を読む

コーヒーの香りを引き出す技術とは!?

プロローグ 昨日 午前中は歯医者で痛い思いをし(笑)、その後 娘と公園で遊びました。公園には花がい

記事を読む

明けない夜はない 考え続ければヒントが閃くはず

岡町本店は次の三月、2022年の3月29日で開業20周年を迎えることになります。 ここまで続けてこれ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の

為替の行方

お店の掃除を終え、レジ締めなど一通りの閉店作業が済んだら、バイクで帰路

小学生からの友

6月でこの暑さは有り得ないですよね。 近畿でもまさかの梅雨明け宣言が昨

帰ってきたグラインダー

今朝、税理士さんが振込用紙を持ってきてくださいました。 そうです、決算

作る人に熱い思いがある

昨晩、岡町本店の業務終了後、ニューマシンを設置してきました。 とにかく

→もっと見る

PAGE TOP ↑