*

自家焙煎コーヒーとは、なんぞや

プロローグ

自家焙煎とは何か。
僕のお店も屋号には、自家焙煎がついており 自家焙煎 島珈琲 となっております。

 

自家焙煎とは、コーヒーロースターという呼び名もだいたい同じ意味になりますが、そのお店でコーヒーを焙煎しているお店のことを表す言葉になります。

 

それでは、もう少し詳しくお話を進めていきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

IMG_2467

 

自家焙煎、身近なことで例えると

街のパン屋さんを想像して下さい。
粉を計量し、成形、発酵、焼成とお店で全行程をし、パンが焼き上がるとお店に並びますよね。
平たく言うと自家焙煎コーヒー屋は、街のパン屋さんと同じような感じになります。

 

ある1カ所の工場で製造されたパンを配送車が各店舗を運ぶ、これは大手さんが行うシステムです。
こうしたシステムがあるからこそ、大手さんは安価な商品ができるわけですね。

 

コーヒー豆も工場で一括して焙煎し、各店舗に配送する、大手・中企業は基本こうしたシステムです。

 

ですので、大手と自家焙煎コーヒー店の違いは、分業にしているか、一から一括でその場所で製造から販売されているか、大きくそんな違いと思って下さい。

 

但し、島珈琲の委託でお受けしているカフェBeでは、自家焙煎コーヒーを看板にしていますが、自家焙煎コーヒー豆をカフェBeに持っていっている、という例もあるので、一概にそのお店で焙煎しているとは当てはまらないので、ちょっとややこしい場合もあります。

 

でも自家焙煎コーヒーとは概ね上に書いてあることと取ってくださいね。

 

自家焙煎コーヒー店の良いところ

鮮度管理ができている。
優しさや、愛情がいっぱい詰まっている。
コーヒーが大好きな人が焙煎している。

 

どんな美味しいコーヒーを焙煎してつくろうか、頭のなかはそればっかりな人が焙煎している。
焙煎している人の頭の中はコーヒー事でいっぱいである。
このコーヒーをどうやったら笑顔で飲んでもらえるかを、いつも考えて焙煎している。

 

コーヒーが好きすぎて、良い意味で病的な人が焙煎をしている。
お客様の「美味しいね」「良い香りだね」を生き甲斐にして焙煎している。

 

全部、僕自身の事を書いたので、自家焙煎のお店が全てこれに当てはまるかどうかはわかりません、島珈琲はこんな感じで愛情込めて自家焙煎しています。

 

自家焙煎コーヒーの良いところは愛が溢れている、ということですね。(島珈琲の場合)

 

エピローグ

自家焙煎コーヒー店の違い、などと題うって、実は僕がこんな気持ちで焙煎してます!アピールになりましたが、島珈琲の自家焙煎コーヒーには愛が溢れているのです、くどいですね(笑)

 

原料選びから、焙煎、袋詰め、抽出など1から10まで自分の目で確認し、お客様の笑顔を想像しながら、それを行う、これが自家焙煎コーヒー店です。

 

明日も愛情込めて焙煎します!

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手伝って欲しいとご依頼を受けたの

記事を読む

岡町本店のおすすめコーヒー豆は?

高槻店にはバックヤードがあって、そこは物置。 一昨日からそのバックヤードで、今までにない異臭がするん

記事を読む

家でコーヒーを楽しむとき、ミルクは何を使うべきか?

プロローグ 昨日、奥さんが用意したアイスコーヒーが美味しかったー。こんにちは 焙煎アーティスト島規

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

島珈琲のブレンド味わいの説明一覧です

今の若い人はいいなぁ、と思ったのです。 というのも最近、スマホで動画を見るのですが、何を観てるって、

記事を読む

初物の変化

本日は日曜日だけが営業日のお店、豊中市にある岡町本店に来まして先ほど焙煎を終了、定刻の10時よりオー

記事を読む

どうしてコーヒーは粉にすると香りが弱くなっていくのか

週1本はコーヒーのことを書くとお約束しまして の3週目になります 今まではあまりコーヒーのことは書か

記事を読む

夏の煙突掃除 (4671) 

今週は焙煎機メンテナンスウィークです。 昨晩は、いつも総仕上げの手前にする作業、煙突掃除をしました。

記事を読む

島珈琲のコスタリカはタラス産のコーヒー豆です

月曜日に一回目のワクチン接種をしまして、皆さんと同じ様に左腕が痛くなりました。   月曜日

記事を読む

お店によってコーヒーの味わいの違いがあるのは、焙煎機のせいでもあるのです

プロローグ コーヒーの味わいが違うのは、コーヒー豆の違いでブラジルとかコロンビアとかもありますが、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
割れ豆、多し (4990)

カフェインゼロコーヒー、巷ではカフェインレスやデカフェと呼ばれているコ

七難八苦 (4989)

ブログの号数が4989だったので、あら四苦八苦やなぁと思ったんです。

急冷にはキレがある (4988)

アイスコーヒーの本格的なシーズンインに。   アイスコーヒー

水出しコーヒーでNGなこと (4987)

昨日の晩は、ホットプレートで餃子大会でした。   先日購入し

味見のテストはペーパードリップです (4986)

今日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共に定休日で僕のお休みです。 &

→もっと見る

PAGE TOP ↑