*

コーヒーだってサクッサクッの方がいい

先日 お客様からあることで喜んで頂きました

「家でコーヒー豆を手挽きのミルで粉にしています いろんなコーヒー豆を試してきたけど 島珈琲さんのコーヒー豆が一番軽く挽けるんです 他のはほんとにガリッガリッなんですけど 島珈琲さんのコーヒー豆はサクッサクッと挽けるんです!」(笑顔)

 

いやぁ嬉しいっす!ありがとうございます!

 

その後に「どうしてですか?」と聞かれました

どうしてか?
焙煎豆もいわば焼き物です ですからいかにうまく火を通し 味をだすか というところなんですね
アマチュア時代も含めコーヒー焙煎歴20年なんですが 実ははっきりと理屈では言えません

なぜかというと その都度その都度 悩み考え 取捨選択してきたものをつなげてつなげて今に至るので こうだからこうなる とで一言でまとめるには難しいですね 職人の技を説明する難しさでしょうか

 

ただなんとなくイメージで伝えるならこうなります

コーヒーの豆は繊維の固まりです 台所にある食器洗いのスポンジありますよね
スポンジって気泡がありますがこれをコーヒー豆に置き換えてイメージしてください
コーヒー焙煎とは炎の力によって気泡の部分を大きくしながら 繊維を伸ばす作業なんでだと思ってます(繊維は顕微鏡などでしか見られないレベルのものです)

 

その繊維を伸ばすのもゆっくりすぎても早すぎてもダメなんですね 繊維がもろくなってしまうのに気をつけ
繊維を良い状態になる適度な力をかけ 適度な時間で焙煎を終わらせると サクッサクッしたコーヒー豆ができて手挽きミルでも楽ちん 快感な挽きごたえを味わえる ということです

 

この島珈琲の豆で味わえる 手挽きミルのハンドルを回すときの あの軽やかさ是非味わって頂きたいです

 

今日はなんだか自慢話なってしまいすみません!

ただ手挽きミルを回す感覚が軽いだけが取り柄ではありません
そうしてコーヒー豆の繊維をキレイに丈夫に焙煎で伸ばすことにより 香りの質を上げ 味の質を上げ コーヒーのもちも良くすることになりますので ずっと研究してきたことなんですね

 

正直見た目でそれを判断することはできませんが 手挽きミルをお持ちの方は一度比べて頂いたらここに書いていることが分かって頂けると思います

それは島珈琲の20年の歴史が産んだ味わいと軽やかさ なんちって

 

今回は「なんで島珈琲のコーヒー豆は手挽きミルで軽やかに挽けるのか」の解説でした!

 

今日も心にのほほんを

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。   コーヒー豆を購入しに来

記事を読む

研ぐ

 いつも思う事は コーヒーの味覚だけを研磨するのでなく 美味しいといわれる料理店の料理やお

記事を読む

コーヒーとタバコはなぜあうのか?を考えた

実は僕が昔、タバコを吸っていた、ということを知っている人はそう多くないと思います。  

記事を読む

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今この部分が「序」になるわけです

記事を読む

切っても切れない、コーヒーと水の関係

ブログをほぼ毎日書いております、ってどうしたの急に。   書き方としては、序破

記事を読む

目先の利益を取るのか?永続的なパイプラインを取るのか?

目を閉じて吐息を聞いてみる 楽しかったとき 悲しかったとき うれしかった時 思い悩んでいた時 そ

記事を読む

コーヒー豆って腐ったりするの?

今日は起床時間に起きようとしたのですが、連休前からの疲れがでてきたのかして、もうちょっと寝ようと決め

記事を読む

業務用卸

 島珈琲は家庭用のコーヒー豆のはかり売り 挽き売りだけでなく ショップで使われるコーヒーも

記事を読む

焼きました!

 無添加コーヒーシロップ用(カフェオレベース)38キロの焙煎豆です ただでさえ4坪と狭

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
値打ちを再度かみしめて頂く情報を

おかげ様で島珈琲高槻店は、この11月21日でまる6周年となります。

島珈琲の先を見る

今年の高槻は6月に地震があってから、大雨、猛暑、台風と自然災害の多い年

コーヒーにもある発酵した味わい

発酵したものといえば、味噌とかお漬け物、納豆それから醤油もそうだし、お

コーヒーの苦味について考える

子供の時に苦いモノ、ビールだとかコーヒーだとか、何でこんなに苦いものを

コーヒーの酸味について考える

酸味と聞いて何が思い浮かびますか?コーヒー以外に。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑